人気ブログランキング |

ケン坊の播但線通信 平成三十一年

c561609521.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:播但線( 608 )


2019年 04月 18日

No.13 「天気好転!桜(はな)盛り播但線」 4月17日号

17日は休み、天気予報が12日と同じないようだったので、どうせ曇るんだったら明ける前に始発だけ撮って帰ろうか・・・と、軽い気持ちで撮影に出かけました。

d0144549_20055821.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
220D 2019年4月17日(水) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:長谷駅

午前5時半ごろに長谷に到着。
空は真っ白でしたが、ところどころに青く見える箇所が。
どうせまた曇るんやろ・・・と(笑)。
長谷駅から第二市川橋りょうへ続く築堤の桜、結構花びらが落ちていました。
220Dの寺前方先頭、竹田城跡号車両が入っていそうだったので、桜の花をメインに、橋りょうを渡ってくるシーンを狙ってみました。
やって来た220D、予想通り先頭には竹田城跡号車両の姿がありました。
白と青が貴重の車体なので目立ちにくいですが、後ろに朱色の一般車を併結していますし、前照灯を点灯しているので存在がはっきりわかります。

d0144549_20124344.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
223D 2019年4月17日(水) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:長谷駅

折角竹田城跡号車両が入っているのだから、もっと桜と絡めて撮影できないかとあちこち移動していると、東の空が青くなり、西の山に朝日が射し始めました。
時折陰るものの日が射す時間の方が長くなってきました。
やがて220Dの折り返し、223D通過時刻。
見事に朝日が射してくれました。
桜は、日を受けた部分と陰った部分とがはっきりしていますね。

d0144549_20182540.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
225D 2019年4月17日(水) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:長谷駅

222D通過時は陰って暗くなりましたが、空はまだ白っぽいですが日が射してきたので、市川の河原に降りて、同じ桜を狙いました。
225D通過時も綺麗に日が射しました。
橋りょうのこちら側にケーブルがあり、車体に影が出るのですが、あまり目立たずにすみました。

d0144549_20235354.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
226D 2019年4月17日(水) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

思いのほか明るくなってきたので、当初予定を変更して撮影続行!
225D撮影後、渕地区へ移動しました。
第三市川橋りょう周辺の桜は丁度見頃を迎えていました。
発電所脇から市川へ降り、川の中から桜を狙います。
224Dは現地到着前にすれ違ったので、2D「はまかぜ2号」からの撮影。
227Dを見送ると、生野駅で交換の226Dは竹田城跡号車両が入った編成。
ちょうどいい塩梅で狙えるので、橋りょう両側の桜がはっきりわかるようにズームして撮影しました。
これは納得の1枚!!

d0144549_20314865.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
231D 2019年4月17日(水) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

渕地区での撮影後、雲が厚くなってきたので、あちこちロケハンするも良いポイントがなさそうで、これくらいで切り上げて帰ろうかと考えていました。
と、辺りがまたしても明るくなって、空を見上げると雲が急激に減りつつありました。
ならばと、赤田地区へ登る道から第二市川橋りょうを遠望してみることに。
市川沿いの桜はもちろん、背景の山に咲く山桜も確認できました。
単行で走る列車といい、穏やかな春の里と切り取った1枚になったと思います。

d0144549_20380857.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
230D 2019年4月17日(水) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:村営マーケット

重行地区の県道脇に大きな桜が立っています。
風に吹かれて花びらが舞っていました。
ふと心奪われ、桜越しにキハ40を狙いました。
この前に1D「はまかぜ1号」を撮影しましたが、その時は見事に曇られてしまいましたが、その後雲はなくなり、いい光線状態のもとで撮影できました。

d0144549_20421811.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
232D 2019年4月17日(水) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:村営マーケット

村営マーケットで昼食を取る間、空はまた雲に覆われていましたが、いつしか青空になっていました。
12日にも撮影した河原の桜が日を受けて輝いていたので、リベンジとばかりにレンズを向けました。
線路の向こうには山桜も咲き、一層春らしくなっていました。
長谷駅をそろりそろりと出てきたキハ41の埴輪顔と合わせて。

この後、寺前方面と生野方面をロケハンして回るものの、空一面雲に覆われてしまい、予報も曇りとなっていたので、撮影を切り上げ、帰宅しました。

なんだかんだ言いながらも、納得できる桜の記録できた今季、まぁ満足かな(笑)。


by 95219522 | 2019-04-18 20:48 | 播但線 | Trackback | Comments(2)
2019年 04月 15日

No.12 「予報に反して・・・」 4月12日号

播但線の非電化区間、長谷駅周辺の桜を狙って11・12日と撮影に出かける予定をしていましたが、11日は急遽夜勤になってしまい、12日しか撮影に出られなくなってしまいました。
神河町の天気予報は晴れでしたが、夜が明けてきて次第に空の様子が見えるようになると、どんよりと雲に覆われていることがわかりました。
姫路でこれだから神河はなぁ・・・と思いつつ、夜勤を終えて長谷に直行しました。

d0144549_01593421.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
227D 2019年4月12日(金) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:長谷駅

播但道を北上し、神崎南で一般道へ。
寺前駅前にやって来ると、227Dとしての発車を待つ編成が見えました。
2両編成の和田山方には竹田城跡号車両の姿がありました。
そのまま長谷へ北上。
周辺の桜は見事に満開を迎えていました。
長谷駅から第二市川橋りょうへ続く築堤の桜も見事に満開。
竹田城跡号車両を先頭にした227Dと絡めて撮影しました。
ほんの少し明るくなってくれましたが、見える空は真っ白(涙)。

d0144549_02062717.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
226D 2019年4月12日(金) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:長谷駅

生野駅で227Dと交換する226Dがやって来ます。
少し角度を変えて、2両編成の連結部の通過を狙ってシャッターを切ってみました。
この時は雲が薄れ、何とか青空が。

d0144549_02101357.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
231D 2019年4月12日(金) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:長谷駅

226D撮影後はまたしてもどんよりと曇ってしまい、カメラを向ける気にもなれませんでした。
10時40分頃になって再び明るくなってきたので、最初のポイントに戻り、カメラを構えました。
縦構図にして231Dと。
見える空の色が(涙)。

d0144549_02143574.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
230D 2019年4月12日(金) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:長谷駅

231Dと同じ場所で1D「はまかぜ1号」を撮影後、少し移動して230Dを。
なんてことないですな(^-^;)。

d0144549_02173361.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
232D 2019年4月12日(金) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

村営マーケットで昼食を取り、少し明るくなったので市川沿いに咲く桜を232Dと絡めて撮影してみました。
先ほどの写真とあまり変わらない構図ですな(涙涙)。
結局この後も晴れることなく、それどころか小雨が降る有様。
夜勤明けで寝ていませんし、何だか面白くないので帰宅することに。

次の休みまで桜がもつでしょうか。
もったとしても天気がねぇ。


by 95219522 | 2019-04-15 02:22 | 播但線 | Trackback | Comments(2)
2019年 04月 07日

No.11 「春本番!桜が咲いたヨ!!播但線」 4月6・7日合併号

一気に春めいてきて、姫路市内でも桜が満開を迎えています。
長谷周辺ではどうかな?と思いつつ、6日(土)に行ってきました。

d0144549_15112674.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
232D 2019年4月6日(土) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

甘地~鶴居間の谷川橋りょうを望む桜の河原にたくさんのカメラマンが集まっていました。
確かに綺麗なポイントではありますが、今シーズンは堤防の草が伸び放題、葉の花も咲いていません。
ましてここは朝の撮影ポイント、複数人で群がるほどの場所でもないだろうにと思いながら(笑)北上。

新野の直線にも1名居られました。
この方は完全に103系狙いのようで、すぐ近くに桜が咲いてるのに全く関心がないように見受けられました。

さて、肝心の桜ですが、寺前辺りでも満開までまだ2~3日掛かりそうな感じでした。
つい先日雪が降った長谷周辺に至っては、5~6日は掛かりそうな感じでした。
それでも咲いてる木もあるので、まずはぐっと寄って232Dと絡めて。
これは市川の西側の桜ですが、東側は全くと言っていいほど咲いていませんでした。


d0144549_15113785.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
235D 2019年4月6日(土) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

少し移動して、毎年たくさんの土筆が見られるポイントへ。
しかし今年は、どなたかが摘み取ったのか、探し回ってようやく見つけることができました。
先ほど撮影した232Dの折り返し235Dがやって来るので、やっと見つけた土筆を主役に。


d0144549_15115347.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
1234D 2019年4月6日(土) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

為信地区の市川の河原に1本だけポツンと立つ木を見つけました。
次にやって来る1234Dも単行なので、1両を狙うに丁度良さそうな構図を探り、枝の下から見上げるように撮影しました。
市川に架かる橋も入れ、為信だとわかるように。


d0144549_15120248.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
3D 2019年4月6日(土) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

大河地区で、淡い紫の木蓮を見つけました。
何とか撮影できないものかと、あれこれやってるうちに3D「はまかぜ3号」がやって来ました。
空は真っ白なので入れたくなかったのですが、構図が思い浮かばなかった(涙)。
ただ、春のうららかな里という感じは出てるかなぁ。
この日の撮影はここまで。


続いては本日7日の撮影。
天気予報ではお昼前から夕方にかけて雨が降るということだったので、雲が広がるまでのわずかな時間で桜を撮影しようと思い、地元で。

d0144549_15121366.jpg

Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
5628M 2019年4月7日(日) JR播但線福崎~溝口間にて
周辺トイレ:なし

やって来たのは廣田神社の鳥居前。
見事に桜が満開を迎えていたので、桜越しに列車を狙える場所に陣取りました。
近所にお住まいなのか、アメリカ人らしき若い女性と若い男性、おそらく兄弟でしょうね、それとお父さんらしき男性の計3名が歩いて来られ、神社へ上がって行かれました(しばらくして、もと来た方へ帰って行かれましたが)。

まずやって来る5628Mは、神社への参道と分かるように玉垣を入れ、その周辺に咲くたんぽぽを取り入れて撮影しました。


d0144549_15122336.jpg

Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
5621M 2019年4月7日(日) JR播但線溝口~福崎間にて
周辺トイレ:なし

5628Mと溝口駅で交換の5621Mがすぐやって来るので、大急ぎでズーム、ピントを合わせて撮影しました。
同じ立ち位置からの撮影ですが、雰囲気が変わりますね。


d0144549_15123437.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
上:5630M 下:1D 2019年4月7日(日) JR播但線溝口⇔福崎間にて
周辺トイレ:なし
d0144549_15124372.jpg

1D「はまかぜ1号」も撮影したかったので、そのまま待つことに。
待つ間に通過した、1Dと仁豊野駅で交換する5630Mには、編成は確認できませんでしたが、ダブルパンタ編成が充当されていました。
さすがに前側のパンタは下げていました。

そして1D通過。
溝口駅通過とその後のカーブを低速で通過した1D、S字カーブの踏切に差し掛かるころにはエンジン全開!爆音を響かせて一気に加速、あっという間に通過しました。

空には、予報に反して雲のくの字もありませんが、撮影はここで切り上げ、帰宅しました。


by 95219522 | 2019-04-07 16:03 | 播但線 | Trackback | Comments(6)
2019年 03月 27日

No.10 「花の季節がやって来た!」 3月27日号

体調不良や悪天候で撮影に出られない間に梅の見頃が過ぎてしまいました。
神河町内ではまだ咲き誇っている梅の木もあるのですが、列車と絡めるとなると・・・。

今日は天気が良いということで撮影に出かけましたが、梅はピークを過ぎ、桜にはまだ早い。
何を撮ろうかと考えながら北上、思い出したのが大河地区の踏切横、線路際に毎年咲く水仙でした。
「ほかに何かないかなぁ」と考えていて、一度通り過ぎてしまって引き返し、ガードレール越しに覗いてみると・・・、咲いてました!!

d0144549_19284694.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
224D 2019年3月27日(水) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:大河地区公民館公衆トイレ

現地到着は午前6時50分頃、太陽はまだ山の向こうに隠れており、朝日は射していませんでした。
しかし、7時過ぎの222Dが通過する頃には朝日が射し込みます。
今日は「天空の城竹田城跡号」用車両が定期運用2日目で、224Dの寺前方に連結されており、丁度順光で水仙と絡めることができます。
踏切横の側溝にしゃがみこむようにカメラをセッティングし、まずは222Dで試し撮り。
これを元に構図を修正、折り返し225Dで確認し、本番を待ちました。

この間、側溝に入って道路脇に腰掛けていたので、ガードレール越しに行き交う車の運転者が見る見る(笑)。
そりゃそうでしょうね、ガードレールの上に頭だけ見えるのですから「何や!!」と思うでしょう(^-^)。

やがて長谷方面から警報器の警報音が聞こえ、ジョイント音が近づいてきました。
第一市川橋りょうを渡る轟音が聞こえ、少し間をおいて224Dの姿が。
先頭はもちろん竹田城跡号車両。
申し分ない日差しの下、水仙を主役に良い記録ができました。

この後、生野方面へ移動するも良い場所がなく、空も白っぽくなってきたので撮影を切り上げ、帰宅しました。


by 95219522 | 2019-03-27 19:43 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 25日

No.9 「播但電化区間にキハ47現る!」 3月24日号

咳がなかなか収まらず、また休みと雨が重なって撮影に出れない日々が続いておりましたが、本日は「県政150周年記念!日本遺産『銀の馬車道・鉱石の道』サイクルトレイン」と銘打った臨時列車が香呂→生野間で運転されましたので、久々に撮影に。
と言っても、夜勤明けでの撮影で眠いので、近場での撮影となりました。

d0144549_23184885.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
回9630D 2019年3月24日(日) JR播但線福崎~溝口間にて
周辺トイレ:なし

播但線電化区間へのキハ40系列気動車の入線は、昨年の「天空の城竹田城跡号」新野駅までの回送を除くと、2016年9月25日運転の「銀の馬車道『グルメ街道』トレイン」以来となります。
今回は使用車種が事前情報で分からなかったのですが、おそらくキハ47の2連だろうと予測していました。
夜勤を終えて帰宅してからでは非電化区間へ足を延ばすのは時間的に余裕がなく、また寝ていないということもあるので、播但線の電化区間だとわかるポイントで撮影しようと考え、溝口のS字カーブにやって来ました。

折角の機会なので、地元の香呂駅で撮影してもよかったのですが、今回は初めてサイクルトレイン、つまりは列車への自転車の積込みが行われるということで、JRさんはもちろん主催者サイドも手探りとなる面が多々あるでしょうし、参加者のみなさんも自転車を担いだり押したりしながら改札を抜け、車内に乗せるわけですから、ホームで撮影していたのでは邪魔にしかならないだろうと考え、パスしました。

非電化区間へ出られている知人より、香呂駅への回送列車が通過した旨の連絡が入り、車種がキハ47の2連であることがわかりました。
しかも和田山寄りはトップナンバー!
2015年10月31日に「天空の城竹田城跡号」への増結を撮影した以来3年半ぶりです。

回9630D長谷駅発車の報を受けてからもどう撮影しようかと迷っていましたが、結局正面ドカンに。
下り普通を見送ったしばし後、奥のカーブを曲がって回9630Dがやって来ました。
姫路方は1093号車でした。

ちなみに電化区間へのキハ47入線、前回はいつだったか・・・と考えたのですが、2009年3月(撮影・記録していないのでおそらく・・・)に播但線経由で運転された、姫路鉄道部から豊岡鉄道部へのキハ47形2両の転属回送以来ではないかと思われます。


d0144549_23531353.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
5623M 2019年3月24日(日) JR播但線溝口~福崎間にて
周辺トイレ:なし

香呂駅から生野駅へ向かう9631Dは、先ほどのポイントから福崎方面へ進んだため池の堰から。
ここはSL時代からの有名ポイントですから、すぐにば播但線電化区間だとわかるポイント。
足回りがうるさいですが・・・(汗)。

非電化区間へ出ておられた知人もやって来られ、2人での撮影となりました。
待つ間、散歩がてら香呂駅西側から自転車の積込み等を息子と見ている妻から、様子を伝えるメールが数回入りました。
やはり参加者やスタッフの方で2番ホームは結構賑わっていたようです。
ファンの姿も結構あったとか。
我々はのんびりまったりと、模型やらなにやらのお話をして時間を潰していました。

1D「はまかぜ1号」など数本の列車が行き交いましたが、5623MにダブルパンタのBH9編成が入っていました。
暖かくなって、そろそろ前パンを下ろす時期に来ていますが、今日はまだ上げていました。


d0144549_23532160.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
9631D 2019年3月24日(日) JR播但線溝口~福崎間にて
周辺トイレ:なし

香呂駅で9631Dを見送った妻から発車のメールが届きました。
今朝は風があり、池の水面が揺らいだり収まったりを繰り返していました。
5623Mを撮影した構図では、水面が整った際に車両が映り込み、中途半端に切れてしまいます。
かと言ってあらかじめ引き気味にしたのでは列車が小さくなってしまいます。
迷った挙句、風が収まっても水面に写る列車が入らないよう、少しズームして撮影することにしました。
通過直前であれこれ考えすぎて、ちょっと収まりの悪い構図になってしまったなぁと(^-^;)。
ですが、プリントでは「キハ47 1」と「キハ47 1093」の車体表記、「団体」の方向幕もしっかり読めますし、播但線電化区間での記録として後に残せるものなったかなぁと思っています。
甘地の千束カーブではあまりにも有名過ぎてアレですしね(笑)。

今回のイベントに参加された皆さん、事故なく飾磨港(姫路港)に到着なさったでしょうか。
気温が低くて大変だったかもしれませんが、2回3回と続くイベント・運行になれば素敵ですね。


by 95219522 | 2019-03-25 00:19 | 播但線 | Trackback | Comments(2)
2019年 03月 11日

No.8 「恋の花咲く列車」 3月10日号

本日3本目のアップです。
3月10日(日)、播但線和田山~寺前~竹田間で婚活イベント列車「播但線で結ぶ恋列車」が運転されました。
男女25名づつの参加で、車内で自己PR等を行い、復路竹田駅で下車して昼食を取るという行程です。
私も独身だったら、播但線を使ったイベントですし絶対参加したでしょうね(笑)。

さてイベント当日は天候が荒れるという予報で心配しましたが、雨が降ってはいたものの土砂降りというほどではなく、風もなかったのでまだ良かったのではないでしょうか。

d0144549_22195280.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
9632D 2019年3月10日(日) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

夜勤明けで帰宅。
充当される車両と両数がわからなかったので、豊岡発車をライブカメラで確認しました。
定刻、上り方へ出て行ったのはキハ41。
ヘッドマーク等も無いようでした。
となると、定期列車との違いは前面方向幕。
「臨時」か「団体」を出しているはず、よって撮影は正面がちに・・・。
ということで、伯耆トンネル生野方の陸橋に陣取りました。
上だけ合羽を着ての撮影です。
直前に知人も来られて2人での撮影となりました。
やって来た9632D、方向幕は「団体」でした。

d0144549_22264863.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
9632D 2019年3月10日(日) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

生野以降は9646D「天空の城竹田城跡号」と同じダイヤなので、長谷駅停車中に先回りし、重行地区から長谷駅発車を狙いました。
ん~...、定期列車と変わりないなぁ(汗)。

d0144549_22294106.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
9629D 2019年3月10日(日) JR播但線長谷駅にて
周辺トイレ:長谷駅

折り返しは長谷駅で。
雨は小雨になりましたが、山間の小駅・長谷駅は雰囲気満点。
先行の1233Dで試し撮りし、本番を迎えました。
折り返しも方向幕は「団体」でした。
この日の運転士は女性の運転士さん、車掌は男性でした。
婚活のエスコイートを男女の乗務員が務めるというのも素敵じゃないですか。
通過する車内では、各ボックス席で男女が熱心にお話している様子でした。
なぜ竹田城跡号車両を使わないんだろうと思っていましたが、4人掛けのボックスシートの方が会話しやすいですよね。
竹田城跡号車両の眺望シート、横一列に並んでじゃぁ話づらいですもんね。

今回のイベントで何組のカップルが誕生するのでしょうか?

2回3回と続くイベントに発展するといいですね。
その際は是非ともヘッドマークを作成・掲出してPRされますことを。

※当日イベントに参加された方で、もし「上の写真ほしい!」という方がいらっしゃいましたら、非公開コメントとして連絡先(メールアドレス)を書いてくだされば、折り返しご連絡いたします。


by 95219522 | 2019-03-11 22:43 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 11日

No.7 「方向幕更新!」 3月5日号

本日2本目のアップです。
観光列車「天空の城竹田城跡号」の専用車両キハ40-2007、1月初旬に後藤総合車両所へ全般検査のために入場していましたが、3月初めに出場、早々に播但線運用に入っているとの情報で、体調は万全ではありませんでしたが撮影に。

d0144549_21541396.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
4D 2019年3月5日(火) JR播但線生野駅にて
周辺トイレ:生野駅

非電化区間を走る気動車の方向幕、路線記号の「J」とラインカラーのえんじ色のラインが入った新しいものに更新されているとの情報もあったので、時間的に上下2両を同時に見ることができる生野駅を訪ねてみました。
先に到着した236D、ビンゴ!!キハ41-2004でしたが新しい幕になっていました。
対向の1237Dはキハ40-2008、こちらは従来もものでした。
新幕と旧幕を撮影後、待合室に雛人形が飾ってあるのがみえたのでそちらへ。
あいにく列車と絡めて撮影することはできませんでしたが、窓ガラスに雛人形が描かれていたので、4D「はまかぜ4号」と絡めて撮影しました。

d0144549_22024917.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
238D 2019年3月5日(火) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

情報を整理すると、竹田城跡号車両は2日目の運用に入っている模様。
238Dの寺前方に連結されるので、第三市川橋りょうで撮影することに。
生野駅で見送ったキハ41-2004の239Dが登ると、238Dが下りてきます。
やがて踏切が鳴動し、238Dが大福トンネルから飛び出てきました。
狙い通り、先頭は竹田城跡号車両でした。
ラッピングは更新されていませんが、足回りはピッカピカ!!
方向幕も更新されていました。
全検を期に、ラッピングも新たなものに更新しても良かったのでは?と思うのですが・・・。


by 95219522 | 2019-03-11 22:09 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 11日

No.6 「また雪ですよ!播但線」 2月12日号

前回の投稿から1か月以上経過してしまいました。
2月末に酷い痛みと圧迫感がのどを襲い、声が出なくなってしまいました。
少し熱もあり、鼻も出てきます。
4日ほどでだいぶ楽になりましたが、いまだに咳が続いています。
パソコンを開くことなく、仕事から帰ると布団へ。
しかし、咳で熟睡できない日々を送っています。

さて体調を崩す前に、長谷・生野周辺のみピンポイントで雪が降った2月12日、ほんの少しだけですが撮影に出ていましたので、その時のものを。

d0144549_21352405.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
222D 2019年2月12日(火) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

為信地区の積雪が結構あったので、早朝の223Dを為信俯瞰で撮影しましたが、今一つでした。
大急ぎで渕地区へ移動し、発電所横の市川より、真名谷の山を背景に第三市川橋りょうを渡る222Dを撮影。
河原にもう少し雪が積もっていればもっと良かったのですが・・・。

d0144549_21414498.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
227D 2019年2月12日(火) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:大河地区公園公衆トイレ

大河地区へ移動しました。
インカーブの田んぼの雪化粧が綺麗だったので、まずは2D「はまかぜ2号」を後追いで撮影。
その後、入れ違いで峠を登って来る227Dを狙いました。
背景の山の表情も良く、お気に入りの1枚になりました。

d0144549_21462736.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
229D 2019年2月12日(火) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

あちこちロケハンして回りますが、山の木々の着雪が少なくて絵になりません。
最終的に、またしても渕地区で撮影することに。
やって来る229Dは方転したキハ41-2001なので、いつもの立ち位置から、下り方の顔がわかるように狙ってみました。

この後、思いのほか気温が上がって来たので、撮影は切り上げて帰宅しました。


by 95219522 | 2019-03-11 21:50 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 02日

No.5 「再び雪の播但線」 2月1日号

27日は久々の大雪となった播但線。
31日には雨が降り、日付が変わるころから北部で雪に変わる予報でした。
夜10時ごろ、期待してライブカメラを見ると、生野はかなりの積雪の様子ですが和田山は積雪がなさそう・・・。
取り敢えず生野周辺で撮影しようと思い、早朝より撮影に出てきました。

d0144549_23350913.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
1221D 2019年2月1日(金) JR播但線生野駅にて
周辺トイレ:生野駅
d0144549_23352940.jpg

自宅周辺でも雪がつらついていましたが、積もるほどの降りではありません。
北上の途中、工事の通行止めに遭い狭い道を迂回したために時間的ロスが生じ、生野駅で上り始発220Dを撮影しようと考えていたものの間に合いそうになくなってしまいました。
夜明け前で暗いため、はっきり確認できるわけではありませんが、長谷辺りでも積雪はあまりない様子でしたが、長谷を過ぎると山が白っぽく見えるので、雪を被っているようでした。
生野町内に入った途端に積雪が増え、生野駅周辺では10cm程度の積雪となり、雪も降り続いていました。
生野駅に到着すると、丁度220Dが発車するところでした。
上り始発には間に合いませんでしたが、下り始発1221Dには何とか間に合いました。
極寒のホームで待っていると、1221Dに乗車する高校生がやって来ました。
しばらくすると長谷方面がオレンジ色に明るくなり、1221Dがやって来ました。
レール踏面には雪が積もっていますが、滑ることなく停車。
発車も空転することなくスムーズに出て行きました。

d0144549_23455946.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
223D 2019年2月1日(金) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

続いて223Dは、27日の撮影と同じく上市川橋りょうで。
27日は風もなく雪も止んでいましたが、今朝は風雪有りで凍える寒さでした。
まだまだ暗いので、列車を流して。

d0144549_23494211.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
225D 2019年2月1日(金) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

222Dは撮影せず、長谷周辺の雪を確認しながら為信俯瞰へ移動しました。
里は薄っすらと雪化粧しているものの、山はさほどでもありませんでした。
それでもしっかり記録しておこうと、225Dを待って撮影。

d0144549_23533475.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
上:224D 下:2D 2019年2月1日(金) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし
d0144549_23535127.jpg

225D撮影後、俯瞰ポイントから降りて渕地区へ。
大カーブを狙うポイントに陣取りました。
先ほど撮影した225Dと生野駅で交換する224Dがすぐにやって来るので急いでセッティング。
この時は結構雪が降っており、雰囲気満点でした。
その後雪は止み、少し明るくなり、2D「はまかぜ2号」通過を迎えました。
見通しが利くと送電線が映り込むので224D撮影時よりズームして。

d0144549_00002206.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
227D 2019年2月1日(金) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:浄化センター前公衆トイレ

下市川橋りょうのお立ち台へ。
ここから望む景色も、大雪の時に比べると黒い部分がかなり多いですが、それでも趣があります。
余計な色が一切ないモノクロの世界に朱色の気動車が映える。

d0144549_00042164.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
226D 2019年2月1日(金) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:浄化センター前公衆トイレ

急いで道路へ降りてレンズを変え、下市川橋りょうをサイド気味に。
川の岩にも雪が乗り、秘境の寒さを伝えます。

d0144549_00074362.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
229D 2019年2月1日(金) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:浄化センター前公衆トイレ

8091D「かにカニはまかぜ号」を撮影するため、そのまま待つことにしましたが、一向にやって来る気配なし。
おかしいなぁと思い、運行状況を確認すると山陽線自動車踏切内立往生の影響で30分遅れて運行中、さらに現在位置を確認すると49分遅れとのこと。
これじゃあ229Dが先に来るので、これを撮影して、用事のため和田山へ向かうことにしました。
今回は背景の山並みも取り入れて。
和田山駅近くで8091Dに追い付かれました。

d0144549_00150581.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
1D 2019年2月1日(金) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

和田山で用事を済ませ南下。
生野駅に230Dが停車していました。
駅の長谷方の踏切が鳴動していたので1D「はまかぜ1号」がやって来るかと思いきや、230Dが発車していきました。
もう一度運行状況を確認すると1D20分遅れとのこと。
渕地区までやって来て列車位置を確認すると、230Dと1Dが長谷駅で交換することがわかりました。
田んぼ脇に降りて1Dを撮影。
朝は真っ白だった田んぼも、大部分が溶けていました。
背景の山の表情も取り入れて。

今日の撮影はここまで。


by 95219522 | 2019-02-02 00:21 | 播但線 | Trackback | Comments(2)
2019年 01月 28日

No.4 「大雪の播但線」 1月27日号

播但線沿線、今シーズンは雪が少ないと思っていた矢先に寒波が南下、大雪となりました。
27日、夜明け前から非電化区間で撮影してきました。

d0144549_17274677.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
左:1221D 右:220D 2019年1月27日(日) JR播但線長谷駅にて
周辺トイレ:長谷駅

車に薄っすら積もった雪を掃って北上。
鶴居駅付近から道路も薄っすら雪化粧していました。
寺前駅前を過ぎた辺りから雪の量が急激に多くなり、冬用タイヤを履いてはいますが、何度もハンドルと取られる状況でした。
県道から長谷駅への交差点ではブレーキが利かず、ハンドルを切っても直進する有様でしたが、何とか長谷駅に到着。
上り始発220Dに間に合いました。
ホームに積もった雪に足跡を付けたくないのですが、駅の構造上叶わず(^-^;)。
すぐに220Dが滑り込んできました。
と、慌てて1名やって来られ、2名での撮影となりました。
直後に1221Dがやって来、通過。
毎度の設定で撮影しました。

d0144549_17364962.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
223D 2019年1月27日(日) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

撮影をご一緒した方としばしお話をし、まだ暗い道を慎重に進み、途中雪の重みで折れて落ちた枝を退けながら上市川橋りょうにやって来ました。
辺りはまだまだ暗く、民家の明かりが温かさを感じさせる中、待機。
しばしあって、長谷駅でご一緒した方も来られ、一緒に撮影することに。
また、もう一人やって来られ、ここでは3名での撮影となりました。
だんだんと明るくなるもののシャッター速度は稼げません。
ならばと、シャッター速度を遅めに設定し、列車が少し流れる感じで撮影しました。
明け方のこの感じ、たまらなく好きなのです(笑)。

d0144549_18141641.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
222D 2019年1月27日(日) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

223Dと生野駅で交換する222Dは、豊岡から回送ののちに運用に入る気動車です。
北部よりやって来る気動車なので着雪や屋根上の積雪が期待できます。
移動の時間もないので、伯耆トンネル生野方の陸橋上から見下ろして撮影しました。
準備している最中に、上市川橋りょうを渡る音が聞こえたので慌ててセッティング。
前面への着雪、屋根の積雪は皆無、拍子抜けしてしまいました。

d0144549_18193872.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
224D 2019年1月27日(日) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

朝一の長谷駅からご一緒の方と相談し、長谷俯瞰へご案内しました。
通常なら山道の登り口に車を置いて上がるのですが、勾配が急になる前に車を止め、歩いて登りました。
途中、225Dが通過するのを木々の間から眺めながら、雪を蹴りつつ登りました。
この日は空気が澄んで視界良好。
長谷駅を挟んで生野方、寺前方双方の撮影をそれぞれ楽しみました。
まずは224D。
この編成は前面の着雪、屋根上の積雪ともに良い状態でした。

d0144549_18261187.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
224D 2019年1月27日(日) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

長谷駅に停車している間にカメラを足元方向に振り、長谷駅を出てきたところを狙いました。

d0144549_18290720.jpg
d0144549_18293071.jpg
上2点:Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
2D 2019年1月27日(日) JR播但線生野~長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

続く2D「はまかぜ2号」も、長谷駅を挟んで南北を撮影。
こちらは全く雪を持っていませんでした。

d0144549_18321722.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
上:227D 下:226D 2019年1月27日(日) JR播但線寺前⇔長谷間にて
周辺トイレ:なし
d0144549_18323906.jpg

その後にやって来る227D、226Dともに、少しづつ構図を変えながら撮影。
満足していただけたようでした。
8091D「かにカニはまかぜ号」を里で撮影したかったのでただちに下山。
「ご一緒しても・・・」とおっしゃるので、連れ立って大河地区へ急行!

d0144549_18363420.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
上:8091D 下:229D 2019年1月27日(日) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし
d0144549_18365338.jpg

大河地区へ移動し、第一市川橋りょうを渡って来るシーンを狙いました。
まずは8091D、こちらは背後の山の表情を捉えてみました。
葉を落とした枝の表情が何とも言えません。
キハ189系は、このポイントとしては意外に軽やかに通過しました。
続行でやって来る229Dは単行、さらにズームして田んぼに積もった雪を取り入れて撮影しました。
歩み板に着雪があるのが良いアクセントです。
8091Dの続行ですが、車内には若い女性など、グループらしき乗客が確認できました。

d0144549_18445362.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
1228D 2019年1月27日(日) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

集落の一番奥へ移動し、峠を降りて来る1228Dを狙いました。
気温が上がり、頭の上から木々に降り積もった雪が何度も落ちてきました。
撮影中にレンズ前に雪が落ちないか心配でしたが、何とかタイミングよく撮影できました。

d0144549_18485900.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
上:231D 下:1D 2019年1月27日(日) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし
d0144549_18491617.jpg

大河地区で、朝からご一緒した方とお別れし、単独となって栗地区は日原へ。
広い田んぼに降り積もった雪を主役に231Dと続行の1D「はまかぜ1号」を撮影しました。
1Dの車内、8091Dに負けず劣らずの乗客数で賑わっていました。

d0144549_18540767.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
230D 2019年1月27日(日) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

先ほどの場所から長谷方に回り込みました。
渕地区のとんがった山の表情が良かったので、これを主役に。
230Dは単行ですが、所謂首都圏色車なので、このような撮り方をしても存在感があります。

d0144549_18573120.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
1233D 2019年1月27日(日) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:浄化センター前公衆トイレ

下市川橋りょうにやって来ました。
お立ち台に上がろうと思っていましたが、日が高くで今一つなので、少し遊んでみようと思い、道路から河原の雪を入れて広角で縦構図で撮影してみました。

さて今シーズンはあと何回雪を撮影できるでしょうか。
もう少し撮影してみたいなぁと。

当日ご一緒しましたお二方、お疲れ様でした。


by 95219522 | 2019-01-28 19:02 | 播但線 | Trackback | Comments(4)