ケン坊の播但線通信2018

c561609521.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 29日

No.22 「工臨と竹田城跡号」 7月27・28日合併号

本日2本目の記事です。
27日から仕事が夏休みに入りました。
この日は播但線名物のホキ工臨の運転日だったので、寺前行工8690と夕方の工8691の両方を狙うつもりでした。
しかし、義母を姫路の病院へ連れて行くことになり、寺前行工8690は時間的にパスせざるを得なくなってしまいました。
帰宅後、夜勤明けで眠気に襲われながらも北上。

d0144549_16513881.jpg

Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
上:241D 下:240D 2018年7月26日(木) JR播但線長谷⇔生野間にて
周辺トイレ:なし
d0144549_16520700.jpg


沿線の様子を伺いながら北上。渕カーブと真名谷踏切に書く1名づつ撮影者が陣取っていました。
私はそのまま北上し、川尻地区へ。
眠くてあまり動き回る元気もないので(笑)、早々と場所を確保し、行き交う列車で構図の確認をしていました。
上の2枚はそんな試し撮りから。
1枚目の後方(寺前方)には竹田城跡号車両が連結されていました。
2枚目、240Dは本来は運用1日目の車両が単行で担当するのですが、工臨運転日は寺前駅に気動車が留置できない(本来、運用3日目の車両が留置される場所でホキ800への砕石積込みが行われるため)ので、工臨編成が線路を空けるまで運用1日目の車両に増結しているというわけです。
この後、6D「はまかぜ6号」と、運用3日目の車両を切り離して本来の単行となった240Dの折り返し243Dを撮影し、本番を迎えました。

d0144549_17041524.jpg

Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
工8691 2018年7月27日(金) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

243Dを見送った直後に、仕事を終えて帰宅途中の知人がやって来られ、2人で撮影することに。
空はまだまだ明るいのですが、山間部故に里はどんどん暗くなってきます。
露出も厳しく、工8691の撮影は8月になるとちょっとしんどいかな・・・。
久しぶりにお会いしたのであれこれと話が弾み、あっという間に通過時刻。
DE10の力強い、そして懐かしいディーゼルのサウンドが聞こえはじめ、やがて伯耆トンネル内を進む轟音へと変わりました。
カーブを曲がってゆっくり姿を現したDE10は、強烈なハイビームでした。
さらに頭を振ったDE10の、前照灯の焦点から逃れたところでシャッターを切りました。
肉眼では猛烈に吹き上がる排煙が見えていたのですが、写真では薄っすら確認できる程度ですね。
後に続くホキ800の上部に白い砕石が確認できます。
撮影条件が厳しくなるものの、播但線ホキ工臨の醍醐味は、やはり砕石満載の編成をDE10が生野まで引っ張り上げる工8691の峠区間での撮影にあると言えるでしょう。


翌28日は、撮影に出る気があまりしなかったのですが、妻のお友達が遊びに来るので、私が車を1台どけておくことになり、仕方なく撮影に出ることに(汗)。

d0144549_17183611.jpg

Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
220D 2018年7月28日(土) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

前日の撮影時、竹田城跡号車両が運用2日目だったので、3日目となるこの日は上り始発の寺前方に連結されます。
じゃあと、始発から撮影すべく家を出発。
第二市川橋りょうにやってきました。
今月初めの豪雨以来、水量が多い市川。
まだ日が射す前の光景をメインに、橋りょうを渡る編成を狙いました。

d0144549_17242306.jpg

Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
223D 2018年7月28日(土) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

まだまだ日が射さない山間の里で、伸びた稲を取り入れて、市川の対岸の山裾を行く編成を。
薄っすらと靄が掛かり、早朝らしさが伝わりますが、天気が良ければもっと霞むのに・・・と、少々残念。
まだまだ夏は長いので、この夏の課題かな(笑)。

d0144549_17283418.jpg

Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
226D 2018年7月28日(土) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

この日は、天気が良いわけでも悪いわけでもない、何とも中途半端な空模様。
こうなると題材が思い浮かばない・・・。
あれこれ撮影してても気分が乗らないので、第三市川橋りょうの脇から竹田城跡号車両が折り返してくる226Dをなんとなく撮影。
ん~、秘境感はあるものの、パッとせんなぁ~。
ということで、この日の撮影はここまで。
この後、妻のお友達が帰るお昼まで時間を潰すのが大変でした。お金もないしねぇ~(^-^;)。


by 95219522 | 2018-07-29 17:33 | 播但線 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://c561609521.exblog.jp/tb/27015210
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by けんたろう at 2018-07-30 21:41 x
こんばんは。
ライブカメラで工臨があるなとは思っていましたが、夕方にお誘いがあるとは思いませんでした。
スマホで撮りましたが、ピントは有っていましたが流れていました。ボツです。動画で録った方が良かったかな。
また誘い合わせでウロウロしましょう!
Commented by 95219522 at 2018-08-18 01:38
>けんたろうさん

すっかりお返事が遅くなってしまいました(汗)。
当日はどうもでした。
帰り道じゃないかなぁと思い、おるよ~とお声掛けした次第です(^-^)。
通過直前からだんだんだんだん暗くなるので、おいおい!!と思ってましたが、何とか撮影できました。
昔のスジなら春から秋までバッチリ撮影できたのに・・・。
工8691は動画がいいかもしれませんね。ディーゼルのサウンドも最高ですし。


<< No.23 「1%に情熱を掛け...      No.21 「夏本番!播但線」... >>