2018年 06月 13日
No.17 「梅雨に突入!播但線」 6月9日号
本日2本目のアップです。
6月9日、前日は日付が変わる頃に帰宅する勤務だったので、DVDで任侠映画1本を見て、寝ずに夜明け前に家を出て北上しました。

d0144549_21164547.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
220D 2018年6月9日(土) JR播但線竹田~青倉間にて
周辺トイレ:なし

「天空の城竹田城跡号」用車両が播但線の定期運用に入り、この日は3日目の運用に入っているはずと思って、久しぶりに竹田城跡と絡めて撮影しようと考え、有名な陸橋へ。
しかし、線路脇の木々の枝が伸び放題でとても撮れたものではありません。
工臨を追っかけてばかりいる熱心な人たちのように欄干に登ってフェンスに張り付いて撮影するなんて馬鹿なことはしたくないので、青倉方へ下がった線路脇で撮影することにしました。
現地到着は午前5時前。
すぐ近くの畑ではすでにおじさんが収穫作業をしておられました。
薄い朝霧に包まれた風景はいかにも雨上がり、梅雨らしい光景でした。
やがて上り始発220Dがやって来ました。
が、先頭は竹田城跡号車両ではなくキハ40-2046でした。
霧に包まれながらも輪郭がはっきり見て取れる竹田城跡と絡めることができたので良しとしましょう。

d0144549_21265688.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
220D 2018年6月9日(土) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

土曜の早朝とあって国道の交通は全くと言っていいほどありません。
生野峠で220Dを余裕で追い越したので、渕地区でももう一発!
ここでも雨上がりらしい山の表情を捉えることができました。

d0144549_21295141.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
1221D 2018年6月9日(土) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

220Dが通過した後、今度は下り始発の1221Dが峠を上ってきます。
同じポイントから長谷方を向くと、見える山の表情がこれまた良し。
足元の田んぼを取り入れて撮影することに。
やって来た1221Dの後ろには竹田城跡号車両が連結されていました。
豊岡で一日過ごして播但線に戻ったようですね。

d0144549_21340364.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
222D 2018年6月9日(土) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

長谷地区から赤田地区へ上る道の途中から、第二市川橋りょうを遠望しました。
高い山に囲まれた長谷駅周辺・・・、その山を主役にした1枚です。

d0144549_21375166.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
上:225D 下:224D 2018年6月9日(土) JR播但線寺前⇔長谷間にて
周辺トイレ:なし
d0144549_21382267.jpg

この時期の花と言えば紫陽花ですね。
非電化区間の紫陽花の名所として為信地区ですが、お堂前の紫陽花はどうもダメっぽい。
なので今年は橋のすぐ脇の紫陽花を狙いました。
赤い紫陽花を記録したいのですが、ここの紫陽花は青いのばっかりです。
しかし、絵になるのは間違いなし!2本を撮影しました。

d0144549_21425662.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
227D 2018年6月9日(土) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:大河地区公民館公衆トイレ

大河地区へ移動しました。
稲が少し成長し、綺麗に整列していることがよくわかるようになってきたので、そんな様子を主役に午前中最後の運用となる竹田城跡号車両を連結した227Dと絡めて記録しました。

この日の撮影はここまでで、さっさと帰宅し、爆睡しておりました(笑)。


by 95219522 | 2018-06-13 21:47 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://c561609521.exblog.jp/tb/26895068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< No.18 「雨に打たれて工臨...      No.16 「麦秋を迎えた播但... >>