ケン坊の播但線通信2018

c561609521.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 21日

No.11 「別れの春」 3月21日号

本日は、勤務の関係で1時間ほど寝ただけで、明け方に家を出て播但道と下道で餘部橋りょうへ行ってきました。
途中、神崎北から激しい雪で、ジュルジュルの道を走ることになりましたが、7時には餘部に到着していました。

d0144549_16065066.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
単9851 2018年3月21日(水) JR山陰本線鎧~餘部間にて
周辺トイレ:道の駅あまるべ

今日の目的は、豊岡駅に併設の車両基地、福知山電車区豊岡支所に所属する除雪用機関車DE15 1507号機の廃車回送の記録でした。
DE15 1507号機は1971年11月に当時の福知山機関区に新製配置、以降福知山から豊岡への移動はあったものの、ずっと福知山管内で過ごしてきた機関車です。
複線型前頭車で舞鶴方面の除雪を担当、冬季以外の列車牽引はほとんどありませんでした。
除雪仕業・試運転も夜間がメインなので、走行シーンを記録すること自体が難しい機関車でもありました。
そんな1507号機が餘部橋りょうを渡るのも貴重なシーンとなりますが、残念ながらこれが最後となります。
寒の戻りで冷たい雨が降る中、ゆっくりと橋りょうを通過して行く1507号機。
貴重なシーンを記録することができました。


by 95219522 | 2018-03-21 16:22 | 山陰線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://c561609521.exblog.jp/tb/26589188
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< No.12 「“山男”本格始動...      No.10 「春まだ遠い播但線... >>