ケン坊の播但線通信2018

c561609521.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 10日

No.52 「オフシーズンの竹田城跡号車両を追う」 12月7日号

この日は、定期運用に入った竹田城跡号車両運用5日目。
運用1日目のキハ41-2001との並びを交えて撮影に。

d0144549_13525522.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
左:223D 右:222D 2017年12月7日(木) JR播但線生野駅にて
周辺トイレ:生野駅

方向転換したキハ41-2001との並びを記録すべく、生野駅へ。
この日も快晴で気温は-3℃。
指先の感覚がなくなりそうな、そんな寒さでした。
まずは222Dが入線、しばし後に223Dがやって来ました。
停止目標の標識が邪魔にならない場所を探り、両者の並びを撮影。
右側通行、青い木造の跨線橋が生野駅であることを表しています。

d0144549_13585399.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
226D 2017年12月7日(木)JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

第4市川橋りょうを望むポイントへ。
この時期、水面が朝日を受けて煌くので、和田山から戻って来る竹田城跡号車両をサイドから狙ってみました。
橋りょうの向こう側には川霧も出て、雰囲気満点でした。

d0144549_14024664.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
229D 2017年12月7日(木) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

この日、単行1本目の229Dは、いつものごとく第一市川橋りょう近くのポイントから。
バックの紅葉の落葉がかなり進みました。

d0144549_14060652.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
1228D 2017年12月7日(木) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

多少雲があるものの、冬晴れの空が広がっていたので、久しぶりに為信のお堂下に陣取り、キハ41-2001のノーマル顔と絡めて記録しました。

d0144549_14091220.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
230D 2017年12月7日(木) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

清流・市川をトコトコと渡る竹田城跡号車両を狙うべく、赤田地区へ上る道から小俯瞰。
この辺りは水量が少なく、石が目立ちます。
長い橋りょうにちょこんと乗る単行の気動車が、いかにもローカル線らしく感じられます。

d0144549_14140132.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
1233D 2017年12月7日(木) JR播但線長谷駅にて
周辺トイレ:長谷駅

竹田城跡号車両は1233Dとなってすぐに折り返してきます。
急いで長谷駅ホームへ移動し、ホーム端から入線を狙いました。
間合い運用が行われた頃には「寺前⇔和田山」という快速幕を出していたので、これを期待しましたが、通常の幕を出していました。
この日はこれにで撮影終了。


by 95219522 | 2017-12-10 14:18 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://c561609521.exblog.jp/tb/26220535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< No.53 「雪到来!播但線」...      No.51 「震える寒さの播但... >>