2017年 12月 10日
No.50 「初冬へ移り行く播但線」 12月2・3日合併号
11月24日の撮影後、夜に突然息子が嘔吐を繰り返し、夜間救急センターへ。
腸炎との診断で、日付が変わるころに帰宅。
その後、明け方まで吐物にまみれた布団の処理等に苦闘しました。
センターで悪い風をうつされ、風呂でせき込んだ拍子に腰がグキッ!!
ヘルニア持ちなのでまたか!と思いましたが、ぎっくり腰のようでした。
薬を飲んで湿布を貼って家で大人しくしていましたが、どれくらい動けるのかを知る意味も含め、12月2日から自主リハビリと考え、撮影に出かけることに。

d0144549_12314040.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
3D 2017年12月2日(土) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:浄化センター前公衆トイレ

山々の紅葉はすっかりピークを過ぎ、ほとんどが落葉の途中でした。
下市川橋りょうのお立ち台に立ってみると、ほとんどの葉を落とした木が冬の訪れを知らせるかのようでした。
峠を登ってきた3D「はまかぜ3号」と。

d0144549_12372552.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
1228D 2017年12月3日(日) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:大河地区公園公衆トイレ

翌3日、11月一杯で今シーズンの運転を終えた竹田城跡号用の車両が、播但線定期運用に充当されているとのことで、これを狙うべく出かけました。
当初は231Dからの運用を狙うつもりでしたが、時間的に1228Dに間に合ったので、大河カーブで山を背景に狙いました。
冬晴れの下を快走する竹田城跡号車両も良いものです。

d0144549_12432183.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
231D 2017年12月3日(日) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

折り返し231Dを狙うべく、バックに紅葉した木、線路脇にススキが入る、第一市川橋りょう近くのポイントに陣取りました。
逆光線に排煙を上げてやってくる竹田城跡号車両を期待していましたが、やって来たのはキハ40-2046。
どういうわけは、運用変更で車両が差し替えられてしまいました(^-^;)。

d0144549_12511642.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
1233D 2017年12月3日(日) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

栗地区日原で撮影後、再び大河地区に戻り、地区のどん突きへ。
黄色くなっていましたが、もみじが葉を落とさず残っていたので、見上げるように1233Dと絡めて。

d0144549_12550863.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
4D 2017年12月3日(日) JR播但線長谷駅にて(後追い)
周辺トイレ:長谷駅

その後もあれこれ場所を変えて撮影し、最後は長谷駅へ。
ステンレス・ボディのキハ189系、4D「はまかぜ4号」のサイドに西日が当たるのを期待しての撮影でした。
上空には雲が流れていましたが、陰ることはなく、そのまま通過の時を迎えました。
この日、乗客救護があった関係で1237Dが遅れを持って運転されていましたが、4Dはほぼ定刻での通過となりました。


by 95219522 | 2017-12-10 13:01 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://c561609521.exblog.jp/tb/26220428
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< No.51 「震える寒さの播但...      No.49 「晩秋の播但線」 ... >>