2017年 02月 23日
No.14 「橋りょうを撮った午後」 2月23日号
今日は午前中に用事が入り、午後から少し撮影に出かけてきました。

d0144549_21003705.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
3D 2017年2月23日(木) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:浄化センター前公衆トイレ

昨日からの雨で市川が増水していました。
下市川橋りょう下、普段なら岩がゴロゴロしていますが、今日は水の中に。
これも普段、あまり見られない光景なので、3D「はまかぜ3号」と絡めて。

d0144549_21035653.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
4D 2017年2月23日(木) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

一昨日、ライブカメラで再び播但線運用に戻る準備をしている竹田城跡号車両を確認していたので、夕方の寺前行き238Dを撮影するつもりで竹田付近までロケハンに行ったものの、これといったものがなく、再び生野に戻って来ました。
市川が増水しているせいで、堰の普段は水が流れない奥の方まで水が入って流れていたので、上市川橋りょうを望むポイントで4D「はまかぜ4号」を狙いました。
本当は下り列車向きのポイントなので、6両編成の中間先頭車連結部を狙ってシャッターを切りました。

d0144549_21130436.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
上:239D 下:238D 2017年2月23日(木) JR播但線長谷⇔生野間にて
周辺トイレ:なし
d0144549_21132184.jpg

今日のお目当て、竹田城跡号車両連結の238Dを狙うべく、第二市川橋りょうを俯瞰できる赤田地区へ。
第二市川橋りょうは良く撮影していますが、赤田地区からの俯瞰は久しぶりです。
長谷周辺で一番遅くまで陽が当たる場所、つまり曇っても多少明るい場所なので、ここを選択しました。
まずは239D、直前まで橋りょうにも陽が当たっていましたが、雲が流れて陰ってしまいました。
その分、背景の山が印象的になったので、これはこれで良しです。
その後、あっという間に陽が傾き、20分後の238D通過時は、ここから見える範囲全体が山影に入ってしまいました。
しかし、この暗く、山の杉が黒い景色こそが、この時期の生野峠の真の姿。
そんな風景を行く竹田城跡号車両を記録できたので、満足しています。


by 95219522 | 2017-02-23 21:23 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://c561609521.exblog.jp/tb/23877397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< No.14 「冷え込んだ早春の...      No.13 「久々の長谷俯瞰」... >>