2017年 01月 19日
No.8 「大豪雪だよ!播但線」 1月17日号
播但線沿線は14日から豪雪に見舞われました。
私が住む姫路市も積雪があり、早く非電化区間へ撮影に出かけたいと思っていました。
しかし、雪によるトラブルが続いて、一体どれほど降っているのだろうか・・・との不安もありました。
17日、ようやく休みとなったので朝から撮影に。
新野まで来るとかなりの積雪でしたが、寺前を過ぎると、これまで経験のないほどの積雪。
次第に雪は高さを増し・・・。

d0144549_18495811.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
224D 2017年1月17日(火) JR播但線生野~長谷間にて(後追い)
周辺トイレ:なし

長谷まで来ると、道路は辛うじて除雪されているものの、その他の積雪が尋常ではなく、車を置くスペースは皆無に等しい状態でした。
そのまま北上し、渕地区から真名谷を抜けて下市川橋りょうへ向かおうとしましたが、除雪が行われておらず、真名谷手前で進めなくなりました。
諦めてバックしようにも発進できず、前進・後退を何度も繰り返し、やっとの思いで渕地区へ戻りました。
何とか1台止めれるスペースを見つけて車を降り、大カーブの築堤を見上げるポイントへ入りますが、膝を超える積雪で歩くのが困難。
長靴に雪が入るしでもう大変!
移動の最中に222Dが2両編成で通過。
折り返し225Dを撮影しようと待ちますがやって来ません。
とうとう、225Dと生野駅で交換する224Dが先に峠を降りてきたので、これを撮影。
この後、県道へ移動しました。

d0144549_19023698.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
227D 2017年1月17日(火) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

除雪された県道は普通に歩いて移動できます。
カメラをセットし、列車を待ちますが、一向にやって来る気配なし。
スマホで運行状況を確認するも、遅れの情報なし。
どうなってるんやろうと、3度目の確認の際、長谷~寺前間で倒木による遅延との情報が。
朝一番で見送った222Dが倒木で立ち往生していたのでした。
何分遅れなんかなぁと思っているとエンジン音が聞こえ、自分の下を225Dが通過しました。
約50分の遅れでした。
その後2D「はまかぜ2号」が約30分遅れで通過。
227Dは寺前着後すぐに折り返したようで、約10分の遅れでした。

d0144549_19120446.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
上:8051D 下:1228D 2017年1月17日(火) JR播但線長谷⇔生野間にて
周辺トイレ:浄化センター前公衆トイレ
d0144549_19122338.jpg

知人がいらっしゃるというので渕地区で待ち合わせ。
栃原・生野経由なら下市川橋りょうへ行けるだろうと、2台連らって移動。
ところが、生野高校辺りから除雪がされておらず難航。
知人が四駆の軽トラで道を付けてくださるので、その後をついて前進しますが、冬用タイヤも意味がないほどの状態でした。
やっとの思いで下市川橋りょうに到着するも、お立ち台へ向かう道は、これまた膝より高い積雪。
三脚で先を確認しながら突き進みます。
まるで映画「八甲田山」の雪中行軍を思わせるものでした。
普段の倍以上の時間を掛けてお立ち台に到着。
下市川橋りょう上の積雪も尋常ではなく、レール踏面より高く積もっていました。
まずは8051D「かにカニはまかぜ号」が通過。
続いて単行の229Dが北上し、生野で交換の1228Dが2両で、雪を巻き上げながら通過しました。

d0144549_19224845.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
上:1D 下:230D 2017年1月17日(火) JR播但線長谷⇔生野間にて
周辺トイレ:浄化センター前公衆トイレ
d0144549_19230610.jpg

車移動が難儀なので、下の道路からの撮影に。
川の岩に積もった雪、これほどまでに積もっているのを見たのは初めてでした。
川と山の表情を取り入れつつ、1D「はまかぜ1号」と2両編成の230Dを記録しました。
この後、長谷周辺で撮影しようと思い、来た道を戻ったのですが、伯耆トンネル生野方の陸橋で対向車出現!
こちらはもう下がれませんので前進、あちらはバックで戻ります。
途中、家へ通じる坂が除雪してあったので、ここに退避してもらい、やっとの思いで行き違いました。

d0144549_19301938.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
上:235D 下:1234D 2017年1月17日(火) JR播但線長谷⇔生野間にて
周辺トイレ:なし
d0144549_19304535.jpg

長谷に戻って来ました。
長谷駅で撮影しようと行ってみましたが、必要最小限に除雪されたバス旋回場に保線の車が停まっていたので諦めました。
車が停めれる場所をと彷徨った挙句、栗地区日原へ。
地区内の小道が除雪されていたので、地区の北側から235Dを撮影。
すぐに1234Dが峠を降りて来るので、今度は南側に移動。
またしても膝まで雪に埋もれての撮影となりました。
この後、3D「はまかぜ3号」も撮影し、移動しました。

d0144549_19370487.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
1237D 2017年1月17日(火) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

この日最後は為信地区で。
お堂へ通じる道路は除雪されていましたが、気を抜くとツルンといく状態でした。
お堂脇から、またしても膝まで雪に埋もれつつ場所を確保。
霰が降る中、1237Dを待ちました。
定刻、微かにエンジン音が聞こえ、1237Dがやって来ました。
2両編成か単行のどちらだろうとファインダーをのぞいていると、何と3両編成!!
朝から寺前駅に留置されていたキハ40-2046を最後尾に連結しての運転でした。
前夜、生野峠で車両故障があったようですが、2046が当該車両だったのではないでしょうか。
寺前駅で修理の後、運用の都合で1237Dに連結したのでしょう。
エンジンも掛り駆動しており、客扱いもしていました。

あまりの雪の多さに、撮りたい場所にも行けない状況で、一カ所で何本も撮影するしか方法がなく、かえって消化不良の感が残る日でした。


by 95219522 | 2017-01-19 19:45 | 播但線 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://c561609521.exblog.jp/tb/23789721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by FITPHOTO at 2017-01-19 22:32
FITです。

雪中行軍お疲れ様でした。(^^)
私は週末雪降る中行こうかどうしようかさんざん迷った挙句断念しました。
というのも天気予報や播但道の状態、ライブカメラでの光景で「事故する覚悟じゃないと行けんし帰れなくなるかも?」
と思ったからです。
ケン坊さんはどうされたのか、ずっと気になってました。
17日でこの状態でしたら、土日は恐ろしい事になってましたね。。。。
もう少し適度な量じゃないと、車で行くのも、駐車するのも大変ですよね。
次回、もう少し適度に降った時に挑戦します。
Commented by 95219522 at 2017-01-21 20:55
>FITさん

お返事遅くなりました(汗)。
この豪雪、日増しに積雪が高くなって、私が撮影に出た火曜日が一番積もっていたようです。
主要道路は除雪が済み、運転に支障はありませんでしたが、車を置く場所が全くないような状態でした。
下市川橋りょうでは、公衆トイレ横の駐車場を自らラッセルしてスペースを作りました。
明日日曜も沿線に出ますが、車が置けるかどうか・・・。


<< No.9 「寝雪の寒村にて」 ...      No.7 「また明け方から播但... >>