ケン坊の播但線通信2018

c561609521.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 12日

No.5 「帰って来た竹田城跡号!」 1月11日号

この日は霜or降雪を期待して、朝から北上しました。

d0144549_20184910.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
224D 2017年1月11日(水) JR播但線生野~長谷間にて(後追い)
周辺トイレ:浄化センター前公衆トイレ

家を出るときに車のフロントガラスが凍っていなかったので霜は期待できないなぁと思いつつ北上。
丁度長谷駅前まで来ると222Dの前照灯が見えました。
しかし車体が確認できない・・・?
首都圏色ならはっきり見えるはずやのにと、よ~く確認すると、何と!竹田城跡号や~!!
年明けから山陰本線の増結に使用されていたので、この冬も播但線には来ないだろうと思っていたのですが、まさかの播但線運用入り。
もう222Dの撮影は不可能なので、折り返し225Dをどこかで撮影しようと考え、下市川橋りょうのお立ち台へ向かいました。
薄暗く、あまり気持ちの良い場所・時間ではありませんが、カメラをセットしてスタンバイ。
やがてエンジン音が聞こえ、結構早い速度で通過して行きました。
が、頭がまだ寝ているのか、カメラの設定をミスり、見るに堪えない写真に(涙)。
しかし気を取り直し、生野で交換の224Dを、同じ場所からスローシャッターで後追いしました。
これはこれでいいかなぁ。

d0144549_20282432.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
227D 2017年1月11日(水) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

生野駅前のコンビニにいる間に2D「はまかぜ2号」が生野駅を発車。
これを追うように渕地区へ移動しました。
小雪が舞い始め、背景の山が霞んで良い表情を見せていたので、227Dはここで。
田んぼの白くなっている箇所は霜ではなく雪です。

d0144549_20321021.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
8051D 2017年1月11日(水) JR播但線長谷駅にて
周辺トイレ:なし

竹田城跡号車両充当の1228Dを長谷駅で後追いしようと考えていたので、通過まで時間がありますから寺前駅へ。
自販機でコーヒーを買って、何気に改札の電光掲示板に目をやると「かにカニはまかぜ 9:28」の表示が!
今月から8051Dが毎日運転になっていることをすっかり忘れていました。
ならばいっそ長谷駅で・・・、と移動。
ホームの寺前よりに陣取り、8051Dを狙いました。
H5編成の貫通扉の茜色の剥げ、修復できないのでしょうか。
目立って仕方ありません。
検査上がりの編成が増えているので、入場間近なのでしょうか。

d0144549_20393069.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
上:229D 下:1228D 2017年1月11日(水) JR播但線長谷駅にて
周辺トイレ:長谷駅
d0144549_20395414.jpg

8051Dの後を追う229Dは引きで狙ってみました。
山に囲まれた感じが強調できたかなぁと。
続いて本命の1228D。
寒々しい、山影の長谷駅を行く姿もまた良し。


d0144549_20450764.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
231D 2017年1月11日(水) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:浄化センター前公衆トイレ

折り返し231Dは、伯耆トンネルポータル上の小道から。
竹田城跡号として運行されるシーズン中は、熊やヘビが怖いので絶対に行けない場所(汗)ですが、この時期ならなんとか。
鹿のフンを踏まないように、獣の気配に注意し、万が一のためのラジオを鳴らしながらの撮影でした。

d0144549_20495380.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
232D 2017年1月11日(水) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

232Dは真名谷で。
大福トンネルを出て第三市川橋りょうを渡るシーンを記録しました。
やはり竹田城跡号のシーズン中は、桜に新緑、紅葉と移り変わるポイントですが、葉を落とした木々との共演はなかなか記録できません。
オフシーズンだけのコラボ。

d0144549_20534457.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
235D 2017年1月11日(水) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:大河地区公民館公衆トイレ

235Dは大河カーブで。
時々、雲の切れ間から青空がのぞくものの、里は陰って暗く、冬らしい表情を見せています。
通過が近付くにつれて、上空の雲が切れ、空が見えてきたので、見上げるように撮影してみました。

d0144549_20571700.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
3D 2017年1月11日(水) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

3D「はまかぜ3号」は為信俯瞰から。
雲が少なくなり、里に陽が射していました。
通過する3Dのボディが陽を反射し、鈍く光っていました。

d0144549_21003294.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
上:236D 下:4D 2017年1月11日(水) JR播但線長谷駅にて
周辺トイレ:長谷駅
d0144549_21005111.jpg

236Dは長谷駅入線を。
雲が少なくなり、西日が射すようになってきたので、日を受けた“顔”を記録しようとスタンバイ。
しかし通過時は、分厚い雲が太陽を隠し、見事に陰ってしまいました。
これで帰るのは悔しいので、4D「はまかぜ4号」もチャレンジ。
通過まで晴れたり曇ったりを繰り返し、列車通過のアナウンスが流れている時も、雲が太陽を隠そうとしていましたが、ギリギリ陰ることなく通過となりました。


by 95219522 | 2017-01-12 21:08 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://c561609521.exblog.jp/tb/23776428
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< No.6 「今だけのシーンを狙...      No.4 「天気が回復!播但線... >>