ケン坊の播但線通信2018

c561609521.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 04日

No.3 「はまかぜ狙いの午後」 1月3日号

正月休み最後の3日は、午後からの撮影でした。
1日から運転されている9088D「はまかぜ88号」と、3D「はまかぜ3号」の交換の撮影がメインです。

d0144549_18573553.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
9088D 2017年1月3日(火) JR播但線生野駅にて
周辺トイレ:生野駅

播但線沿いに生野駅を目指して北上していると、下市川橋りょうで知人と遭遇。
しばし談笑の後、単独で生野駅へ。
まず普通列車の行き違いを記録し、約30分ホームのベンチに掛けていました。
陽が照ったり陰ったり、小雨が降ったり止んだりを繰り返していました。
やがて25‰を登って9088Dが入線してきました。
右側通行と、昔から大切に使われ続けてきた上屋の柱を強調して。

d0144549_19035442.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
左:3D 右:9088D 2017年1月3日(火) JR播但線生野駅にて
周辺トイレ:生野駅

9088Dの最後尾から降車した車掌さんは女性でした。
生野駅では9分の停車、しばし気の休まる時間というところでしょうか。
委託の駅員さんとなにやら話をされていましたが、いよいよ3Dが入線しようというころになると、乗務員扉の傍に立ち、何度も時計に目をやっていらっしゃいました。
やがて3Dが入線。
停止目標へ進む途中、“顔”が並ぶ瞬間を狙ってシャッターを切りました。

d0144549_19093266.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
9088D 2017年1月3日(火) JR播但線生野駅にて
周辺トイレ:生野駅

進行現時を確認し、戸閉め前のホームの安全をモニターで、指差呼称で確認。
戸閉め後、再度指差呼称で確認後、乗務員室に乗車し、出発合図。
3D発車から少し間を置いて、9088Dも発車。
駅構内から出た途端に爆音を轟かせ、峠を下りて行きました。

d0144549_19241071.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
1237D 2017年1月3日(火) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:浄化センター前公衆トイレ

下市川橋りょうに戻ると、まだ知人がいらっしゃったので、ここで1237Dを撮影することに。
知人はお立ち台へ、私は伯耆トンネルポータル上に移動しましたが、広角ではやはり撮り辛い。
時間も迫っているので、大急ぎへ下へ降り、道路から見上げるように撮影。

d0144549_19271840.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
4D 2017年1月3日(火) JR播但線長谷駅にて(後追い)
周辺トイレ:長谷駅

雲が晴れそうだったので、西日が射して逆光になる、長谷駅からの後追いをやってみようと思い、知人と連れだって長谷駅へ。
到着してみると予想的中で、オレンジの陽が射していました。
雲は太陽を避けるように流れて行きます。
これは期待できると思っていましたが、通過が迫るにつれ、空を風向きが変わったらしく、雲が太陽を隠し始めました。
結局、通過時は陰ってしまいました(涙)。
なかなか思うようにはいかないものです。
これからは陽が長くなる一方なので、リベンジしたいと思っています。


by 95219522 | 2017-01-04 19:32 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://c561609521.exblog.jp/tb/23760604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< No.4 「天気が回復!播但線...      No.2 「今朝も国境にて」 ... >>