ケン坊の播但線通信2018

c561609521.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 03日

No.39 「110周年だヨ!播但線」 10月3日号

昨年開催の私の播但線写真展でもお知らせしましたが、本年4月1日に播但線は飾磨港~姫路~和田山間全線開通110周年を迎えました。
4月の時点では、110周年をPRする素材等は全くなく、地味に終わるものと思っていましたが、いつの間にかポスターが掲示され、9月になってJRさんからキャンペーン実施の告知も行われました。
先日運転された団体臨時列車以降、ようやく110周年らしくなってきたなぁと思っています。
本日は、キャンペーンの一環として、電化区間で活躍する103系3500番代2編成に掲出(貼付)された記念ヘッドマークを記録すべく、夜勤明けでそのまま沿線に出てきましたので、その様子を。

d0144549_20414092.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
5622M 2016年10月3日(月) JR播但線福崎~溝口間にて
周辺トイレ:なし

ヘッドマークが掲出されているBH4編成とBH8編成の運用を確認し、狙いを定めての撮影です。
撮影ポイントに到着直後、BH8編成が姫路方に連結された5611Mが通過。
運用変更されることなく連結されていました。
2D「はまかぜ2号」の続行5622MにBH4編成が充当されているはずなのでそのまま待機。
狙い通りにBH4編成がやって来ました。
ポスターの図案と同じ、馬と馬車をモチーフにした110thのロゴが目を引くシックなデザイン、好感が持てます。
架線柱の間を抜いての撮影のため、縦構図で撮影しましたが、ちょっとアレですな(汗)。

d0144549_20495871.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
5624M 2016年10月3日(月) JR播但線福崎~溝口間にて
周辺トイレ:なし

溝口よりに移動し、続行の5624Mを狙いました。
こちらは、朝一番で運用を確認したBH8編成です。
銀の馬車道ラッピング電車三兄弟なき後、地味になった播但線ですが、このようなワンポイントのアクセントが付くだけで印象が変わりますね。

d0144549_20540783.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
5617M 2016年10月3日(月) JR播但線福崎~甘地間にて
周辺トイレ:なし

BH4編成の折り返し5617Mは、甘地の千束カーブで。
道路の幅員が拡幅され、ガードレールで囲われた安全な場所から狙ってみました。
まだ稲刈りが行われていないので、晴れていたら綺麗だったでしょうが、この時は小雨が降っていました。

d0144549_20575346.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
5630M 2016年10月3日(月) JR播但線甘地~福崎間にて
周辺トイレ:なし

甘地駅南の第四種、千束嶽踏切へ移動。
BH8編成は4両編成のまま下ってくるので、後追いで狙うしかありませんが、これと鶴居駅で交換し、BH4編成が上ってくるので、BH8編成の5621Mの後追いで試し撮りして構図を確認し、BH4編成の5630Mを撮影しました。
当初は鶴居駅で両編成の交換を撮影しようかと思ったのですが、停車位置がかなりズレて“顔”が並ばないのでパス、甘地駅を出てきたところを狙いました。

d0144549_21044515.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
5632M 2016年10月3日(月) JR播但線溝口~香呂間にて
周辺トイレ:なし

最後は、帰宅途中に後から追いかけてくるBH8編成を。
地元も地元、子供のころから走りまわって遊んでいた場所での撮影です。
すぐそばに母校の中学校があり、合唱が聞こえていました。
編成の向こう側、かつては何もなかったところが、広範囲にかさ上げされて宅地化され、昔とかなり変わってしまいました。
14系アコモ車使用の「マリン但馬」や、花博PRテールマークを付けた12系1000番代などを撮影した頃が懐かしく思い出されます。
キハ58・28系5500番代を経て、103系3500番代の登板から早18年・・・、月日が流れるのは早いですね。


by 95219522 | 2016-10-03 21:14 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://c561609521.exblog.jp/tb/23529258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< No.40 「秋らしさを求めて...      播但線全通100周年の思い出 >>