ケン坊の播但線通信2018

c561609521.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 26日

No.32 「収穫の秋はすぐそこに」 8月22日号

本日2本目です。
本題に入る前にお知らせを一つ。
以前少し触れましたが、このたび神河町商工会大河内支所にて、私が撮影した写真を展示してくださることになりました。
といっても、何十点と展示して皆さんに大々的にご覧いただくものではなく、大河内支所を訪れたお客様に楽しんでいただければとのご意思で、季節毎に2点を基本に入れ替えて展示していただくというものです。
早速本日、9・10月分として2点をお渡ししてまいりました。
1点は今回の写真展でもご紹介したものですが、もう1点は今回新規に選んだものです。
訪ねれば見せていただけるとは思いますが、業務をなさっておられますので、見てやろうという方(笑)がもしあるようでしたら、伺っていただきますようにお願いをいたします。

さて、写真展を終えた翌22日は、秋を思わせる上層の雲が空に浮かび、清々しさを感じる朝でスタートしました。

d0144549_20064871.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
220D 2016年8月22日(月) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

山に入ってしまうと空を主題にできないので、鍛治地区より大河方面を望みながら空を見上げてみました。
やって来た220D、この日はラッピングの銀馬車・鉱石号でした。
好きな気動車なので最高!

d0144549_20104267.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
225D 2016年8月22日(月) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

225Dとしてすぐに折り返して来る銀馬車・鉱石号、先ほどのポイントで寺前方面を向いて撮影しました。
こちら向きで見る空も本当に綺麗でした。

d0144549_20141414.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
224D 2016年8月22日(月) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

広い畦道にお邪魔しました。
歩みを進めると、私のすぐ前でカエルたちが、驚いたように「チャポン、チャポン!」と田んぼの水に飛び込みます。
先ほどより雲が多くなってきましたが、光線をさえぎることなく、224D通過を迎えました。
稲穂は黄金に輝き、里が一番綺麗な時期を迎えていました。

d0144549_20194368.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
229D 2016年8月22日(月) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

再び鍛治地区へ戻り、229Dを。
先日要検に合わせて乗務員扉の改造が施され、再塗装されたピカピカのキハ41 2002が充当されました。
寺前の採石場をバックに、逆光で輝く稲を取り入れて記録しました。

d0144549_20241327.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
上:1228D 下:9646D 2016年8月22日(月) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし
d0144549_20264343.jpg

銀馬車・鉱石号の1228Dは栗地区で。
害獣除けネット越しに、稲と空を入れて記録しました。
この時間になると、寺前方面には大きく高い入道雲が発生するなど、空模様はすっかり夏のそれに逆戻りしていました。
1228D撮影後、折り返し231Dは少し場所を移動して撮影。
9646D「天空の城 竹田城跡号」は1228Dと同じ場所から撮影しました。
ここの風景も非常に綺麗で、ずっと眺めていられる・・・、好きな場所です。
この後あっという間に雲が広がり、生野方面では雨が降っていそうな感じ。
回復しなさそうなので帰宅しました。


by 95219522 | 2016-08-26 20:34 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://c561609521.exblog.jp/tb/23436147
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< No.33 「稲穂色付く播但線...      No.31 「大雨の夜が明けた... >>