ケン坊の播但線通信2018

c561609521.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 12日

No.30 「安心してください、撮ってますよ!!」 8月6・7・11日合併号

ちょっと古くなったフレーズをもじってタイトルを付けてみました(^-^)。
写真展開催中は時間を掛けて撮影する機会が少ないのですが、会場に入る前のほんのひと時、撮影を楽しんでおります。
少し遅くなりましたが、6・7日の撮影分と、昨日の記録をご紹介します。

d0144549_1151353.jpg

Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
227D 2016年8月6日(土) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:大河地区公園公衆トイレ

この時期になると、写真展でもご紹介している川霧を気にして、下市川橋りょうをのぞいています。
この日も真っ先に向かいましたが、薄ら霧が確認できる程度でした。
まもなく224Dが峠を下りてくるので、ここで撮影し、南下。
大河地区の田んぼの稲が逆光に輝いていたので、折り返し227Dの和田山方先頭に連結されている、ラッピングの銀馬車・鉱石号を、流し撮りで撮影してみました。
三脚を使っての流し撮り、あまりうまくはありませんが、まぁこんなこんかな(笑)。

d0144549_11124756.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
225D 2016年8月7日(日) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:浄化センター前公衆トイレ

6日は午後6時頃から猛烈な雨が降り、播但線も数時間運転見合わせとなりました。
翌7日は快晴、これは川霧が期待できる!!と、下市川橋りょうへ急行しました。
右へ左へ蛇行する旧街道を進み、カーブを曲がって下市川橋りょうが見えました。
朝日を真正面から受け、白く霞んだ国境の景色、最高でした。
まずは225Dを撮影。
ファインダー越しに見える景色は非常に幻想的でした。
この後、2両編成の224Dも撮影しましたが、こちらも良い記録となりました。

d0144549_1121689.jpg

Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
9621D 2016年8月11日(木・祝) JR播但線溝口~福崎間にて
周辺トイレ:なし

この日は、非電化区間でお馴染のキハ40 2007「天空の城 竹田城跡号」用リニューアル車を使用した、「竹田城跡号車両で行く竹田城跡と余部橋梁(空の駅)への旅」ツアー専用の団体臨時列車が姫路~竹田・八鹿~浜坂間で運転されました。
このうち、播但線姫路~寺前間は同車両初入線ということで、夜勤帰りに記録してきました。
姫路への送り込みには間に合いませんでしたが、本運転には余裕で間に合いました。
最初は高橋の陸橋に行きましたが、すでに先客がある上、雑草で荒れ放題。
撮れないと即座に判断、西治地区のバス停前に移動しました。
こちらも先客がありましたが、邪魔にならないことを確認し、カーブへ傾く車体の正面を狙うことに。
到着後、数本の103系3500番台の普通列車や2D「はまかぜ2号」で構図を確認、電化区間であることを強調するため、あえて手前の架線を支える梁を入れて撮影しました。
ヘッドマークが付いてたらもっと良かったのですが、贅沢ですね。
「天空の城 竹田城跡号」ではなく「団体」幕掲出も今回が初めてではないでしょうか。
電化区間へのキハ40・47系列の入線は、姫新線キハ122・127系運用開始直後(だったと記憶)のキハ47×2の転属回送回送以来。
客扱いでは、生野町の銀谷まつりに合わせた臨時普通列車「銀谷まつり号」(2004年が最後か?)以来の運転となります。
見慣れた車両も、電化区間で見るとまた新鮮です!


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

◎写真展開催のお知らせ◎

「播但北線の四季 ‐第八回藤原賢吾「播但線」写真展‐」

開催場所:神河町観光交流センター「カーミンの観光案内所」多目的ホール
開催日程:7月24日(日)~8月21日(日) 但し水曜日休館
開催時間:午前9時~午後5時 但し最終日は午後2時まで
入場・観覧無料


by 95219522 | 2016-08-12 11:42 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://c561609521.exblog.jp/tb/23392953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 今日もおります      今日も! >>