ケン坊の播但線通信2018

c561609521.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 23日

No.22 「気温上昇!!播但線」 5月20・21日合併号

20日朝、夜勤明けで帰宅し、妻が歯科に出かける間、子守りをしていると、工臨が来るらしいとの一報が入りました。
妻の帰宅後、カメラを持って北上。
寺前駅でダンプカー入り口にロープが張られているのを確認し、運転は確実と判断、あまり北上出来ないので、為信地区へ登る山道で待つことにしました。

d0144549_2355755.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
工8690レ 2016年5月20日(金) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

気温はグングン上昇し、少し動くだけで汗ばむ状態。
空に浮かぶ雲は夏の様相でした。
正午ごろになると、数名の方がいらっしゃいました。
やがて、長谷駅へ入線するDE10の前照灯が見え、エンジン音が近付いて来ました。
木立を抜け、為信地区へ続く直線を軽快に下る工臨編成を撮影しました。

d0144549_236763.jpg

Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
工8691レ 2016年5月20日(金) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

午後に少し用事があったので帰宅。
夕方、工臨が工8691レのスジで北上する確証はなかったのですが、取りあえず行ってみようと思い、北上。
寺前駅までやって来ると、DE10が連結を行っていました。
工8691レ運転確実なので、大河地区の踏切脇で構えました。
山間のため、どんどん暗くなって、シャッター速度を稼げない状況に。
シャッター速度が遅くても正面がちに狙えばブレることはないので、踏切に寄って撮影することに。
定刻、「ビー・・・」という大きなエンジン音を響かせ、編成がやって来ました。
黒いホキ800の上部には、真っ白なバラストが確認できました。
ゴーストが出てしまいましたが、こればっかりは・・・(^-^;)。
2エンドが前なので、鼻デッカチにならずにすみました。

d0144549_2362666.jpg

Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
225D 2016年5月21日(土) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

明けて21日、6時に目覚めてカーテンを開けると空は快晴。
顔を洗って出発です。
播但沿線は麦畑が多く、黄色く色づいて麦秋を迎えています。
まずは鍛治地区の麦畑を主役に。

d0144549_2364690.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
227D 2016年5月21日(土) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

少し移動して224D、6両に増結の2D「はまかぜ2号」を撮影し、224Dの折り返しとなる227Dを撮影しました。
青空が何とも清々しいですが、実際はこのときすでに結構暑かったんです。

d0144549_2371113.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
229D 2016年5月21日(土) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

生野で朝昼兼用の食事を済ませ、栗地区に戻って来ました。
田植えが終わり、私の好きな風景が広がっていました。
首都圏色のキハ41の単行がやって来るので、田んぼ・山・青空を入れて撮影。
首都圏色は本当に、日本の里の風景にマッチします。

d0144549_2374094.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
1228D 2016年5月21日(土) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

すぐ近くの畦道、なぜか田んぼにせり出して木が植えられていました。
田植えや稲刈りのときに手間だと思うのですが、何か理由でもあるのでしょうか。
ちょっと変わって特徴的だと感じたので、バックに単行の気動車を入れて。

d0144549_2375764.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
9646D 2016年5月21日(土) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

再び鍛治地区に戻って来ました。
麦畑に挟まれた道路に陣取り、寺前駅方面を向いて1D「はまかぜ1号」を撮影。
同じ場所から反対を向いて9646D「天空の城 竹田城跡号」を撮影しました。
山の緑はまだまだ若く、広がる麦畑が本当に綺麗で、椅子があれば夕方まで座っていられそうな風景でした。

d0144549_2381359.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
1233D 2016年5月21日(土) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

渕地区へやって来ました。
民家の軒先に菖蒲が咲くのですが、訪れたのが遅くて萎れてしまっていました。
なので、少し引いて、民家と水が入った田んぼを入れて、皐月の里を表現してみました。
首都圏色の気動車の方が良かったかな(汗)。

d0144549_2383173.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
1234D 2016年5月21日(土) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

間合い運用で和田山に向かった「天空の城~」の折り返し1234Dも渕地区で。
田んぼの水が澄んでいたので水鏡狙いだったのですが、絶えることなく心地よい風が吹き抜け、水面を揺らすので、逆手に取って涼しさを表現できるかなぁと思い、撮影してみました。
もっともっと揺らいでくれるとよかったのですが。

d0144549_2385075.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
上:3D 下:9647D 2016年5月21日(土) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:大河地区公民館公衆トイレ
d0144549_239421.jpg


最後は大河地区で。
風はあるのですが日差しが強く、暑くて暑くて・・・。
夕方のニュースで知ったのですが、この頃福崎で県下最高の30.9℃を記録していたようです。
さて、カメラをセットしそうこうしているうちに、ふと時計を見ると14時。
普通なら3D「はまかぜ3号」が通過しているはずなのですが、一向にやって来る気配なし。
スマホで運行状況を確認してみると、寺前駅で線路を確認したらしく15分遅れで運転との一報が。
14時10分頃、ようやく通過して行きました。
続く9647D「天空の城 竹田城跡号」も15分遅れか、はたまた運休として続行の1237Dに増結か?と色々考えていましたが、結局9647Dも15分遅れで通過しました。
回復運転をしているようで、いつもより少し速度が速いようでした。

1日で、顔も腕も真っ黒になった撮影でした。


by 95219522 | 2016-05-23 03:33 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://c561609521.exblog.jp/tb/23164906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< No.23 「里山から 電機を...      No.21 「夜空、団臨、播但... >>