ケン坊の播但線通信2018

c561609521.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 02日

No.1 「撮り初めはやはり播但線!!」 1月1日号

ご覧の皆さま、あけましておめでとうございます。
2016年も「ケン坊の播但線通信」をよろしくお願いいたします。

さて、私の撮り初めですが、昨年は山口線遠征でしたが今年は播但線!
はまかぜ三昧の1日となりました。

d0144549_2245957.jpg

Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
222D 2016年1月1日(金) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

前日夕方から雨が降ったせいで、路面凍結箇所が結構あり、スタッドレスを履いていてもフラフラする始末。
恐る恐る運転し、重行地区までやってきたところで、222D長谷発車までほんの数分というところでした。
重行地区公民館に滑り込み、長谷発車を撮影。
山の表情が私好みでした。

d0144549_22121460.jpg

Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
2D 2016年1月1日(金) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:大河地区公民館公衆トイレ

沿線は濃い霧に包まれていましたが、8時頃になると晴れてきました。
日差しもあり、この分だと2D「はまかぜ2号」第一市川橋りょう通過時にオレンジの陽が射すのではと思い、先日と同じく道路の法面に。
しかし、北から次々と雲が流れ込み、2D通過時は見事に陰ってしまいました。
霧もないし、なんの変哲もない写真に(涙)。

d0144549_22165868.jpg

Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
227D 2016年1月1日(金) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:大河地区公民館公衆トイレ

2Dを撮り終えた直後、陽が射し始めました。
大河カーブに目をやると、バックの山が逆光で良い雰囲気を醸し出しているので、銀馬車・鉱石号が先頭の227Dを撮影。
満足の一枚となりました。

d0144549_22212670.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
226D 2016年1月1日(金) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

長谷周辺ではまだ霧が残っていたので、為信俯瞰へ向かう途中から、霧に煙る山をメインに226Dを撮影。
霧の流れが速くて霧がどんどん流れて行く中、一番良いタイミングで撮影できたと思います。

d0144549_22265739.jpg

Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
1228D 2016年1月1日(金) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

226D撮影時、木々の切れ間から一瞬列車が見える箇所があることに気付きました。
広葉樹が葉を落とし、杉が色濃い冬らしい光景を、目立つ首都圏色キハ41と絡めて。

d0144549_22311417.jpg

Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
1D 2016年1月1日(金) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:大河地区公園公衆トイレ

2本目のはまかぜとなる1D「はまかぜ1号」は、逆光になることを期待して、大河カーブのアウト側にスタンバイしました。
相変わらず、上空は雲が流れ続けています。
通過直前になり、ひときわ大きな雲が流れて来、辺りは陰ってしまいました。
そのまま晴れることなく1Dは通過・・・、なかなかうまくいかないものです(^-^;)。

続きはNo.2へ。


by 95219522 | 2016-01-02 22:36 | 播但線 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://c561609521.exblog.jp/tb/22731869
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wahaha at 2016-01-02 23:01 x
あけましておめでとうございます。
今年も播但線には何度も通わせていただくつもりですので、
ケン坊さんのブログで撮影地を勉強させてください!
当方、緑の作業ズボンの青メガネです。
沿線でお会いできる日を楽しみにしております!!
Commented by 95219522 at 2016-01-03 19:40
>wahahaさん

ようこそ!
私が撮影に出るのは平日がほとんどですが、お会いしたときは是非(^_^)
撮影ポイント、是非参考になさってください。


<< No.2 「撮り初めはやはり播...      No.63 「はまかぜ号で撮り... >>