ケン坊の播但線通信2018

c561609521.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 10日

No.56 「往復だよ?!播但・山陽線」 12月8日号

播但線の観光列車「天空の城 竹田城跡号」の今シーズンの運転が12月10日で終了しますが、撮影できるのが8日が最後ということで、これを記録しつつ、全検でトワイライトエクスプレス色に塗り替えられたEF65 1124号機牽引の「特別なトワイライトエクスプレス山陽コース」の復路も記録してきました。

d0144549_2304672.jpg

Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
9646D 2015年12月8日(火) JR播但線竹田~青倉間にて
周辺トイレ:なし

久しぶりに竹田~青倉間の陸橋へ。
竹田城跡がある山が紅葉していたので、陽が当たることを期待して撮影することにしましたが、空は厚い雲に覆われたままで、終始暗~いままでした。
晩秋を過ぎ、初冬の装いの但馬地方、この季節特有の空模様と言ってもいいでしょう。
石垣には人影が全く見えませんでした。

d0144549_2305817.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
9646D 2015年12月8日(火) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

生野峠を越えて播磨へ。
神河町内の風景はまだ晩秋です。
前回撮影した紅葉、まだまだ青い葉が目立っていましたが、ほんの数日で真っ赤になっていました。
逆光で撮影する方が綺麗に写るのですが、列車の進行方向から順光側からの撮影としました。
バックの山の杉の色が濃さを増し、冬の訪れを感じさせます。
播但線での撮影はここで一旦終了。
山陽本線市川橋りょうへ移動します。

d0144549_231910.jpg

Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
9040レ 2015年12月8日(火) JR山陽本線姫路~御着間にて
周辺トイレ:公園公衆トイレ

鶴居で給油し、福崎~花田間を播但道でワープ、市川橋りょうにやって来ました。
時刻は12時を少し回った頃でしたが、すでに多くのファンが集まっていました。
私自身は撮影スペースの一番線路寄りから機関車重視で撮影しようと考えていたのですが、入れるはずもなく・・・、適当な場所に陣取りました。
何本か列車を撮影し、通過時刻を迎えました。
姫路駅方面、建設中の東姫路駅の向こうに前照灯が見え、前面窓回りが黄色く塗られた車両が近付いて来るのが確認できました。
紛れもなく、トワイライト色のEF65 1124号機です。
ピカピカの同機牽引による「特別なトワイライトエクスプレス」、何とか記録できました。
クリアテールはやはり違和感がありますね(^-^;)。
車体下部に巻かれた黄帯には、客車のそれ同様に細い白の縁取りがしてありました。
ヘッドマークは新品なのでしょうか?結構綺麗でした。
通過後すぐに片付けて、再び播但道でトンボ帰り!!

d0144549_2312110.jpg

Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
9647D 2015年12月8日(火) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

大河地区に戻ってきました。
バックの山に紅葉した木々が映えるので、第一市川橋りょうを渡ってカーブを曲がり行く9647D「天空の城 竹田城跡号」を狙いました。
太陽はすでに西の山の向こうに沈み、なおかつ空は厚い雲で覆われているためにかなり暗くなっていましたが、バックの紅葉は何とか(^-^)。

今シーズンは、内装リニューアルに始まり、GWの銀馬車・鉱石号との併結、SWの首都圏色キハ41との併結&城崎温泉延長運転、10月以降の延長運転継続&土・休日のキハ47併結と話題を提供してくれた「天空の城 竹田城跡号」、来シーズンはどんな変化が見られるのでしょうか。


by 95219522 | 2015-12-10 03:08 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://c561609521.exblog.jp/tb/22635320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< No.57 「晩秋~初冬......      No.55 「冬近し播但線」 ... >>