ケン坊の播但線通信2018

c561609521.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 09日

「おかげさまで5年目突入!!」の巻

2008年1月8日、「ケン坊の気まぐれ撮り鉄日誌」として開設以来、4周年を迎え、5年目に突入することができました。
応援下さる方、ご覧下さるすべての方にお礼申し上げます。
本当にありがとうございます。
総アクセス数は今現在で157、679回にも達しております。
播但線の記録に重点を置いた、一風変わったブログではありますが、今後ともよろしくお願いいたします。

さて、ここからはいつも通りの播但線通信です!
本日は午前中のみでしたが、雪を求めて非電化区間に行ってきました。

d0144549_162093.jpg

青い夜明け
Canon EOS-1Ds Mark III / EF24-70mm f/2.8L USM
1223D 2012年1月9日(月) JR播但線新井~青倉間にて
周辺トイレ:なし

5日、ラッピングの銀馬車・鉱石号が播但線に戻ったのを確認していましたので、本日の同車は5日目の運用、1220Dからの運転です。
寺前駅で編成を確認できるよう、時間を逆算して家を出発。
寺前駅で銀馬車・鉱石号を確認しました。
長谷周辺には雪がありませんでしたので、そのまま北上。
新井駅を過ぎると、4日に降った雪がたくさん残っていました。
だんだん明るくなる中、夜明けをイメージして1223Dを撮影。
遥か後方、生野の山も雪化粧していました。

d0144549_16275150.jpg

夜明けのグラデーション
Canon EOS-1Ds Mark III / EF24-70mm f/2.8L USM
1224D 2012年1月9日(月) JR播但線青倉~新井間にて
周辺トイレ:なし

撮影後に道路を歩いていると、東の空、山の上辺りがオレンジ色に染まっていました。
青かった空は見事なグラデーション。
1223Dと竹田駅で交換する1224Dを待ち、撮影しました。
折り重なる山々はまるで水墨画のよう・・・。

d0144549_16325659.jpg

寝雪の鉄路
Canon EOS-1Ds Mark III / EF70-200mm f/2.8L IS USM
2D 2012年1月9日(月) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

2D「はまかぜ2号」はお馴染の川尻カーブへ。
ただし今朝は、4日の雪が残っていて冬らしさ満点でした。
変哲のない写真ですが、雪があるだけで随分と雰囲気が変わりますね。
2Dは軽快に峠を下りて行きました。

d0144549_16382819.jpg

冬の橋りょう 1
Canon EOS-1Ds Mark III / EF24-70mm f/2.8L USM
8051D 2012年1月9日(月) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

続いては8051D「かにカニはまかぜ」です。
渕大カーブの内側に降りての撮影です。
編成をとらえるべきでしょうが、ケン坊流に遊んでみました(笑)。
生野高原を抱く山に雪が残っているのが見えたので、橋りょう下に山を入れ、通過する8051Dを撮影しました。
通過数秒前、奇跡的に日が射して列車と橋りょうは順光、バックの山は日が射さずに暗い・・・、冬の生野峠らしい複雑な空模様を読み取れる1枚となりました。

d0144549_1647667.jpg

寒波の名残
Canon EOS-1Ds Mark III / EF24-70mm f/2.8L USM
1229D 2012年1月9日(月) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

8051Dが通過すると、今度は1229D。
今日は銀馬車・鉱石号の充当です。
先ほど8051Dを撮影したのとほぼ同じ位置からの撮影です。
ここへ来る河原で熊らしき真新しい足跡を発見し、近くで冬ごもり(熊は冬眠しません)しているのかなぁとビクビクしていましたが、撮影となると・・・(笑)。
冬枯れの木々の根元に降り積もった雪、何とも寒々しい光景です。
先日の寒波の名残と言うべきこの光景を、愛くるしい銀馬車・鉱石号と絡めて撮影しました。

d0144549_16544285.jpg

冬の橋りょう 2
Canon EOS-1Ds Mark III / EF24-70mm f/2.8L USM
1229D 2012年1月9日(月) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

上を撮影後、自分の真横にある橋りょうにカメラを向け、8051Dとは違う構図で撮影しました。
今度は日が当たらず、今にも雪が落ちてきそうな空模様となりました。
この、いかにも寒そうな光景も冬の生野峠ならではだと思います。
今日の撮影はここまで。
このお会いしましたhamakazeさん、愛想なしで失礼しました(汗)。


by 95219522 | 2012-01-09 16:59 | 播但線 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://c561609521.exblog.jp/tb/15243333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hamakaze at 2012-01-09 19:49 x
5年目突入おめでとうございます。
撮影場所、表現方法などすごく勉強になります。

ケン坊さんとお話しするたびに、作品に対する思い入れの強さ、行動力には感服いたします。
恥ずかしながら、私は本日寝坊してしまい2号が撮影できず、かにかににもギリギリという醜態です。
すごく反省した一日でした・・・
あと、ケン坊さんの潔さはすごいです。

撮影地に知り合いの方がいるのはすごく心強いものですね。
Commented by Sagano at 2012-01-10 22:04 x
大変ご無沙汰しております。
今年も訪問させて頂きますので、宜しくお願いします。

渕の橋梁のアングルは初めてみるので、新鮮に感じます。
8051Dのカットは列車が空に浮かんでいるように見えました。

今冬は山陰本線を中心に活動しています。
8051~8052Dは浜坂までの営業ながら、回送で鳥取県の岩美まで入線しており、
先週追いかけてきました。

普段は2D・5Dしか撮れない区間ですから、日中にこの区間を行くキハ189系が撮れるのは、
美味しいなと思ったりします。

しかし、昨年の181系末期のフィーバーに比べると、ひっそり静まり返っていましたが(;^^A
Commented by Sagano at 2012-01-10 22:10 x
すみません、大事な言葉を忘れていました。
5周年おめでとうございます。

今後も素晴らしいお写真を拝見出来ることを楽しみにしています。
Commented by 95219522 at 2012-01-11 09:05
>hamakazeさん

当日はどうもでした。
暗いうちからウロウロしてまして、行くところもあり、8051Dで終わりとしました。
冬はやはり朝の撮影がいいですよ、播但は。
雪がなくても霜が降りていれば絵になります。
がんばって早起きしてください(笑)。
ブログは5年目に入りましたが、いままで通りのスタイルで続けていこうと思っていますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。
あ、今度は日曜日に出るつもりです!!
Commented by 95219522 at 2012-01-11 09:09
>Saganoさん

温かいお言葉、ありがとうございます。
5年目も、今までと変わらず気まぐれに続けていこうと思っています(笑)、どうぞよろしくお願いします。
渕の橋りょう、銀馬車・鉱石号の構図なんて、信州のように見えませんか(^-^)。
機会があればぜひどうぞ。
今の播但は静かで、のんびりと撮影できますよ!!


<< 「アッと驚く!播但線」の巻      「力持ちだヨ!播但線」の巻 >>