ケン坊の播但線通信2018

c561609521.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 11日

「太鼓が響いた播但線」の巻

播但線沿線、特に電化区間沿線では8・9日に秋祭りが行われました。
屋台が出て村中を練り歩き、近隣地区との競演もあったりと、子供から大人まで楽しんだことでしょう。
獅子舞も見かけました。
私の住んでる土地には「樽かき」という伝統行事がありますが、就職してからは同級生が転居したこともあって祭りには出ておりません(汗)。
8日は朝から深夜まで、9日は夕方から翌朝、10日も夜勤と、まるで祭りとは無縁な生活を送っておりました。
まぁ、昼間に太鼓の音で目が覚めて全く寝れず、辛い思いだけはしました(^-^;)。

d0144549_14555328.jpg

幟が並ぶ
Canon EOS-1Ds Mark III / EF24-70mm f/2.8L USM
上:5611M 下:2D 2011年10月11日(火) JR播但線新野⇔寺前間にて
周辺トイレ:なし
d0144549_14565839.jpg


勤務を終え、ススキ目当てに姫路バイパス~播但道を走り、新野へ。
しかし日射しがなく、思ったほど穂の輝きがありません。
あちこち見て回ると、比延地区の日吉神社前に幟が立ち並んでいました。
日吉神社と言えば、男性が花嫁衣装で長持ちに乗る「とんぼ」で有名ですが、たしか10月の第三土・日に行われると思うので、今週末がお祭りでしょうか。
幟が出ているのもうなずけます。
さて、この幟と列車を絡めて撮影しようと考えましたが、なかなか難しい。
まずは引きで5611Mを撮影、続いて幟を見上げるようにして2D「はまかぜ2号」を撮影しました。
これも、日本の秋を代表するものですね。
幟はすべて向こうを向いているのが残念でした。

話は変わって、夏にご紹介したスライドショー「我が故郷の播但線」の第3弾を制作しました。
今回は7月から9月下旬までをまとめています。
シンプルに仕上げていますが、お楽しみいただければと思います。




by 95219522 | 2011-10-11 15:12 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://c561609521.exblog.jp/tb/14735686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「祭りだ!女形だ!?播但線」の巻      「無理して出ても・・・播但線」の巻 >>