2011年 10月 06日
「無理して出ても・・・播但線」の巻
禁煙を初めて3か月が経過しようとしています。
診療所の先生のお話では、体調が良くなってくる時期だそうですが、あっちもこっちも調子が悪い(涙)。
一番辛いのが鼻。
鼻炎だと思うのですが、血が混じった鼻水が出て、つっぱる感じがする。
しかも詰まるし熱っぽいし。
耳鼻科を受診しようと走り回ったけど、木曜はどこもお休み。
仕方なく掛かり付けの内科を受診し、軟膏を処方してもらいました。
家でおとなしくしてればいいのですが、気晴らしにと北上しました。

d0144549_19203674.jpg

華やかな一瞬
Canon EOS-1Ds Mark III / EF70-200mm f/2.8L IS USM
1234D 2011年10月6日(木) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:大河地区公園公衆トイレ

先日来撮影している大河地区のコスモス畑にやって来ました。
本日1日目の運用で、単行で行き来した首都圏色キハ40の日中最後の列車1232Dには間に合わず、続く豊岡色車の1235Dはお見送り。
次にやって来るのは1234Dですが、ラッピングの銀馬車・鉱石号かもう1両の首都圏色キハ40が来てくれたら・・・と待っていると、やってきた1234Dは銀馬車・鉱石号でした。
上空の雲が切れ、抜群の日射しがコスモスと銀馬車・鉱石号を照らしてくれました。

d0144549_1928425.jpg

花浮かぶ
Canon EOS-1Ds Mark III / EF70-200mm f/2.8L IS USM
3D 2011年10月6日(木) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:大河地区公園公衆トイレ

1234Dが寺前へ降りて行くと、約6分後に3D「はまかぜ3号」が登ってきます。
わずかな時間を利用して、ほんの少しだけ横へ移動。
コスモスの花をより大きく撮影することにしました。
さぁ来い!と、待てど暮らせどやって来ない・・・。
午後2時10分頃、これ以上ないという日射しが。
今のうちに来てくれ!と祈りますが、あっという間に暗くなってしまいました。
午後2時15分、もう少しすれば陽が射すぞと期待した瞬間、踏切の警報音が聞こえ、3Dがやってきてしまいました。
通過直後、さ~っと陽が射しました(汗)。
悔しい思いをしながら、撮影した写真を確認。
すると・・・、緑の中に赤やピンクや白の花が、まるで浮かんでいるかのように映っている。
これはこれでいいやん!と、すんなり納得したケン坊でした。
ちなみに今日の3Dは約30分遅れ。
JR神戸線での線路・車両点検の影響を受けた模様です。

d0144549_19412552.jpg

見送るコスモス
Canon EOS-1Ds Mark III / EF24-70mm f/2.8L USM
1237D 2011年10月6日(木) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:大河地区公園公衆トイレ

同じポイントに居座り(笑)、1237D~回831Dで豊岡へ戻る銀馬車・鉱石号を撮影することにしました。
運用6日目の気動車は、和田山行1237Dで播但線での運用を終え、豊岡へと回送されます。
無事に播但線での6日間を終えようとする銀馬車・鉱石号、それを「お疲れ様!」と見送るコスモス・・・ということを頭に置いて撮影しようとしましたが、今ひとついい場所が見つからず、時間切れとなってしまいました。
もっとたくさんのコスモスを入れたかったのですが・・・、課題ができました!!

d0144549_19502611.jpg

まもなく見ごろ
Canon EOS-1Ds Mark III / EF70-200mm f/2.8L IS USM
5637M 2011年10月6日(木) JR播但線鶴居~新野間にて
周辺トイレ:なし

少し南下してススキを撮影することに。
播但線では、ススキと言えば新野。
新野と言えば・・・別にススキだけじゃない(笑)。
西日が射せば輝くススキを撮影できると思い、線路の東に陣取りました。
5644Mの姫路方編成が青の銀馬車2号であることを確認していたので、これを撮影するつもりでした。
その前に、5644Mと新野駅で交換する5637Mが通過しますので、これを撮影することに。
上空は大きな雲に覆われ、太陽は隠れてしまいました。
少し陽が射し、ススキがそこそこの色を見せてくれる中、後方より5637Mがやって来ました。
運よく黄緑の銀馬車3号でやって来た5637M、この時のススキの色が一番でした。
この後、5644M・4D「はまかぜ4号」と撮影しましたが、真っ暗けでした。

相変わらず体調がすぐれないので、今日はこれで引き揚げました。


by 95219522 | 2011-10-06 19:59 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://c561609521.exblog.jp/tb/14706506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「太鼓が響いた播但線」の巻      「ブルブル震える?播但線」の巻 >>