2011年 10月 02日
「ブルブル震える?播但線」の巻
はぁ、もっと気楽に生きられないものかと。
あかんもんは何やっても裏目裏目に出るもんで。
こりゃぁ、もちろん自分が悪いからなのでしょうが・・・、どんくさいなぁ。

d0144549_16575979.jpg

今日、長谷では秋祭りが行われていました。
写真は栗地区、お神輿を数人の子供が引いていました。
赤田地区からも太鼓の音と掛け声が聞こえ、為信地区では神社でお店が出ていたようです。
いいですね。
播磨のお祭りは威勢がよすぎる!
単に大騒ぎして酒飲んでケンカする口実にしか思えない。
私は、今日見た長谷のお祭りこそが、神々に収穫の感謝をする本来の姿じゃないかと思います。

d0144549_1762166.jpg

老木
Canon EOS-1Ds Mark III / EF70-200mm f/2.8L IS USM
1222D 2011年10月2日(日) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:大河地区公園公衆トイレ

今朝はどんよりと曇った嫌な空模様、おまけに冷え込んでいました。
何だか気分まで曇ってしまって。
何を撮ろうが考えていると、昨年も撮影した大河地区の柿の老木が目に留まりました。
葉を付ける力がないのに、数は少ないけど立派に実を付けている姿が何とも・・・。
「お前もがんばれ!」と言われてるようで(^-^;)。

d0144549_17141960.jpg

峠の柿
Canon EOS-1Ds Mark III / EF24-70mm f/2.8L USM
2D 2011年10月2日(日) JR播但線生野~長谷間にて(後追い)
周辺トイレ:なし

打って変わって、渕地区で見つけた柿の木は元気一杯。
葉も実もたくさん付けています。
まだ時期が早いですが、これから葉が色づき、落ち始めるといい雰囲気を醸し出すでしょう。
11月にはいい感じになっていそうです。
峠を駆け下りていく2D「はまかぜ2号」も存在感がありますね。

d0144549_17233323.jpg

日陰で健気に
Canon EOS-1Ds Mark III / EF24-70mm f/2.8L USM
1229D 2011年10月2日(日) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

先日から記録し続けてきた彼岸花。
陽の当たる個所はすでにピークを過ぎ、黒く萎れてしまいましたが、日陰の彼岸花は今まさに一番の輝きを見せています。
ひっそりと健気に咲く彼岸花もまた良し。

d0144549_17305731.jpg

新野の名物
Canon EOS-1Ds Mark III / EF70-200mm f/2.8L IS USM
1D 2011年10月2日(日) JR播但線新野~寺前間にて
周辺トイレ:なし

新野駅の鶴居よりから寺前駅にかけては播但線一のススキの名所で、毎年楽しみにしています。
今年もすでに、逆行に輝くススキが見られるようになりましたが、場所がいまひとつよろしくない。
まだ“頭を垂れる”ほどではないけれど、綿を付けて存在感を示し始めたススキを1D「はまかぜ1号」と絡めて撮影してみました。
列車は流してススキは止める・・・、列車の風圧でススキは激しく揺れますから、シャッター速度はあまり落とせない。
シャッター速度優先で1/100に設定、何とか納得の写真となりました。

家の用事で公休に続き2日間の休みをもらい、合間を利用しての3日間の記録。
何だか尻つぼみの感が残ってしまいました。


by 95219522 | 2011-10-02 17:41 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://c561609521.exblog.jp/tb/14677856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「無理して出ても・・・播但線」の巻      「秋空広がる播但線」の巻 >>