ケン坊の播但線通信2018

c561609521.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 08日

「“お休み”?あかん!!」の巻

先日の記事で、写真展が終わったら本当に少しだけのお休みを・・・と書きました。
写真展終了後は御礼状等の事後処理(って言い方も変ですが)があって、撮影どころではないんです。
そのためのお休みをと思って書いたんですが、写真展に来てくださった人生の大先輩に突っ込まれました。
「あんた“お休み”するって書いとぉけど、なんで?」
事情を言うと、
「ん~、そら分からんでもないけど、よっぽどのことがない限り、続けなあかんやろ。」
こうおっしゃるんです。
写真展に来てくださった方の中に、ブログを見てくれてる方が大勢いらっしゃる、その方々から楽しみを奪うような行為はダメだと。
少しオーバーやなと思いましたが、こう言われてしもたら休めませんわね(笑)。
もともと撮影は続けると宣言してることやし、休まず続けななぁと。
というこってすから、更新は今まで通りで頑張りま!!
それから、今回からは丁寧な言葉は他所へやって、普段の言葉で綴っていこう思てるんで、たのんます(^-^)。
読みにくかったら言うてください、元に戻しますんで。

d0144549_16213676.jpg

純白の花
Canon EOS-1Ds Mark III / EF24-70mm f/2.8L USM
1227D 2011年8月8日(月) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

写真展に出勤(笑)するより早よ起きて出発。
寺前には午前7時30分頃に着いてました。
それから長谷までの間を行ったり来たりして、結局は鍛冶地区まで戻って来て畑の花を狙ってみました。
1224Dは寺前よりから豊岡色+首都圏色やったので、折り返しを花と交えて撮ってみました。
後で神河町観光協会に寄ったら、所長さんが「朝、藤原さん見かけたって言ってましたよ」と。
スタッフの方が私を見かけたんやって(笑)。
たぶんここで撮ってるときやろなぁ、道路脇に座って撮ってたから(^-^)。

d0144549_1629515.jpg

夏の田舎の日常
Canon EOS-1Ds Mark III / EF70-200mm f/2.8L IS USM
1226D 2011年8月8日(月) JR播但線長谷~寺前間にて(後追い)
周辺トイレ:なし

続いて1226D、ラッピングの銀馬車・鉱石号と首都圏色キハ40の2両編成でくるはずやと思て待つことに。
ちょうど畑仕事がひと段落したお母さんが、畑の脇で休んどってやし、向日葵も咲いてるしで、ここで撮影しました。
狼煙が上がってんの(笑)、気にされるかも知れんけど、これがホンマの日常の光景や思うんで撮りました。
おもろい思うけど、皆さんはどない思てです?

d0144549_16402872.jpg

夏!!
Canon EOS-1Ds Mark III / EF24-70mm f/2.8L USM
1229D 2011年8月8日(月) JR播但線新井~青倉間にて
周辺トイレ:なし

銀馬車・鉱石号、寺前駅到着後に単行で和田山まで一往復するんで、これを撮ろう思てロケハン開始。
んで、見つけたんがこの向日葵。
ほとんどの花が“あっち向いてホイ”してる中、こっちを向いて“お兄さん、写して♡ ”みたいなのがあって(笑)、動けんようになってしまいました。
線路まで結構距離があるし、どないして撮ろうかとアレコレやっとぉ間に時間切れ。
真っ晴れやない、峠の夏らしい空と向日葵・・・、どないでしょう?

d0144549_16501789.jpg

隧道を抜けて、但馬へ
Canon EOS-1Ds Mark III / EF70-200mm f/2.8L IS USM
1D 2011年8月8日(月) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

南下してきて真名谷隧道生野側入口へ。
以前紹介した臨時回送列車脱線転覆事故があったんはここです。
写真を見たら分かる思いますが、かなりのカーブになってます。
時間的に1D「はまかぜ1号」が登ってくるんで、真名谷隧道から出てくる様を撮ってみました。
撮影してると、生野方面から競技用の自転車が2台来ました。
どうも若いご夫婦みたいでした。
競技用みたいなコスチュームでカッコ良かったなぁ。

d0144549_1659296.jpg

橋りょうを渡り、播磨へ
Canon EOS-1Ds Mark III / EF70-200mm f/2.8L IS USM
1230D 2011年8月8日(月) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

さっき撮った銀馬車・鉱石号、今度は1230Dになって南下してきます。
これは1Dと生野で交換するんで、1D撮ったら回れ右して1230Dを待ちました(笑)。
橋りょうの向こうには大福隧道があるけど、来るのが単行やし“飛び出し”を狙うんは無理。
なんで、橋りょうを渡ってくる様とバックに大福隧道が入るように撮ってみました。
真名谷隧道のポータルはコンクリートやけど、大福のそれは重厚な石作りでアーチだけがレンガ製。
明治時代の建築物ってレンガ製が多いから、石作りは珍しいんだそうです。

d0144549_17101276.jpg

夏空
Canon EOS-1Ds Mark III / EF24-70mm f/2.8L USM
2011年8月8日(月) JR播但線寺前駅にて
周辺トイレ:寺前駅、神河町観光交流センター

神河町観光交流センターでアイスコーヒー飲んで、駅待合室の様子を撮影。
出てきて空見上げたらいい感じやったんで、こんなお遊び写真を撮ってみました。

っちゅうわけで、今日の撮影はこれで終了!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0144549_1224546.jpg

黒田裕子 著/雑木社 刊 「播但線コトコト」

神河町観光協会で取扱中です、一部500円。
鉄道ファンではない、普通の若い女性が記した播但線のあれこれ。
特に女性に読んでいただきたい、温かいエッセイです。
写真展会場では岩田健三郎さんによる表紙絵と2つのエピソードをご覧いただけます。
重版決定!!


by 95219522 | 2011-08-08 17:15 | 播但線 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://c561609521.exblog.jp/tb/14304009
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 鴇羽兼成 at 2011-08-08 18:38 x
地元やからかしれませんが、ごっつ馴染みある文体で私はええと思いますよ(^-^)

新しく撮影しはった播但線の写真を見れて嬉しいですが、どうか無理せんと頑張ってください!
Commented by 95219522 at 2011-08-08 20:14
>鴇羽兼成さん

こないだはホンマにありがとう!
関西弁いうか播州弁いうか・・・、普段使ぉてるから違和感ないやんな。
せやけど、読みづらい言われたら言いかえせへんもん、やっぱ(笑)。
けど、おもろいと思うんで今後、たんまに本文で使うつもりやから、そん時を楽しみにしとってね。

>どうか無理せんと頑張ってください!

気ぃ遣ぉてもうて。
無理やないんで大丈夫ねんけど、作業が遅なるな・・・。
まぁ、ぼちぼちやりま(^-^)。

そうそう、兼成くんとこ、高いとこから人が落ちること「まくれる」って言う?
あと、お尚さんのこと「おっさん」って言う?
たぶん現・神河町だけちゃうかと思うんやけど・・・。
香寺では使わん言葉ねんけど。
Commented by 鴇羽兼成 at 2011-08-08 21:02 x
「まくれる」は時々つかいますよ(笑)
和尚さんのことは、「おっさん」よりも「ぼんさん」って言いますわ(^^)
Commented by 95219522 at 2011-08-09 18:04
>鴇羽兼成さん

「まくれる」って、どの辺から使うんかな?
新野辺りでは使ぉてるみたいやけど・・・。
「〇〇さん、まくれたったんやって」って言うやんね。

んで和尚のことを「ぼんさん」って、普通やん(笑)。
「おっさん」のイントネーションは、“お”が高くて“さん”が低いやけどね。
あと、方位を上(かみ)や下(しも)って言うやろ、おもろいよね。
Commented by 鴇羽兼成 at 2011-08-09 20:14 x
さぁ、どの辺りから使うんですかね?(笑)

よう考えたら、両親が「おっさん」って言ってたんを思い出しました(^-^;

言いますよね!
「救急車上がったで!」とか、いっつも言ってますわ。

昔の話で申し訳ないんですが、去年の4月8日の記事を見てて気がついたことがあるんです。
キハ189の連結面の屋根にある箱、実は放熱器じゃないんですよ(^^)
Commented by 95219522 at 2011-08-09 21:05
>鴇羽兼成さん

>よう考えたら、両親が「おっさん」って言ってたんを思い出しました(^-^;

やろ!やっぱり奥の方では使うんやで!!

>「救急車上がったで!」とか、いっつも言ってますわ。

これも言う!
「今救急車上がったで!どこやろ?」って言う(笑)。

>実は放熱器じゃないんですよ(^^)

そうや、放熱器は床下にあるもんね。
雑誌に設計図みたいなん載ってたけど、ほかしてしもた(汗)。
なんか、とてつもない“鉄ネタ”になってるでぇ。


<< 寺前駅待合室の様子です      多数のご来場、ありがとうござい... >>