ケン坊の播但線通信2018

c561609521.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 05日

残り2日です

いきなりですが、皆さん「山と川のあいだで」というブログをご存じでしょうか?
何年か前に一度見たことがあったのですが、神河町でも旧・神崎町側、越智谷の一番奥にある作畑・新田地区の歴史や言い伝え、暮らし等を綴っておられるのですが、これが結構面白いんですね。
作畑・新田は一度だけ行ったことがあるだけで興味もありませんでしたが、言い伝え・歴史に関する記事を拝見すると、グ~ッと引き込まれます。
先日、なぜか思い出して読みふけったのですが、翌朝の神戸新聞を見ると管理人さんの写真とともに紹介されていました。
女性だということは記事からもわかりますが、年齢を見てビックリ!!
ブログ内容から勝手に私より年上の方だと思っていました(笑)。
全く知らない方なので、勝手にここで紹介していいものかとも思いましたが、話題ということで。

さて本日も会場に常駐しましたが、時間があって暇なので(笑)携帯からチョコチョコ投稿しました。
まとめてご報告を。
昨日、神河町観光協会々長より提案いただいた、寺前駅待合室での展示について、昨日中にプリントを終えて本日午前中に額装。
数点を試しに展示してみました。
見辛いかもしれませんが、何とかなりそうでした。

午後3時頃、M山温泉H楽(笑)のバスが来て、おじさんおばさんたちが観光協会へ。
その中の数人がこちらに来られて芳名帳に記帳してくださいました。
出発されたあと、芳名帳を見ると記入欄が最後まで埋まっていました。
2冊目と交換し、観光協会へ報告するために確認・集計すると連名をお一人づつ数えて計168名のお名前を頂戴しておりました。
どうもありがとうございました!
様々な状況を鑑みて、来場者数の約1/3の方がご記帳下さっていますので、約500名に来場いただいたことになります。
何だか自分でも想像できないほどのことで驚いていますが、ありがたいと思っています。
残り2日間です、気になってるという方、是非ご来場ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「四季を駆ける播但線 -第5回藤原賢吾『播但線』写真展-」

開催場所:神河町観光協会「カーミンの観光案内所」多目的ホール (JR播但線寺前駅横)
開催日時:7月17日(日)~8月7日(日) (但し水曜日は休館)
開催時間:午前9時~午後5時 (但し最終日は午後2時まで)
入場・観覧 無料
私の会場常駐予定日 8月1~7日(3日は休館)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0144549_1224546.jpg

黒田裕子 著/雑木社 刊 「播但線コトコト」

神河町観光協会で取扱中です、一部500円。
鉄道ファンではない、普通の若い女性が記した播但線のあれこれ。
特に女性に読んでいただきたい、温かいエッセイです。
写真展会場では岩田健三郎さんによる表紙絵と2つのエピソードをご覧いただけます。
観光協会残数わずかです。早い者勝ち!!


by 95219522 | 2011-08-05 20:40 | 播但線 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://c561609521.exblog.jp/tb/14283074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 鴇羽兼成 at 2011-08-06 12:09 x
今日は美しい写真と楽しいお話、ありがとうございました(^^)
いい鉄分補給になりました(笑)
また機会があれば、よろしくお願いしますね!


<< 明日、最終日です      神河町に風が吹く >>