ケン坊の播但線通信2018

c561609521.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 15日

「聞こえる春の足音」の巻

=東日本大震災義援金関連=


「日本赤十字社」 「24時間テレビ 愛は地球を救う」

毎日放送される震災関連の報道番組。
原子力発電所の問題が大きく取り上げられていますね。
今回の地震・津波が人間の予想をはるかに超えるものだったことはよく分かりますが、人体に悪影響を及ぼす放射性物質を使う原子力発電所を作るなら、十分過ぎるくらいの配慮で設計・建設・運営されるべきだったのではないかと思います。
地震と津波だけで、被災地の方々は大変な思いをしておられるのに、その上放射能まで警戒しなくてはならないなんて、あんまりです。
東京電力の方々の尽力も分かりますが、一刻も早く避難指示を解除できるようにがんばっていただきたいものです。

さて、本日は黄砂の影響でしょうか、霞みがかった播但線でしたが、ダイヤ改正後初めての撮影に出てきましたのでご覧ください。

d0144549_19385770.jpg

咲き始めた大河の梅
Canon EOS-1Ds Mark III / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
1224D 2011年3月15日(火) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:大河地区公園公衆トイレ


今改正に伴い、撮影時に欠かせない自家製ダイヤグラムの平日版のみを作成しました。
播但線でも時間の変更が生じていますが、驚いたのは寺前以北の非電化区間。
2D「はまかぜ2号」とほぼ同時に寺前駅を発車して和田山へ向かっていた1227D、何と1224Dとして寺前駅に到着後、わずか8分で折り返すスジに変更されていたのです。
しかもこの1227D、長谷駅に約15分も停車し、1226D・2Dの2本と交換するのです。
改正前の1224Dは3両編成で、寺前到着後は5番線に入換の後、3両をバラして留置されていましたが、改正後はどうなっているのか・・・。
確認するため、咲き始めの梅と絡めることができるポイントへ向かいました。
豊岡より回送の後、1222Dから播但線運用に就く単行は首都圏色キハ40 2007でした。
1225Dとして北上するのを見送った後、南下してくるのが1224Dです。
やって来た1224Dはこれまでの3両編成ではなく2両編成でした。
寺前駅5番線の姫路側には銀馬車・鉱石号が留置されていましたので、寺前で夜を明かすのはこれまで通り3両ですが、1221D~1224Dは2両のみでの運転に変わったというわけですね。
さらに、時間が早まった1227Dはこの1224Dがそのまま折り返していきました。

d0144549_19543873.jpg

満開間近
Canon EOS-1Ds Mark III / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
2D 2011年3月15日(火) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:大河地区公園公衆トイレ


改正前、和田山で夜を明かし、1220D~1223D~1226D~1227Dと流れて和田山で昼寝をしていた2両編成がやって来る時間となり、先ほどと同じ梅の木を少し高い位置から狙ってみました。
やって来た1226Dは改正前と変わらず2両編成でした。
しかし、この編成が折り返していた1227Dは時間が早まっています。
寺前では編成がどうなるのか・・・、確認する前に1226Dの続行、2D「はまかぜ2号」を撮影しました。
梅にピントを置き、ボヤけていても茜のラインと2色の前頭灯はよく目立ちますね。
撮影後、寺前駅に行ってみると1226D充当編成は5番線に入り、バラされていました。

d0144549_2052087.jpg

霞む峠にて
Canon EOS-1Ds Mark III / EF70-200mm f/2.8L IS USM
1231D 2011年3月15日(火) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし


運用1日目の気動車運用、午前中は変わっていないようでした。
1228Dとして南下してきた首都圏色キハ40 2007は1231Dとして再び北上。
これを、先日来狙い続けている峠地区の梅園から撮影してみました。
同じ梅の木を狙っていますが、大分花が咲きましたね。
甘酸っぱいいい香りが辺り一面に広がっていました。
土地のおじいさんが来られ、いろいろと話をさせていただきましたが、この梅の木は約60年前に植えられたものだそうです。
60年前というと昭和25~6年頃ということになります。
長い間、ここからの風景を眺めてきたんですね。
今もいい香りを届けてくれる花を咲かせるこの木、ずっと元気で花を咲かせ続けてほしいなあ。

d0144549_20162320.jpg

満開の比延の梅
Canon EOS-1Ds Mark III / EF70-200mm f/2.8L IS USM
5636M 2011年3月15日(火) JR播但線寺前~新野間にて
周辺トイレ:はにおか運動公園


電化区間でも細かな改正が行われています。
11時36分に寺前を発車していた5636Mが12時02分に変更され、11時40分に寺前に到着する5627Mの編成が4番線に転線後、2番線和田山方に留置されていた編成が5627Mとして姫路を目指すようになっていました。
5636M充当の編成は赤の銀馬車1号。
「とんぼ」で知られる、新野は比延の日吉神社近くの梅がほぼ満開を迎えていたので、これと絡めて撮影してみました。
4月末には鯉のぼりが見られるポイント、今はいい香りを放つ梅が楽しめます。
虫たちも香りに誘われたのは、羽音が聞こえていました。

d0144549_20263977.jpg

「ボクの名前は飛出君」
Canon EOS-1Ds Mark III / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
2011年3月15日(火) 神河町大河地区にて


大河地区の歩道にこんなものがあります。
寺前駅前にもありますが、段ボール製の腕が風や自動車の風圧を受けてグルグルグル・・・と回るようになっています。
腕には製作所と商品名の判が押されていましたが、名づけて「飛出君」。
自動車の運転が速度を落とすことを目的としたもののようですね。
良い子のみんなは道路を渡るときは右・左をよく確認してね!

寺前駅ではピンクの帽子を被った20人くらいの園児たちが、先生に連れられて電車に乗り込んでいました。
先生を真ん中にし、両側に数名づつの園児がきちんと座っていたようで、窓からは中央に先生の後ろ姿、その両側にはピンクの帽子が並んでいました(笑)。
みんな先生の言うことをちゃんと聞いて、騒がずお利口さんにしてました。
どこかへ遠足にいったのかな?そう言えばリュックを背負い、水筒を下げていたような・・・。

空模様はいまいちだったけど、ほのぼのとできた半日でした。


by 95219522 | 2011-03-15 20:43 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://c561609521.exblog.jp/tb/13139030
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「雨に濡れても播但線」の巻      東日本大震災について >>