人気ブログランキング |

令和元年 ケン坊の播但線通信

c561609521.exblog.jp
ブログトップ
2019年 07月 14日

応募作品の展示について

お伝えしておりますJR長谷駅沿線投稿写真コンテストですが、募集が締め切られ、応募作品の展示が始まるとの知らせをいただきました。
本日より、長谷駅のすぐ近くにあります栗区公民館にて1週間展示されるということです。
応募作品の審査日程等はまだ未定とのことで、早くとも18日以降の発表になりそうとのことです。


# by 95219522 | 2019-07-14 12:34 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 08日

コンテスト募集延長!

告知していますJR長谷駅沿線投稿写真コンテストですが、主催者サイドの意向で、募集期間が延長されました。
応募をお考えで間に合わなかったという方、応募よろしくお願いします!
取り急ぎお知らせまで。


# by 95219522 | 2019-07-08 11:37 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 25日

No.22 「奇跡の復活!?竹田城跡号」 6月25日号


23日、竹田城跡号専用車だったキハ40-2007が1両で走ってたという情報が入りました。
目撃された時間から考えても運用1日目。
私は25日が休みなのでこの日は運用3日目となります。
今月初めに運用を離脱し、ずっと豊岡に留置されていたキハ40-2007、そのまま「うみやまむすび」に改装されると思っていただけに、まさかここに来て播但線定期運用に入るとは!
本当に最後になるかもしれないので、始発から撮影することに。

d0144549_16192757.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
220D 2019(令和元)年6月25日(火) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

前回の撮影同様に朝靄が出ていればなぁと思いながら長谷にやって来ました。
が、靄は掛かっていませんでした。
その代わり、山頂付近に雲が掛かり、上った太陽の光を受けて黄金に輝くとても綺麗な光景が広がっていました。
運用3日目は220Dの寺前方に連結されますので、先頭を務めるキハ40-2007をこの風景で撮ろうと決め、赤田地区への道路にスタンバイしました。
時折、スズメバチが偵察に飛んでくるので怖かったですが、4~5回偵察に来たあとは全く来なくなり一安心。
待つこと数分、220Dが峠を下りてきました。
キハ40-2007は和田山方に連結されていました。
以前の撮影でも、運用3日目の気動車の連結位置が通常の反対になっていたことがあったので、今回も何らかの事情で反対になっていたようです。
ともあれ、明ける里でキハ40-2007を記録できて満足。

d0144549_16283500.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
223D 2019(令和元)年6月25日(火) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

和田山方に連結されてるなら、為信のお堂前の紫陽花と絡めて撮影できます。
まだ傷んでなければいいけど…、と訪れると前回より色が濃くなり、まだまだ見頃でした。
時間もあまりなかったので、そのまま陣取り撮影。
いつもより長めの警笛を響かせて峠を登りました。

d0144549_16332201.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
226D 2019(令和元)年6月25日(火) JR播但線長谷駅にて
周辺トイレ:長谷駅

和田山から戻って来る226Dは長谷駅ホームから後追いで。
山に抱かれた長谷駅にはまだまだ日が射しません。
空気も少しひんやりしていました。
これまでも何度となくキハ40-2007を撮影したポイント、もう次はないかなぁ。

この後、ひょっとしたら続けて運用5日に入るかも?と思い、寺前駅の入換を見に行くとキハ40-2007が長谷方本線に出てくるところでした。
つまり、長谷方本線から5番線へ移動し留置されるということで、やはり連結位置が変更されていただけのようでした。

=写真展開催のお知らせ=

「忘れえぬ瞬間(とき)の想いで ー第10回「播但線」写真展ー」

開催場所:神河町観光交流センター「カーミンの観光案内所」内多目的ホール
開催日程:令和元年8月3日から25日まで 但し水曜休館
開催時間:午前9時から午後5時まで 但し最終日は午後2時まで
入場観覧無料です。

※8月2日のお昼頃には準備完了予定で、完了次第公開を始めさせていただきます。



# by 95219522 | 2019-06-25 16:41 | 播但線 | Trackback | Comments(0)