2008年 01月 11日
2007年の撮り納め
d0144549_19443758.jpg

新調ヘッドマークを披露した「SL津和野稲成号」の撮影からスタートした2007年。この年の「SLやまぐち号」はいろんなサプライズがありました。C571新津御召装飾、C56160後部補機、C571原型赤プレなどなど・・・。
しかし私は記録できたサプライズは8月1日のC56後補機のみでした。
毎年10月の「鉄道の日」ではC571原型運転が行われているので、今年は行くぞ!と思っていたんですが、秋祭り盛んな播州、休みが取れずに行けずじまい(涙)。結果はやはり原型運転が行われ、デフの点検孔が塞がれていました。
これを記録できなかったのは本当にくやしかった(涙)。
どうしても山口線に行きたくなって、サプライズより紅葉を!と、11月23・24日に出撃することにしました。
22日津和野に到着すると、それはそれは綺麗な紅葉。レンタカーでロケハンのはずが紅葉見物となりました。
撮影初日の23日、一発目は大山第三踏切。紅葉なんて期待できない場所ですが、正面狙いできる好きなポイントなので久しぶりに出撃。シーズン最後の3連休ということもあってか、結構撮影者がやってきましたが、逆光や紅葉がないなどで移動された方が大半でした。
私はさっさと場所を確保し、約2時間待ち。
やがて山口方面からC571の汽笛が聞こえます。汽笛はだんだん大きくなり、第一踏切の警報音が聞こえ、ドラフトが大きくなってきます。そして、カーブを曲がって姿を現したC571は黒プレートの原型仕様!。11月に入ってからは赤プレだったのにと、サプライズに感激しました。
塞がれたデフ点検孔は開閉式が再現されており、原型というより現役蒸気の再現といった感じでした。
2007年11月23日(金) JR山口線宮野~仁保間にて
d0144549_2022284.jpg

大急ぎで撤収し、追っかけ。しかし、紅葉見物の車で長門峡は渋滞。徳佐発車ギリギリで先行することができました。
前日のロケハンで、船平山駅徳佐方に今だ綺麗なススキがあったので、ここでモノクロで撮影してみました。
2007年11月23日(金) JR山口線徳佐~船平山間にて


# by 95219522 | 2008-01-11 20:06 | SLやまぐち号・津和野稲成号 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 10日
SL津和野稲成号その2
d0144549_1882163.jpg

1月2日も「SL津和野稲成号」を往復とも撮影です。
1日夜まで降り続いた雪、朝の運転が不安でしたが、路面の温度が高かったのか、除雪が行き届いた道路は濡れているものの雪は全くない状態でした。
「これなら南下できる!!」、津和野の宿から国道9号線を南下しました。
しかし一体何処で撮影するか・・・。前日の撮影時にC56 160号機の主連棒・連結棒に紅がさされているのを確認していたのでこれを記録しておきたい=サイドが写る場所・・・、結果、秋に訪れた篠目駅の発車を狙うことにしました。
9時半ころに到着した際、三脚が1本あったものの他は空いていたのでさっさと場所確保。広角で、こちらへ迫ってくる構図で狙うことにしました。幸い明るくシャッター速度も稼げます。ただ心配なのはドレイン。発車直後の場所なのでドレインを切られてしまうと赤ロッドが隠れてしまいます。しかしこれは運次第(笑)。
時間が迫り、田代トンネル突入らしい汽笛が聞こえます。やがて25パーミルを下ってくる「SL津和野~」が見え、篠目駅に入線。しばし後、C571よりも少し低い汽笛を鳴らし発車。盛大にドレインを切りながらこちらへ向かってきます。「ダメか?」と思った瞬間、ドレインが止まりました。
ファインダーから赤ロッドがしっかり確認できました。
2008年1月2日(水) JR山口線篠目駅にて
d0144549_184413.jpg

この日の9522レは何処で撮影するか・・・。前日の津和野俯瞰リベンジかそれとも下界か・・・。車を走らせながら考えた挙句、大鳥居横から俯瞰することに。後追いになるのですが、煙を引いていくC56が撮影できるかな?と約2時間待ちました。車の中でNHK-FMを聞いていると迷曲(笑)「イエローサブマリン音頭」ができるまでを追うヘンテコな番組を聴いていると、あっという間に時間が経ちました。
津和野発車の汽笛から数分後、真下の本門前踏切でなる汽笛を聞き、ようやく遠ざかっていく「SL津和野~」の姿が。しかし!!煙は思いの外広がってしまい、列車は隠れてしまいました。カーブを曲がれば見えるだろうと思っていましたが、広がった煙は右へ流れ始め・・・、結局何ともいいようのない写真になってしまいました(涙)。下界にいればよかった。
2008年1月2日(火) JR山口線津和野~船平山間(後追い)にて

それにしても、この正月恒例の「SL津和野稲成号(かつては津和野稲成初詣号)」、2003年は客車4両、04年は客車5両、05年は赤プレートC56+客車2両、06年は日章旗・HM無C56+客車2両、07年は新調HM・赤プレートC56+客車2両と毎年違うスタイルを継続してきましたが、今回はHM・赤プレートに加え赤ロッドとなったC56が原型スハフ12形2両を牽引するというスタイルを披露。一体来年はどうなるんだろう?

# by 95219522 | 2008-01-10 18:58 | SLやまぐち号・津和野稲成号 | Trackback | Comments(0)