2008年 01月 20日
蔵出し?2
d0144549_17425944.jpg

今日は休みでした。運転免許更新のため、「但馬運転免許センター」に出かけました。
行きがけの駄賃ということで、撮影しようと思っていましたが、荒天!諦めて帰宅しました。なので今日も過去の播但線ものを。
昨年引退した12系「旅路」の2代目時代の写真です。
当時、播但線からはすでに50系・12系1000番台使用の普通客レは引退していましたので、DD51牽引客レ入線は珍しいものとなっていました。
また、すでに大阪方面からの団臨牽引には宮原のDDがスルーで使用されており、この日の牽引機は1043号機でした。
1043号機はまだ白帯省略時代で、B寒地仕様車の活躍の場だった播但線に、変り種の暖地型がやって来るのも珍しいことでした。
積雪の中、スノーブラウ無の暖地型が行く・・・、あまり絵になりませんな(笑)。
前回の「ゆうトピア」もそうですが、当時私が使っていたカメラは京セラ「サムライ」。ズームが効かないのに無理してこんな構図で撮影してました。もっと大きく撮影すればよかった(涙)。

「第8回 氷上町民号」
1994年2月27日(日) JR播但線にて


# by 95219522 | 2008-01-20 17:56 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 19日
蔵出し?
d0144549_12213419.jpg

播但線のちょっと昔の写真を。
今でこそ播但線にジョイフルトレインが入線する回数は減りましたが、以前は「サロンカーなにわ」「あすか」「セイシェル」が頻繁に入線していました。
滅多にやってくなかったのが米子の「ふれあいSUN-IN」「ほのぼのSUN-IN」など、宮原・福知山以外のJTでした。
写真はキハ65「ゆうトピア」を使った臨時快速「ゆうトピア山陰路」です。
「ゆうトピア」といえば、当時非電化だった七尾線に特急を乗り入れされる目的で、電車特急「雷鳥」にぶら下がったことで有名です。これに続き「北近畿」にぶら下がった「エーデル丹後」も登場しましたね。
「ゆうトピア」は七尾線電化に伴う「スーパー雷鳥」付属編成乗り入れ開始で小口団体輸送に就くようになり、北陸地区を中心に活躍していました。
よって、播但線を経由する団臨に使われる機会はなく、無縁の存在でしたが、大阪~米子間の臨時快速として入線を果たしました。
運転日・撮影日等の記録を失ってしまいましたが、1990年~92年頃の撮影です。運転は1日だけだった気がします。
大阪~米子間には入線機会が少なかった「ふれあいSUN-IN」「ほのぼのSUN-IN」を使った臨時快速「お座敷楽々ふるさと号」が2年連続、盆と年末・年始の帰省にあわせて運転されたこともありました。この写真はまた後ほど。

1990年~92年頃11月(?) JR播但線香呂~溝口間にて


# by 95219522 | 2008-01-19 12:43 | Trackback | Comments(0)