2008年 03月 02日
いよいよ始動!
d0144549_15264535.jpg

2008年3月2日(日) JR播但線寺前駅にて

1年ほど前に、生野銀山と飾磨港を結んだ「銀の馬車道」プロジェクトが本格化し、神姫バス・播但線にラッピング車を登場させるという発表がなされました。神姫バスではすでに昨年にラッピング車を登場させましたが、播但線への投入は昨日3月1日の5641Mからの運用開始となりました。
これを記念して同日15時30分よりJR姫路駅31番ホームにて出発式が執り行われました。
当日私は仕事で撮影できず、明けて本日撮影に出かけました。
ただ、運用を把握しているわけではないので「待ち伏せ」覚悟で早朝より出撃。5時20分頃に寺前駅に到着すると4番線に留置されていました。
他に5本(?)の103系が留置され、それぞれパンタ上げ・尾灯点灯で出発準備をしていましたが、当のラッピング編成はパン下げ・尾灯無点灯。走るか不安でした。

d0144549_15375092.jpg
d0144549_15384759.jpg
d0144549_15394368.jpg

2008年3月2日(日) JR播但線寺前駅にて

明るくなり、7時頃には手前に留置された103系がすべて姫路へ出発し、ラッピング編成を邪魔するものがなくなったので駅撮りを。改札には駅長さんがおられたので、ラッピング編成が走るか伺ってみました。運用をはっきり把握なさってはいませんでしたが、「11時36分発5634Mから運用に就きますよ!入換がありますからね」と伺い、御礼を言ってホームへ。
正面には馬蹄型のマーク、サイドには銀太郎・未来(みき)・馬のハヤブとともに「銀の馬車道」沿線の史跡・観光地が描かれていました。
また日本初の高速道路と言われる「生野鉱山寮馬車道(銀の馬車道)」の舗装断層も描かれています。
さて、5634Mまでかなり時間がありますので「はまかぜ2号」「かにカニはまかぜ」などを撮影して時間潰し。10時40分頃に再び寺前駅に戻りましたが、ラッピング電車はまだ眠ったまま。本当に5634Mに就くのか不安になりました。

d0144549_15494549.jpg

5634M
2008年3月2日(日) JR播但線にて

d0144549_15513311.jpg

5631M
2008年3月2日(日) JR播但線にて

寺前駅から新野駅近くへ移動。「はまかぜ1号」を見送ると間もなく5634Mです。新野駅で交換する5627Mが通過し新野駅に停車、しばし後5634Mが新野駅入線。よく見えないので少し場所を移動して確認したところ、ラッピング編成でした!単独で運用に就いてくれたので編成を大きく撮影できました。
自作のダイヤグラムで5634Mのスジを辿ると5631Mとして折り返してきそうな感じ。溝口~福崎間へ移動してサイド気味に撮影することにしました。私は逆光なんて気にしないタイプなのでここで十分(笑)。到着して待つこと15分。やって来たのはラッピング編成でした。
結構、ダイヤグラムって役に立ちますね。
5631M撮影後、さすがに疲れたので帰宅しました。
「銀の馬車道」ラッピング編成ですが、今後もう2編成登場させる予定だそうで、それぞれデザインも違うとか。これは楽しみです!


# by 95219522 | 2008-03-02 16:00 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 27日
いよいよ運転開始!!
d0144549_1725485.jpg

毎日欠かさず見ているHP「銀の馬車道ー日本初の高速産業道路」。目的は103系3500番台の「銀の馬車道」ラッピング電車速報の入手です。
沿線にお住まいの方なら、ラッピングを施した神姫バスを見たことがあるかもしれませんが、播但線のラッピング電車もいよいよ登場だそうです。
今日、「銀の馬車道~」を見ると発表になっていましたよ。
拙ブログをご覧くださる方にいち早くお伝えしますね。

3月1日運行開始(姫路~寺前間)
出発式:3月1日(土) JR姫路駅 播但線31番ホームにて15時30分より

という内容でした。
姫新線の「はばタン」、加古川線の各種ラッピングに続くものとなりましたが、図案のかわいらしさは「はばタン」に負けていないと思います。
ただ、難を言えば運行区間が寺前までということ。電車だから電化区間のみというのは当たり前ですが、「銀の馬車道」の主役は生野!是非、非電化区間のキハにも「銀の馬車道」「鉱石の道」ラッピングを施してほしいものです。
写真は103系3500番台ということで・・・(汗)。

2007年1月15日(月) JR播但線にて


# by 95219522 | 2008-02-27 17:39 | Trackback | Comments(0)