<   2017年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2017年 06月 27日
No.33 「新製客車試運転」 6月26日号
昭和54年8月1日、国鉄山口線にC57形1号機牽引によるSL快速「やまぐち」が運転を開始しました。
使用された客車は12系客車で、当時はまだ旧型客車が多数残っていましたが、乗車環境への配慮でしょう、近代的な客車が充当されました。
その後、外観を茶色にし、窓の下に白帯を巻いたスタイルにリニューアル。
本線復帰間もない1等展望車マイテ49-2を含む旧型客車での運転(ごく短期間)を経て、現在使用されていレトロ客車(12系改造)へと変化していきました。
このレトロ客車もリニューアルが実施され、現在の姿になったわけですが、経年劣化により、置換えが実施されることになりました。
旧型客車をモチーフに、最先端の技術を取り入れて新製された「やまぐち」号客車は35系4000番代です。
6月1日から2日にかけて、新潟の車両メーカーから新山口に甲種輸送された編成は、下関の車両工場を中心にさまざまな試験を実施。
そして26日、DD51形1043号機の牽引により、JR山口線での試運転が実施されました。
35系4000番代の山口線入線はこの日が初めて。
営業運転は始まればディーゼル機関車での牽引の機会は激減しますので、これを抑えるべく、新幹線とレンタカーを使って撮影に出かけてきました。

d0144549_20361174.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
2017年6月26日(月) JR山口線津和野駅にて

新山口から約1時間で津和野駅に到着しました。
駅前にはJRの作業服の方がたくさんおられました。
改札を入ると目の前に、今日の牽引機DD51 1043がアイドリング状態で停車、その後方には真新しい35系4000番代の姿がありました。
上の写真は誇線橋からの一コマ。
2番線には2542Dとしての発車を待つラッピング車が停車していました。

d0144549_20422140.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
2017年6月26日(月) JR山口線津和野駅にて

新山口方の1号車側から。
1号車は1等展望車マイテ49-2をモチーフにしたオロテ35-4001。
“ロ”なので2等車、つまりグリーン車なのですが、格上ということでしょうか、1等車を表す白帯が引かれています。
現在使用されている12系レトロ客車は5両すべてに白帯が引かれていますが、35系4000番代はこのオロテのみです。
展望デッキにオレンジのポリタンクが搭載され、ブルーのホースが車体下に引き込まれています。
また車体側面にはシルバーのテープでケーブルが固定され、車内へと引き込まれています。
オロテの展望デッキ側台車の1軸がPQ試験用と思しきものに交換されているので、この計測用のケーブルと思われます。

d0144549_20503218.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
2017年6月26日(月) JR山口線津和野駅にて

オロテの乗降扉側の台車には、車輪とレール踏面に散水するためのホースが取り付けられていました。
展望デッキのポリタンクから引かれているのでしょう。
「トワイライトエクスプレス瑞風」同様、ブレーキ試験に使用されるのでしょう。

d0144549_20542469.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
2017年6月26日(月) JR山口線津和野駅にて

2542Dが発車し、DD51 1043号機の入換が始まったので、編成の反対側へ移動。
津和野方5号車はオハ31をモチーフに20m級とし、展望デッキを付けたスハテ35-4001。
この車両の特徴は何と言ってもダブルルーフの屋根と小窓、そしてシルヘッダーに見られるリベットの表現。
ここまで手の込んだ車両を作り上げるとは、発注したJRさんも凄いですが、造ったメーカーさんも凄い!!
この編成中、個人的には1番好きな車両です。
中間の3両はオハ35形をモチーフにした車両が連結されており、編成は

←新山口 オロテ35-4001+スハ35-4001+ナハ35-4001+オハ35-4001+スハテ35-4001

となっています。

d0144549_21060897.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
2017年6月26日(月) JR山口線津和野駅にて

エンド交換のため、2番線を新山口方へ移動するDD51 1043号機とスハテ35-4001の並び。
この角度だと、スハテのダブルルーフがよく分かります。
この後、新山口行き試運転を撮影するため、駅を出て撮影ポイントへ。

d0144549_21082947.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
試9572レ 2017年6月26日(月) JR山口線津和野~船平山間にて

DD51牽引をカッコ良く捉えたいと思い、白井カーブにやってきました。
山裾を回り込むポイントで、編成すべてを収めることは不可能ですが、DD51の排煙が期待できるのでここに。
最終的に撮影者は6~7人だったでしょうか、それぞれに散らばっての撮影でした。
定刻、DD51は渋いエンジン音も高らかに、排煙を上げながらカーブを曲がり登ってきました。
機関車次位のオロテ35の展望デッキのポリタンク、シルバーのテープ、台車に引かれたホースがはっきりと見て取れ、いかにも試運転列車らしい1枚になったと思います。

d0144549_21162570.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
試9572レ 2017年6月26日(月) JR山口線渡川~長門峡間にて

途中、地福駅で長めの運転停車があるものの、津和野の一番奥からの移動では追い越せるか不安でした。
が、9号線が至極スムーズに流れたので、地福で約10分先行することになりました。
当初より渡川を遠望するポイントを予定していたので直行。渡川駅の直線にはズラリと車が並んでいましたが、このポイントは私一人、国道との交差部2名いらっしゃるだけでした。
ポイントへ駆け上がって時計を見ると、試9572レ地福発車時刻でした。
赤い石州瓦の民家を取り入れた構図を取り、待ちました。
やがて駅方面の警報音が聞こえ、編成がやってきました。
渡川駅手前で少し減速したように見え、DD51のホイッスルが響きました。
橋りょうを渡る編成を撮影、この後のんびりと9号線を流していましたが、山口駅停車中に先行。
しかし、街中で撮影する気になれないので、そのまま新山口へ直行。
みどりの券売機で帰りの新幹線を検索すると、約5分後に発車する列車がヒット。
試運転列車の新山口駅到着を待たずに、当地を発ちました。

深夜に帰宅する勤務明けで、1時間ほど寝ただけでの遠征でしたが、よい記録が出来て満足です。

ちなみに今回紹介した35系4000番代は、9月2日からSL「やまぐち」号での使用が始まります。
ナハ35-4001の車内にはSL運転シュミレーターや投炭練習機(シュミレーター)もあり、楽しめること間違いなしです。
また、詳細は未発表ですが、本線用復元が完了したD51形200号機の運用も始まりますので、こちらも期待しましょう。


by 95219522 | 2017-06-27 21:33 | SLやまぐち号・津和野稲成号 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 11日
No.32 「ディーゼル機関車と普段着の播但線」 6月8・10日合併号
本日2本目のアップです。
6月8日(木)、珍しく日中の播但線にディーゼル機関車が単機でやってくるというので、非電化区間から電化区間へかけて撮影に出かけるつもりでいたのですが・・・。

d0144549_19385118.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
単9690 2017年6月8日(木) JR播但線香呂~仁豊野間にて
周辺トイレ:なし

前日夜に帰宅すると、子供が40度近い高熱を出していました。
翌日の様子次第で小児科に連れてってって頼むかも・・・と妻がいうので、午後の出勤まで自宅待機となりました。
子供の熱は38~39度半ばを行き来しますが、本人は笑顔を見せながらおもちゃで遊んでいるので、しんどい発熱ではない様子。
せめて1カットだけでもと、出勤直前に自宅近くで撮影したのが上の写真。
今回播但線を通過したのはDD51形1183号機です。
米子市の後藤総合車両所から所属区への回送ですが、通常は山陰本線・福知山線経由で行われるものが、珍しく播但線経由で手配されたものでした。
電化区間に日中、DD51形が入線するのも数年ぶりの出来事ですが、単機での入線となると、私の知る限りでは阪神・淡路大震災の迂回輸送以来ではないかと。
なので、ちゃんとした撮影ポイントできっちり記録したかったのですが、こればっかりは・・・(涙)。

d0144549_19480951.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
工9891 2017年6月10日(土) JR山陰本線宿南信号所~江原間にて
周辺トイレ:なし

ここからは10日撮影分です。
DD51形単機が駆け抜けた翌日は、播但線非電化区間名物の寺前工臨が運転されましたが、仕事で撮影に出かけることができませんでした。
この運転でのバラスト散布は舞鶴線らしく、作業を終えた編成は翌10日早朝に豊岡駅に戻るということでした。
10日は休みで撮影が可能・・・ということで、日付が変わるころに帰宅し、風呂に入って30分ほど仮眠を取って午前3時過ぎに出発。
撮影ポイントには4時半ごろに到着しました。
まだまだ辺りは暗かったのですが、時間が経つにつれてだんだん明るくなってきました。
とは言え、シャッター速度を稼ぐには感度を上げるしか手段がありません。
午前5時、何とかノイズが気にならない感度に抑えての撮影が可能な明るさになってくれました。
そして本番、DE10形1106号機牽引による編成は結構なスピードで築堤を駆け上がって行きました。

d0144549_19590110.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
1221D 2017年6月10日(土) JR播但線生野~新井間にて
周辺トイレ:なし

帰り道、久しぶりに生野トンネルの飛び出しを撮影しました。
寺前以北の電化の妨げになっている小断面のトンネルの一つで、SL時代には乗務員を苦しめた魔の隧道でもあります。
ポータルがレンガではなく石造りになっているのも特徴です。
ここに到着したのは下り始発1221Dが生野駅を発車する直前。
素早くカメラをセッティングし、その時を待ちました。
トンネル内の空気が押し出され、その風圧で線路脇の草が激しく揺れ始めました。
列車がやって来る音が聞こえ、トンネルを飛び出してきました。
先頭は、方向転換したキハ41-2001、よいタイミングで記録できました。

d0144549_20064981.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
224D 2017年6月10日(土) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

あれこれ撮影しながら大河地区へ。
麦畑の畦道にお邪魔して、雲が広がり始めた空を見上げて撮影してみました。
編成は生野トンネルで撮影した編成です。
撮影時、2匹の黄色い蝶が追いかけっこしていて、バッチリ写り込んでくれました(笑)。

d0144549_20104562.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
226D 2017年6月10日(土) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

この日最後は為信地区のお堂前に咲く紫陽花です。
前回より色が濃くなっていました。
前回は空も入れたくて縦構図にしましたが、今回は紫陽花を主役に。
播但線の気動車はすべて首都圏色になりましたので、このような撮影の仕方でも存在感があって、本当に良い被写体です。

この後、神河町観光協会さんを訪ね、写真展のお話を。
ということで、この夏も播但線写真展を開催することになりました。
花などの旬を抑えることが難しかった1年ですが、季節の移ろいを感じていただける構成になるよう努力しております。
詳細が決まり次第お知らせいたします。


by 95219522 | 2017-06-11 20:18 | 山陰・播但線 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 11日
No.31 「青空と麦秋の播但線」 6月4日号
この日は地区の奉仕作業を済ませてから、新たに購入したPLフィルターの試運転を兼ねて、青空と黄金の麦を主役に撮影してきました。

d0144549_19130549.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM(PLフィルター使用)
231D 2017年6月4日(日) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

寺前辺りの麦畑はすっかり麦秋を迎えていました。
そのまま北上し、為信地区のお堂前に。
慌てん坊の紫陽花が咲いていたので、お堂の前にしゃがみ込んで。
近くのお宅のおじさんが通り掛り、「久しぶりやなぁ」と声を掛けられました。
紫陽花が咲いてるからというと、今初めて気付いたと笑っておられました。

d0144549_19172879.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM(PLフィルター使用)
230D 2017年6月4日(日) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

1D「はまかぜ1号」を見送ると9646D「天空の城竹田城跡号」がやって来るので、これを撮影しようと、少し移動してカメラを構えました。
しかし、待っても「天空の城~」がやって来ません。遅れの情報もないし・・・、と運転日を確認すると6月は運転なし。
そら来んわなぁ(汗)。
そのまま待って230Dを。

d0144549_19205097.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM(PLフィルター使用)
232D 2017年6月4日(日) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:浄化センター前公衆トイレ

下市川橋りょうへ移動、この日一番に撮影したキハ40-2046の折り返し232Dを撮影しました。
完全な順光なのでPLフィルターの効果を最大限に引き出せました。
何とも清々しい国境の風景、いいですよね。

d0144549_19242900.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
235D 2017年6月4日(日) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

230Dを追っかけて南下、大河地区にやって来ました。
線路脇の麦畑を主役に、第一市川橋りょうを渡ってカーブを曲がり行くキハ40-2046を捉えました。

d0144549_19272930.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM(下のみPLフィルター使用)
上:1234D 下:3D 2017年6月4日(日) JR播但線長谷⇔寺前間にて
周辺トイレ:大河地区公民館公衆トイレ
d0144549_19274419.jpg

大河地区の定番カーブへ移動しました。
まずは1234Dを、縦構図で空を多く取り入れて撮影しました。
空の雲の表情が面白いので、再びPLフィルターを装着し、3D「はまかぜ3号」を狙いました。
こちらの方が、バックの山の緑も綺麗に捉えることができたので、清涼感があっていいですね。


by 95219522 | 2017-06-11 19:34 | 播但線 | Trackback | Comments(0)