<   2017年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2017年 04月 29日
No.26 「新緑に染まる播但線」 4月28日号
前回の撮影から、今日あたり新緑が進んで綺麗だろうと予測し、朝から撮影に出かけてきました。

d0144549_01124405.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
222D 2017年4月28日(金) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

朝一番、新緑の下見に栗地区までやって来ると、市川の水面が朝日を受けてギラついていました。
そのまま赤田地区へ登り、俯瞰で狙うことに。
キハ41-2001でやって来た222D、逆光の中でもその存在がはっきりわかります。

d0144549_01161990.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
225D 2017年4月28日(金) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

大河地区へ移動しました。
第一市川橋りょうの背景となる山の新緑が目立つので、キハ41-2001の225Dと絡めて。
ここの新緑はほぼ毎年記録しています。

d0144549_01210645.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
224D 2017年4月28日(金) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

北上し、真名谷へ。
第三市川橋りょう脇の紅葉の新緑が、逆光で輝いていたので、これをメインに。
逆光故、背景の余分なものが写らず、新緑を強調出来ました。

d0144549_01244203.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
2D 2017年4月28日(金) JR播但線長谷~寺前間にて。
周辺トイレ:なし

鍛治地区へ南下。
鍛治・大河両地区の山の新緑と、雲ひとつない青空を取り入れて、大阪を目指す2D「はまかぜ2号」を狙いました。

d0144549_01264468.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
227D 2017年4月28日(金) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

鍛治地区の田んぼに水が入れられていました。
完全な水鏡とはいきませんが、水が張られた記録として。
ゴールデンウィーク中には田植えが行われるでしょう。

d0144549_01291990.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
226D 2017年4月28日(金) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

栗地区の線路際、山の裾に新緑が。
線路の手前に電柱・電線があるので、どう撮影しようか迷った末、電線のない箇所をクローズアップし、列車を流すことにしました。

d0144549_01331134.jpg
d0144549_01332728.jpg
d0144549_01334715.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
上:9646D 中:1D :230D 2017年4月28日(金) JR播但線長谷⇔生野間にて
周辺トイレ:なし

9時半ごろから第三市川橋りょう下の市川へ下りて待機していました。
229D・1228D・231Dと撮影し、9646D「天空の城竹田城跡号」は空を主役に撮影。
続く1D「はまかぜ1号」は横構図。
さらにその後の230Dは、清流・市川を主役に記録しました。

d0144549_01393407.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
9647D 2017年4月28日(金) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

市川から上がった後もあれこれと撮影していましたが、雲が多くなり、撮影時ことごとく陰ってしまいました。
3D「はまかぜ3号」も長谷で陰ってしまい、もう撮影を切り上げて帰ろうと考えていましたが、為信地区までくると日差しが。
空を見上げると、流れる雲が太陽を避けるように流れていきます。
この分だと9647D「天空の城~」は日差しがあるだろうと思い、カメラを持って待機しました。
時折陰って暗くなりますが、僅かの時間で再び日が射す・・・、これを繰り返していましたが、最終的には雲は切れ、そのまま「天空の城~」の通過となりました。
桜の新緑と合わせて。


by 95219522 | 2017-04-29 01:45 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 25日
No.25 「春色から若葉色へ」 4月23日号vol.2
d0144549_19402315.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
上:1D 下:230D 2017年4月23日(日) JR播但線長谷⇔生野間にて
周辺トイレ:なし
d0144549_19404785.jpg

大河地区での撮影後、カメラのセンサーに付着したホコリと悪戦苦闘。
9646D「天空の城竹田城跡号」の時間ギリギリで、長谷の発電所脇へ駆け降りましたが、カメラの設定を終える前に敢え無く通過。
長谷駅で交換の1D「はまかぜ1号」と、これと生野駅で交換の230Dを狙いました。
背景の山には山桜が点在しており、良い記録となりました。

d0144549_19460001.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
1233D 2017年4月23日(日) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

渕の大カーブの背景の山、新緑・春紅葉・山桜がそれぞれ綺麗に輝いていました。
踏切脇から、カーブを登って来る1233Dと絡めて。
ここでは、北海道からお出での方とご一緒しました。

d0144549_19490598.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
232D 2017年4月23日(日) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

川尻地区にやって来ると、線路際にピンクの花が咲いていました。
桃の花でしょうか?
すごく綺麗だったので、キハ41-2001の232Dと絡めて。
と言っても、ノーマル顔の方です(笑)。

d0144549_19514510.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
235D 2017年4月23日(日) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:浄化センター前公衆トイレ

折り返しの235Dは下市川橋りょうの袂で。
市川に面した木々も新緑を迎えていました。
背景の山にはまだ山桜が見えます。
季節の変わり目を記録した1枚と言えるでしょう。

d0144549_19542118.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
1234D 2017年4月23日(日) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:浄化センター前公衆トイレ

235Dと生野駅で交換の1234Dがすぐにやって来ます。
少し場所を移動して、頭上の春紅葉した葉を入れて。

d0144549_19561097.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
3D 2017年4月23日(日) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

3D「はまかぜ3号」が登ってくる時間となりました。
空は雲ひとつない晴天、山は春色と、まだ薄いですが若葉色が見えます。
何とも清々しい風景の中、ステンレスのボディをギラつかせ、急勾配のカーブの築堤を力強く登って行きました。

d0144549_19592042.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
9647D 2017年4月23日(日) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

9647D「天空の城竹田城跡号」をどこで撮ろうかと考えながら長谷までやって来ると、重行地区の市川の対岸の光景に目を奪われました。
山裾は新緑を迎えていますが、山頂付近には山桜がはっきり見て取れました。
まさに、春から初夏へ季節が変わろうとする、ほんの僅かの時間しか見られない風景です。
本当に良いタイミングで撮影に来れたと実感した1枚です。


by 95219522 | 2017-04-25 20:05 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 25日
No.24 「春色から若葉色へ」 4月23日号vol.1
播但線沿線はすっかり新緑、若葉の色が目立つようになりました。
桜が咲いた後、夏日が観測されたほどで、季節は一気に進みました。
23日は新緑を求めて、長谷周辺をうろつきました。

d0144549_19180590.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
222D 2017年4月23日(日) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

鍛治地区にやって来ました。
道路脇の梅の葉が、朝日を浴び、逆光で輝いていました。
丁度222Dが峠を下りてくる時間だったので、木の傍らから。
運よく方転したキハ41-2001がやって来ました。

d0144549_19210684.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
225D 2017年4月23日(日) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

鍛治地区の畑には麦が植えられています。
少し前まで雑草程度だった麦、今では麦らしい穂が確認できるまでに成長しています。
先ほどのキハ41-2001の折り返し225Dと絡めて。

d0144549_19234727.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
225D 2017年4月23日(日) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

225Dを追う形で北上していると、為信地区で追い越しました。
そのまま進むと、第二市川橋りょうを望むポイントで、市川の川面が煌めいているのに気付きました。
背景の山には、山桜や春紅葉が確認でき、橋りょうの袂には八重桜も見えます。
何とも美しい光景、長谷駅を出て橋りょうを渡る225Dと絡めて。

d0144549_19272166.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
227D 2017年4月23日(日) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

渕地区から川尻地区へ向かう古道から渕方面を見ると、木々の間から見える山に“春色”が残っていました。
国境の踏切を通過する227Dと絡めて。

d0144549_19310075.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
226D 2017年4月23日(日) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

渕地区の市川の対岸、丁度水門がある辺りの山に、“春色”と若葉が混在していました。
最も綺麗と思う箇所をクローズアップで。

d0144549_19340517.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
229D 2017年4月23日(日) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

再び寺前方面へ南下、大河地区へ。
畦道にたんぽぽが咲いていました。
田起こしの済んだ田んぼ、新緑が目立つ山も取り入れて。

d0144549_19362129.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
1228D 2017年4月23日(日) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:大河地区公民館公衆トイレ

大河地区の山にも新緑が広がります。
里の蒼い麦畑、青空を大きく取り入れて、方転のキハ41-2001を。

vol.2に続きます。


by 95219522 | 2017-04-25 19:38 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 12日
No.23 「桜咲けど 天気は悪し 播但線」 4月12日号
今日は山陰本線で「トワイライトエクスプレス瑞風」の回送と、先日播但線で撮影したクモヤ443系の運転があり、また今年最初の播但線名物“寺前工臨”の運転もあるということで、早朝より山陰本線へ出向いて撮影を開始するつもりで北上しました。
長谷の桜が気になっていたので、下道で北上。
長谷まで来ると、先日まで蕾だった桜が満開を迎えていました。
天気は悪いのですが、撮影できるチャンスは今日しかないので、山陰本線行きを止め、長谷に留まりました。

d0144549_21161159.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
上:220D 下:1221D 2017年4月12日(水) JR播但線長谷⇔生野間にて
周辺トイレ:なし
d0144549_21162851.jpg

市川の堤防の桜が、道路沿いに日原まで咲いていたので、長谷から赤田へ上がる道の途中から遠望しました。
時刻は午前6時過ぎ。
風が冷たく、冬に逆戻りしたかのようでした。
まずは上り始発の220Dが第二市川橋りょうを渡ります。
編成の寺前方にはキハ40が連結されていますが、後の撮影で、先日後藤所から出場したばかりで塗装がピッカピカの2046であることが分かりました。
継ぎ接ぎ塗装だった同車も、後藤所の塗装工程見直しによる塗り替えの対象となりました。
続いて、この220Dを退避させて長谷駅を通過した1221Dがやって来ました。
編成はキハ41同士の2両編成ですが、和田山方には方向転換したキハ41-2001が連結されていました。

d0144549_21245397.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
223D 2017年4月12日(水) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

橋りょう袂の桜の大木も見事に満開となっていました。
市川の対岸から。

d0144549_21270272.jpg
d0144549_21285659.jpg
d0144549_21291210.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
上:222D 中:225D 下:224D 2017年4月12日(水) JR播但線長谷⇔生野間にて
周辺トイレ:なし

長谷の桜の木の下で、様々なアングルで3本の列車を狙って遊びました(笑)。
ほんの数分、日が射したのですが、すぐにまた暗くなってしまいました。

d0144549_21332320.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
上:2D 下:227D 2017年4月12日(土) JR播但線寺前⇔長谷間にて
周辺トイレ:村営マーケット
d0144549_21334047.jpg

重行地区へ移動しました。
県道脇の桜を主役に、奥に列車を入れての撮影です。
ここに着いてすぐに雨が降り始め、2D「はまかぜ2号」は雨中での撮影となりました。
続く227D、為信で警笛が聞こえず、ピントを合わせている最中にやって来たので慌てて撮影しました。

d0144549_21375239.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
工8690レ 2017年4月12日(水) JR播但線和田山~竹田間にて
周辺トイレ:なし

久しぶりに竹田にやって来ました。
和田山寄りのストレートの俯瞰ポイントで、桜抜きをやろうかと思いましたが、あまり面白くないので、ブラブラと。
結局、お寺へ登る石段の参道で、お地蔵様を入れて撮影することにしました。
この石段、雨に濡れて滑りやすくなっていたので、かなり注意して歩いていたのですが、足を取られて転倒してしまいました(^-^;)。
脇には神社もあるのですが、仏様も神様も私の味方ではないようです・・・。
ここは、車両を主体に撮影するには、全く相応しくない場所なので、スローシャッターで撮影してみました。

d0144549_21444643.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
工8690レ 2017年4月12日(水) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

竹田からの南下中、竹田城跡との共演を撮影できる陸橋を見ると・・・、いたいた!欄干に登って金網にへばり付いてる輩が!!
もし支柱が傷んでいたり、留め具が外れていたら転落は免れないし、危険極まりない行為だと思いますが、何より恥ずかしくないのでしょうか。
あれほど馬鹿げた滑稽な姿はないと思うのは私だけでしょうか。
線路脇の凸凹の土の上に脚立を立て、その上に立って撮影してた人たちも、バランスを崩して転倒・転落して線路側へ転んだらどうなるか、考える能力がないのでしょうね。
そんな、おかしな人たちを横目に南下し、朝一で訪れたポイントに。
朝より明るくはなりましたが、その分少し霞んでしまいました。
折角桜が咲いたのですから、良し日差しの下で記録したかったのですが、こればっかりは。
来年、良い巡り合わせがあることを期待して。


by 95219522 | 2017-04-12 21:56 | 播但線 | Trackback | Comments(4)
2017年 04月 09日
No.22 「春の播但電化区間に珍客現る!」 4月9日号
播但線の電化区間沿線では、やっと桜が満開を迎えたというのに、ここに来て天気が今一つ・・・。
今日も、日曜日に珍しい車両がやって来るというのにぐずついたお天気で(涙)。

d0144549_19565487.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
試9697M 2017年4月9日(日) JR播但線砥堀~仁豊野間にて
周辺トイレ:なし

朝から地区の用事で妻が出かけていたので、息子のおもりをしながらお留守番。
妻の帰宅を待って、仁豊野の某手袋メーカーの工場前に陣取りました。
今日の狙いは、架線検測を行うクモヤ443系。
通常は平日に検測するのですが、今回は珍しく日曜日の入線です。
人出が予想されたのでさっさと場所取りしておこうと、通過の2時間ほど前から待機していました。
通過時刻が近付くと、やはり学生っぽい男の子が3人やって来ました。
その後、自転車に乗った若い女性もやって来ましたが、桜を見たか撮ったかしたようで、すぐに他所へ。
さらに、たまに見かける男の子もやって来、5人での撮影となりました。
これで天気がよかったらと思うと残念でなりませんが、地元でクモヤと桜の共演を記録できただけでも、素直に喜ぶべきでしょうね。

d0144549_20055751.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
試9698M 2017年4月9日(日) JR播但線寺前~新野間にて
周辺トイレ:なし

寺前からの復路を撮影すべく、日吉神社近くへ。
道路脇に大きく綺麗な桜があるので、これと絡めることができないかと考えました。
しかし、金網があったり橋の欄干があったりと、なかなか難しい場所でした。
散々悩んだ挙句、一部の枝を取り入れる構図に決めました。
線路の間に道路が2本あるので、車が来たらアウトだったのですが、クモヤ443系通過のタイミングでは通行はなく、何とか撮影できました。

d0144549_20111305.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
試9698M 2017年4月9日(日) JR播但線甘地駅にて
周辺トイレ:甘地駅
d0144549_20112785.jpg

新野・鶴居駅での停車の間に甘地駅へ先回り、3D「はまかぜ3号」との交換シーンを狙いました。
その前に、2番ホームから停車中のクモヤ443系を。

d0144549_20140691.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
試9698M 2017年4月9日(日) JR播但線甘地駅にて
周辺トイレ:甘地駅

往路の撮影時に、クモヤ442-2の検測用パンタ脇で照明が点いているのを確認していましたので、その箇所を。
数か月前の全検でLEDに変更されたようですね。
以前も照明はありましたが、点いてはいなかったと思います。

d0144549_20172883.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
左:3D 右:試9698M 2017年4月9日(日) JR播但線甘地駅にて(トリミング)
周辺トイレ:甘地駅

あれこれ撮影しているうちに2番線の信号が青を現示しました。
列車到着のアナウンスが流れ、千束の第4種踏切通過の警笛が聞こえ、3Dが入線してきました。
この装備での手持ち撮影ですから、傾きなどが気になりましたが、無事に交換シーンを記録。
少し望遠が足りなかったのでトリミングしています。

d0144549_20221590.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
試9698M 2017年4月9日(日) JR播但線香呂~仁豊野間にて
周辺トイレ:なし

さらに途中駅での長時間停車を利用し、地元で正面をねらうことに。
ここは、ほんの少し立ち位置がズレるだけで、写真が不細工になるポイントです。
幸い直前を103系が先行するので試し撮りが可能で、構図の調整が出来、納得の1枚を記録出来ました。


by 95219522 | 2017-04-09 20:27 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 07日
No.21 「春雨に煙る播但線」 4月7日号
本日2本目のアップです。
一気に桜が開花し、場所によっては見頃を迎えている播但線沿線。
今日はあいにくの天気でしたが、長谷周辺の桜の偵察と、神河町商工会さんに展示していただいている写真の展示替えも兼ね、撮影してきました。

d0144549_20343840.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
222D 2017年4月7日(金) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

つい先日、長谷~生野間で真昼間に列車と熊が衝突する事故が発生しただけに、里とは言え気が抜けません(汗)。
鈴を付けての撮影です。
さて桜はというと、寺前郵便局前に満開の木があるのみで、他は数輪が咲いている状態。
長谷に至っては全く咲いていませんでした。
今朝は雨が降ったこともあって、山霧が掛り良い雰囲気を醸し出していました。
まずは第2市川橋りょうで、背景の山を取り入れて222Dを撮影。
小雨の中、単行の気動車が峠を駆け降りてきました。

d0144549_20404521.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
225D 2017年4月7日(金) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:大河地区公民館公衆トイレ

折り返し225Dは、大河地区の定番カーブで。
と言っても、山霧に煙る背景の山を主役とした構図です。
もう少し煙っていたのですが、列車通過時は少し薄くなってしまいました。
単行とは言え、首都圏色車は存在感抜群です。

d0144549_20442494.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
226D 2017年4月7日(金) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

栗地区日原へ移動しました。
ここから望む渕地区方面の山々も、霧を被って良い表情でした。
2D「はまかぜ2号」、227Dと撮影。
茅葺屋根にトタンを張った古民家を入れて、峠を降りて来る226Dを記録しました。
2両編成の和田山方には、方向転換したキハ41ー2001が連結されていました。

d0144549_20484776.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
229D 2017年4月7日(金) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

キハ41-2001が単行となる229Dは、為信俯瞰から。
このポイントのずっと奥で森林伐採作業が行われており、4トンの材木トラックがピストン運行しているので、中腹に車を置いて歩いて上がりました。
ここからも、霧が掛る山を捉えることができました。
止んでいた雨が激しくなる中、力強いエンジン音を木霊させ、峠に挑みます。

d0144549_20543501.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
1233D 2017年4月7日(金) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

商工会にお邪魔して展示替えを済ませ、9646D「天空の城竹田城跡号」を為信で撮影し、大河地区へ。
キハ41-2001を大きく捉えようと、踏切脇に陣取りました。
本番前に、同車の230Dの後追いで構図を確認し、本番を迎えました。
見慣れた顔ですが、ジャンパ栓が増設され、貫通幌が付いただけで“重装備”と言う顔立ちになるのですから、面白いものです。


by 95219522 | 2017-04-07 21:00 | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 07日
No.20 「山陰線から、春が来た播但の里へ」 4月2日号
この日は、豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」の回送運転があるというので、朝一で山陰本線へ出かけました。

d0144549_19543329.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
回9829D 2017年4月2日(日) JR山陰本線宿南信号所~江原間にて
周辺トイレ:なし

播但道を北上すると、但馬に入った途端に濃霧でした。
当初は餘部橋りょうへ直行しようと考えていましたが、霧が掛る山の表情が面白そうだったので、前回同様に宿南信号所近くで撮影することに。
到着した時は背景の山に霧が掛り、最高のシチュエーションでした。
風もなく、「~瑞風」通過まで持つだろうと思っていましたが、通過20分ほど前に一気に霧が晴れ、普通の景色になってしまいました。
今更移動するのもなんだし・・・、結局そのまま撮影することに。
最初から餘部へ行けばよかったかなぁ・・・。

天気がいいので、山陰本線を後にして播但線へ転戦です。

d0144549_20020978.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
229D 2017年4月2日(日) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

土筆が気になったので、為信地区のお堂前にやって来ました。
直後に知人も来られ、一緒に撮影することに。
まもなくやって来る229D、方向転換したキハ41-2001が充当されているだろうと予想していましたが、知人が寺前駅で同車の充当を確認したとおっしゃったので確信に。
田起こしの済んだ田んぼを横目に、警笛を響かせゆっくりと峠を登って行きました。

d0144549_20063142.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
231D 2017年4月2日(日) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

229Dを見送った後は、土筆との共演を撮影するための場所探しです。
アスファルトに寝そべっては少し移動、移動してはまた寝そべるの繰り返しで場所を探りました。
1228Dを撮影しましたが、バックの電柱がうるさい構図になったので、再び場所を探り、折り返し231Dでリベンジ。
車両の位置も納得できる1枚が撮れました。

d0144549_20103858.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
上:9646D 下:1233D 2017年4月2日(日) JR播但線寺前⇔長谷間にて
周辺トイレ:なし
d0144549_20110031.jpg

鍛治地区(大河地区になるのかな?)に梅が咲いていました。
まずは1D「はまかぜ1号」を撮影。
続いて、峠を降りてきた9646D「天空の城竹田城跡号」を。
後を追ってきたキハ41-2001の230Dを撮影し、切妻側が前になる1233Dを記録しました。
もう少し枝ぶりがよければいいのですが、これでも季節感たっぷりだと思っています。

d0144549_20172948.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
232D 2017年4月2日(日) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:大河地区公民館公衆トイレ

大河地区の踏切脇、昨年トランス設置のために保線の方が掘り返しておられたのでもうダメだと思っていた水仙が、今年も見事に咲いてくれました。
バックに家が建ったりと撮影しづらくなりましたが、何とか今年も気動車との共演を記録できました。

d0144549_20215440.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
1234D 2017年4月2日(日) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

この日、峠地区の梅園が満開でした。
妻と交際しているときから、ここの梅園は綺麗から一緒に見に行こうと約束はしていたのですが、結婚式の準備、妻の妊娠と、見に来る機会を逃していました。
今年こそはと、播但線に乗って寺前までやって来た妻・息子と合流し、ようやく揃って梅園に行くことができました。
他に誰もいないので、親子3人で独占状態でした。
為信地区通過の警笛が聞こえ、1234Dがやって来ました。
妻に抱っこされた息子は、走り去る気動車を指差して笑顔を浮かべていました。
親父に似て鉄道ファンになるんかなぁ(笑)。
この後は砥峰高原へ。
まだまだたくさんの雪が残っていました。


by 95219522 | 2017-04-07 20:30 | 山陰・播但線 | Trackback | Comments(0)