<   2017年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2017年 03月 23日
No.19 「新型除雪車、再び」 3月22日号
この日は、昨年11月にも撮影した新型除雪用気動車(牽引車兼用)キヤ143形の8号車が、新製配置先の後藤総合車両所へ回送されるということで、山陰本線へ行ってきました。

d0144549_20033145.jpg
Canon EOS-1D X / EF28-300mm f/3.5-5.6L IS USM
2017年3月22日(水) JR山陰本線豊岡駅にて
周辺トイレ:豊岡駅

豊岡駅に併設の車両基地、福知山電車区豊岡支所の南側には、同所所属のキヤ143形3号車と、年明けに配属となった6号車が留置されていました。
同じく同所の2台の除雪用機関車、DE15形1507号機と2525号機は庫の中で縦列で留置されていました。
そして、この日回送されるキヤ143形8号車は、敷地の北側、自由通路の下に留置されていました。
3・6号車との差異はありません。

d0144549_20092163.jpg
Canon EOS-1D X / EF28-300mm f/3.5-5.6L IS USM
2017年3月22日(水) JR山陰本線豊岡駅にて
周辺トイレ:豊岡駅

奥に”サンダーバード崩れ”の289系が留置され、昔ながらの駅名票が見えたので、それらと絡めて。

d0144549_20112617.jpg
Canon EOS-1D X / EF28-300mm f/3.5-5.6L IS USM
2017年3月22日(水) JR山陰本線豊岡駅にて
周辺トイレ:豊岡駅

自由通路から南側を望む。
右が6号車、左奥に見えるのが3号車で、「天空の城竹田城跡号」車両も確認できる。

d0144549_20133342.jpg
Canon EOS-1D X / EF28-300mm f/3.5-5.6L IS USM
2017年3月22日(水) JR山陰本線豊岡駅にて
周辺トイレ:豊岡駅

しばらくホームであれこれ撮影していると、元タンゴディスカバリーのリニューアル車「丹後の海」が入線してきました。
車両のデザイナーとしてすっかり有名になった方のデザインです。
なかなかカッコいい車両ですが、よく汚れていました。
289系との並びを。

d0144549_20162698.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
回9851D 2017年3月22日(水) JR山陰本線鎧~餘部間にて
周辺トイレ:道の駅あまるべ

豊岡駅と後にし、城崎・竹野経由で佐津へ。
途中で日本海と絡めて撮影しようかと思ったのですが、最終目的地の餘部橋りょうの通過に間に合わなかったら嫌なので、十分すぎるほどの時間的余裕があったのですが、餘部へ直行しました。
11月にここでキヤ143形の回送を撮影した時は、少しピントが甘かったので、今回はそのリベンジでもあります。
まず上りの普通列車で試し撮り、ピントはバッチリでした。
先行の下り普通列車が通過するころには、観光の方が3名おられ、この方たちと一緒に撮影。
3名が降りるのと入れ違いに、キヤ狙いのファンが1名来られました。
やがて、音もなく静かにトンネルから橋りょうへ出てきたキヤ143形8号車。
ミニ四駆などのモーター音のようなエンジン音を響かせて、ゆっくりと橋りょうを通過しました。
たまたま「空の駅」施設にいた方が、珍しそうに見送っているのが写っています。
今回はピントはしっかり合いましたが、エレベーター工事のクレーンのアームが写り込んでしまいました。
こればっかりは仕方ありませんな(汗)。

帰宅の途中でカニを買い(と言ってもロシア産の紅ズワイ5肩)、夕食に。
何と、1歳半の我が子も食し、満面の笑みを浮かべていました。
恐るべし!!


by 95219522 | 2017-03-23 20:28 | 山陰線 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 19日
No.18 「フル編成で山陰へ」 3月19日号
ニュースや関西ローカルのワイド番組で紹介されることが増えてきた、JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」。
3月から、車体を覆っていた保護用ラッピングを外した10両フル編成によるブレーキ試験が、東海道・山陽本線(JR神戸線)で連日行われてきましたが、試運転の舞台を山陰本線へ移すため、編成の回送が行われました。
ラッピングを外したフル編成の「~瑞風」が山陰本線に入線するのは今日が初めて。
早朝に家を出発し、北上しました。

d0144549_20022991.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
回9829D 2017年3月19日(日) JR山陰本線宿南信号所~江原間にて
周辺トイレ:なし

まず向かったのは、宿南信号所の江原側。
家からの北上の道中、ところどころで山霧が掛っていたので、ここももしや・・・と期待したのですが、全く掛っていませんでした。
2D「はまかぜ2号」など、数本の列車を撮影し見送ったあと、本番となりました。
重低音といえば言い過ぎになるかもしれませんが、独特の渋いエンジン音を響かせ、グリーンの堂々たる編成が悠々と姿を現しました。
風格のある編成美、本当に美しい編成だと思います。
JR九州の「ななつ星in九州」も綺麗な編成ですが、個人的には「~瑞風」に軍配が上がるかなと思っています。
ここでは知人と一緒でしたが、ここでお別れし、私は先回りを。

通過する車体側面にエンブレムを確認したので、慌てて撮ったのが下の写真です。
d0144549_20131414.jpg

d0144549_20133926.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
回9829D 2017年3月19日(日) JR山陰本線居組~東浜間にて
周辺トイレ:なし

当初は餘部橋りょうで撮影しようと考えていたのですが、道の駅の駐車場はいっぱい。
「わ!もおええわ」とそのまま通過し、東浜へ。
着いてみると、東浜駅着まで2時間あると言うのに、定番の山の上にはすでに多数の方が陣取っておられました。
私は、あちこち歩いてポイントを探りましたが、道路端から撮影しようと三脚を据え、しばらくその場にいました。
が、ふと見ると、一段下のガードレールに三脚が括りつけられ、場所撮りされているではありませんか。
もしここに当人がくれば完全に入ります。
ボロの、使えそうにない三脚なので、数日前から場所を取っているのでしょう。
話には聞いてましたが、実際目にすると、やっぱり呆れます。
さて、どうしたものかと辺りを見渡すと、定番地後方に上がっておられる方がいるのに気付きました。
私も便乗させていただこうと思い、そちらへ。
最高の眺めでした!
海と空を大きく取り入れ、「~瑞風」停車に合わせて改装中の東浜駅と、すぐ横に立つ「~瑞風」乗客用レストランの建物も入れて撮影しました。
編成が小さくなってしまいましたが、山陰らしい風景と「~瑞風」の共演をいち早く記録できたことに満足しています。

この後、15時までに帰宅しなければならなかったので、大急ぎで帰路につきました。


by 95219522 | 2017-03-19 20:27 | 山陰線 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 17日
No.17 「春よ早よ来い!播但線」 3月17日号
梅が咲いたと思ったら雪が降ったり、春が足踏みしているようですね。
そろそろ非電化区間の梅も見頃かな?と思い、朝から出かけてきました。

d0144549_20490159.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
223D 2017年3月17日(金) JR播但線長谷~生野間にて(後追い)
周辺トイレ:なし

夜が明けるのが早くなりましたね。
少し前なら、朝6時なんて真っ暗でしたが、空がかなり明るくなっています。
今朝はよく冷え込み、霜が降りていました。
北上し、寺前駅前で220Dの入線を目撃しました。
そのまま北上を続け、長谷まで来ると山に霧が掛っています。
渕地区までやって来ると、真名谷の山が良い感じに霞んでいました。
223D通過まで20分近く時間があるので、風で霧が流される可能性もありましたが、待つことに。
やがて畑中踏切の警報音が聞こえ、223Dがやって来ました。
山の霞み具合は刻々と変化していきますが、223D通過時が一番良い表情を見せていました。

d0144549_20553719.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
222D 2017年3月17日(金) JR播但線長谷駅にて
周辺トイレ:長谷駅

先日よりお伝えしている、方向転換したキハ41-2001、今日は4日目の運用で幌付き”埴輪顔”を拝めるので、長谷駅で後追い撮影しようと思い、ホームへ。
224Dまで時間あるので、222Dを撮影。
ラインカラ―に変更された駅名票を入れて。

d0144549_21001925.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
224D 2017年3月17日(金) JR播但線長谷駅にて(後追い)
周辺トイレ:長谷駅

225Dも撮影し、お目当ての224Dです。
長谷駅では誰一人乗降なし、35km/h制限のため、低速で分岐器へと向かう編成を後追いしました。
やはり幌付き”埴輪顔”はインパクトがあります。

d0144549_21035041.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
227D 2017年3月17日(金) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:浄化センター前公衆トイレ

折り返し227Dは当初、第一市川橋りょうを渡って来るシーンを狙おうと考えていましたが、背景の山裾の電線が朝日を受けて輝き、その存在があからさまだったのでUターン。
下市川橋りょうのお立ち台から狙うことにしました。
人里離れた、人っ子一人いない静まり返ったこの場所、一人でいるのはやはり心細いです(汗)。
試し撮りしようにも、2D「はまかぜ2号」はとっくに峠を降りてしまったので、ぶっつけ本番です。
過去の撮影の記憶をたどり、構図を決めました。
微かにエンジン音が聞こえ、やがて227Dが姿を現しました。
いつもより少し速度が遅いようで、シャッター速度を稼げない中でも、何とか写し止めることができました。

d0144549_21110560.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
9646D 2017年3月17日(金) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

その後、竹田辺りまでロケハンに行きましたが、これといったものがなく、そのままトンボ帰り。
4日から運転が始まった9646D「天空の城竹田城跡号」を、栗地区日原の紅梅と絡めて。
先日よりも多くの花を咲かせていましたが、以前のような勢いは感じられませんでした。
しかし、記録出来て満足。

d0144549_21150024.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
9646D 2017年3月17日(金) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:大河地区公民館公衆トイレ

長谷駅停車の間に大河地区へ先回りし、梅と絡めて。
通過直前まで晴れていたのですが、車両が見えた途端に曇ってしまいました。
まぁ、そんなもんです(涙)。

峠地区の梅林、県道下はちらほら咲いていますが、山の斜面はまだまだ咲きそうにありません。
早よ咲いてくれへんかなぁ・・・。


by 95219522 | 2017-03-17 21:19 | Trackback | Comments(2)
2017年 03月 11日
No.16 「なごり雪の朝を迎えた播但線」 3月11日号
今日は、先日お伝えした、方向転換して活躍中のキハ41-2001が、日中寺前駅に留置されるので、貫通幌を付けた“埴輪顔”を出来るため、これ狙いで朝から北上してきました。

d0144549_19565016.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
220D 2017年3月11日(土) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

厳しい冷え込みの朝、キハ41-2001を連結した220Dが峠を降りてきますが、里はまだ明けていません。
薄暗い中、だんだん白んでくる空と、まだまだ暗い里を主役に220Dを狙いました。

d0144549_20000866.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
223D 2017年3月11日(土) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

折り返し223Dを記録すべく北上。
途中、長谷付近から渕方面の山を見ると、白く霞んで見えました。
雪が舞ってるんか?と北上を続けると、渕辺りから雪が降り始め、下市川橋りょう周辺からは雑草や木々、土の上等が薄ら雪化粧していました。
上市川橋りょうも良い雰囲気だったので、223Dはここで。
編成の前側(左)が通常向きのキハ41-2005、後ろが方転した2001です。

d0144549_20065235.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
上:222D 下:225D 2017年3月11日(土) JR播但線長谷⇔生野間にて
周辺トイレ:なし
d0144549_20070411.jpg

雪は、あっという間に小雨に変わりました。
223Dと生野駅で交換した222Dは、橋りょう北の杉を取り入れて撮影。
そのまま居座り、折り返し225Dは、川尻地区の集落側にカメラを振って撮影しました。
切り取り方で、様々な表現ができる良いポイントです。
2両より単行が似合うポイントでもあります。

d0144549_20125229.jpg
Canon EOS-1D X 
上:EF24-70mm f/2.8L USM 下:EF70-200mm f/2.8L IS USM
上:224D 下:2D 2017年3月11日(土) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:浄化センター前公衆トイレ
d0144549_20130902.jpg

下市川橋りょうへ移動、まずは広角で薄ら雪化粧の山を取り入れて224Dを撮影。
橋りょう奥の山の表情が良かったので、レンズを変え、山を主役に2D「はまかぜ2号」を狙いました。
朱色の編成はやはり目立ちます。

d0144549_20181700.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
226D 2017年3月11日(土) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

キハ41-2001を連結した編成の226D、当初は空を大きく取り入れて撮影しようと考えていたのですが、雲が次々と流れ、光線を遮ったり日が射したりの繰り返し。
結局通過の際は厚い雲に覆われてしまいました。
編成が見えるまで”空構図”で待ちましたが、日が射さないので、急遽連結部流しに変更しました。
左が2001、こうして見ると窓がないので郵便車か荷物車のように見えますね。
スカートとステップの間にホーム検知装置が確認できます。

d0144549_20241011.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
8051D 2017年3月11日(土) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

栗地区日原の紅梅が気になっていたので、8051D「かにカニはまかぜ号」撮影がてら訪ねてみました。
花の数が少ないものの、咲いていました。
気温が下がり、風が強くて寒い中での撮影でした。
この木、大雪で枝が折れてしまったので、来年は弱ってしまっているかもしれません。

d0144549_20274752.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
2017年3月11日(土) JR播但線寺前駅にて
周辺トイレ:寺前駅
d0144549_20280660.jpg

寺前駅にやって来ました。
キハ41-2001はすでに5番線に留置されていました。
また2番線には、5615Mとして到着した編成が停まっていました。
この編成、すぐに入換が行われて4番線に留置となるので、キハ41-2001をスッキリ撮影できる時間はほんの僅かしかありません。
その間に何とか撮影したのが上の写真。
貫通幌付きの”埴輪顔”、結構厳ついなぁ。
なお、入換中の編成は播但線全通110周年記念マーク掲出のBH4編成でした。

今日の撮影はここまで。


by 95219522 | 2017-03-11 20:35 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 06日
No.15 「ヘンテコ編成!播但線」 3月5日号
3日夜、ライブカメラで、山陰本線回830D充当のキハをたまたま確認したところ・・・「ん?」という状況でした。
どうもキハ41が方転、つまり切妻の“埴輪顔”が城崎側を向いているように見えたのです。
まさか・・・、と思いつつ気になったので、4日夜に初日の運用を終え、他の車両と連結した2両編成となって留置されている寺前駅へ、仕事帰りに足を伸ばして確認に行きました。
5番線に留置された編成の和田山方はキハ41-2005で通常の向きでしたが、初日の運用を終えた姫路方の車両を見ると、やはり方転したキハ41-2001の姿がありました。
後藤所に入場の際、ホーム検知装置設置とともに切妻側にジャンパ栓を設置したのですが、これが原因との噂を耳にしました。
ジャンパ栓設置が後藤所のミスなのか、すべてのキハ41に同じ工事を施工するのかは定かではありませんが、翌5日は切妻側同士を連結した編成が見られます。
夜勤に勤務を変更したため、昼ごろまで寝ていたかったのですが、史上初となるこの編成を記録すべく、朝の僅かな時間ですが、撮影に出かけました。

d0144549_10365644.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
224D 2017年3月5日(日) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

始発となる1221Dは、まだまだ辺りが暗いのでパス。
和田山から折り返して来る224Dを、為信地区のお堂前で狙いました。
ここは谷が狭く、東の山が高いので、この時間はまだ陽が射しません。
ようやく西の山に陽が射し始めたころの通過です。
手前が方転したキハ41-2001、後ろが本来の向きの2005です。
切妻側同士が向かい合って連結されているのがお分かりいただけるでしょうか。

d0144549_10440767.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
上:227D 下:226D 2017年3月5日(日) JR播但線長谷⇔生野間にて
周辺トイレ:なし
d0144549_10442278.jpg

続いて、折り返し227Dを、もっとサイドよりから狙おうと、上市川橋りょうへ移動しました。
逆光に霞んだ光景が良くて、編成をアップでと考えていましたが、やはり情景的に撮ってしまいました。
上の227D、左が通常の2005で右が方転した2001、こちらの方が切妻同士が向かい合っていることが分かりますし、右の2001が逆を向いていることが伝わると思います。
下の写真は227Dと生野駅で交換した226D。
丁度この編成もキハ41同士の2両編成だったので、比較しやすいようにアップしました。
後藤所のミスによるものなら、次回の検査まで、あるいは臨時入場で対応ということも考えられます。
いずれにしろ、期間限定になるでしょうから、これも記録しておきたい対象だと思います。


by 95219522 | 2017-03-06 10:54 | 播但線 | Trackback | Comments(2)
2017年 03月 01日
No.14 「冷え込んだ早春の里から山陽へ」 3月1日号
そろそろ梅が咲いてるかなぁと思い、朝から北上してきました。

d0144549_19352276.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
225D 2017年3月1日(水) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

今朝は冷え込み、霜が降りていました。
凍える寒さの中、栗地区日原へ。
霜で白くなった田んぼに氷が張っていました。
キハ41単行の225Dが峠を登ってくる時間、寒さを物語る田んぼを主役に。

d0144549_19400114.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
224D 2017年3月1日(水) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

すぐ近くの紅梅、数輪の花を咲かせていました。
蕾も濃い赤になっていたので、これをメインに224Dを。

d0144549_19425106.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
226D 2017年3月1日(水) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:大河地区公民館公衆トイレ

大河地区へ移動し、バス停近くの梅の木を。
こちらも、ちらほらと花を咲かせ、先ほどの紅梅ともども、早春の装いといったところでしょうか。
うまく満開の時にも撮影できたらと思います。

d0144549_19461074.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
8051D 2017年3月1日(水) JR播但線新野~寺前間にて
周辺トイレ:なし

比延地区へ移動し、日吉神社近くの梅を狙いました。
年々、咲く花が少なくなっているように思うのですが、それでもたくさんの花を咲かせていました。
8051D「かにカニはまかぜ号」と絡めて。
今日は珍しく3両編成での運転でした。
この後、少し用事を済ませてJR神戸線へ。

d0144549_19500663.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
試9912D 2017年3月1日(水) JR山陽本線東姫路~御着間にて
周辺トイレ:なし

先日プレス公開が行われ、テレビ各局が生中継まで行った「トワイライトエクスプレス瑞風」。
これまでは車体保護用の黒いラッピングに覆われ、主に4~5両で試運転を重ねてきましたが、本日からラッピングを剥がしたフル編成10両での試運転が始まりました。
市川の橋りょうには網干行き試9911Dの通過前に到着していましたが、市川の対岸に3名ほど撮影者らしき姿が見えたので、三脚だけを置いて橋りょうの南側へ移動。
橋りょう脇から試9911Dを適当に撮影(^-^;)。
通過後しばらくしてから北側へ戻り、セッティング。
定番の堤防は工事中なので、下からの撮影です。
後から数名いらっしゃり、横一線に並んでの撮影となりました。
濃い緑に5本の金帯、デッキの囲いも金色と、とにかく渋い「~瑞風」。
是非とも妻と乗ってみたいけど、倍率も金額も高すぎますね(笑)。
でもいつかは!!

d0144549_20034562.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
試9912D 2017年3月1日(水) JR山陽本線東姫路~御着間にて(トリミング)
周辺トイレ:なし

通過する列車の側面をカメラで追っていると、列車名の表記が。
本当はエンブレムを撮りたかったのですが(^-^;)。
少しトリミングしています。


by 95219522 | 2017-03-01 20:06 | 山陽・播但線 | Trackback | Comments(0)