<   2016年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2016年 09月 30日
播但線全通100周年の思い出
本日より、播但線全線開通110周年を記念したヘッドマークが、電化区間を走る103系3500番代2編成に掲出されています。
早いもので、100周年イベントで盛り上がってから10年が経ったのですね。
今回は10年前、播但線全線開通100周年を記念して非電化区間のキハ40・41とキハ181系特急「はまかぜ」に掲出された記念ヘッドマークをご紹介します。
d0144549_10275561.jpg
上の写真は、全通100周年当日の2006年4月1日に寺前駅で撮影したもの。
直前の3月ダイヤ改正でキハ47の運用が消滅し、キハ40・41で統一されていたので、広島色だったキハ40 2046を含む8両すべての両端にヘッドマークが取り付けられました。
当時は冬になると「かにカニ日帰りエクスプレス」のヘッドマークが掲出されており、その裏面を利用したものでした。

d0144549_10284490.jpg
もう一枚は、4月2日に和田山駅で撮影した特急「はまかぜ」号。
1号だったか3号だった忘れてしまいました(汗)。
1日の4D到着・発車に合わせて、このホームでは出発式が盛大に催されました。
私は、駅空きスペースで行われた「播但線思い出写真展」の会場番をしていたので、その様子を駅の外から眺めていましたが、ホームはもちろん駅周辺には多くの方が集まって、手を振って4Dを見送りました。

前年4月に、俗に言う尼崎脱線事故が発生し、JRさんはイベント毎は自粛ムード。
播但線全通100周年記念に際しても当初は、JRの施設はもちろん、車両等を使ったイベントはご法度という状態。
そんな中で出来ることを考えて盛り上げていこうというのが沿線自治体の考えでした。
その後、自治体とJRさんとの間で様々な意見交換があり、気動車へのマーク取り付け・和田山駅での出発式がOKとなり、さらにはJRさん独自で「はまかぜ」への記念マーク掲出までもが実行されるに至りました。
あの事故から1年というこの時期に、ここまでことができるなんて、誰も想像していなかったことでしょう。
12月まで、写真展を中心に様々なイベントが行われた100周年、いい思い出です。


by 95219522 | 2016-09-30 11:02 | 播但線 | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 27日
No.38 「今季最後か?彼岸花」 9月27日号
今日は天気が回復するということで、今季最後になるかな?彼岸花を求めて北上しました。

d0144549_14090236.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
224D 2016年9月27日(火) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

いつもより遅めに家を出ましたが、彼岸花が咲く峠区間にはまだ陽が射していません。
何かないかと流していると、第二市川橋りょう付近で市川の水面がギラギラ輝いていることに気付きました。
225D通過時は、太陽が雲に隠れたので撮影せずに見送りましたが、224D通過時は雲が晴れ、煌めく水面を記録することができました。

d0144549_14135106.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
2D 2016年9月27日(火) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

峠の寺前より、鍛治地区に陽が射してきました。
毎年のように彼岸花が群生するポイントですが、踏切側数メートルが見事に刈られてしまっていたので、残っている箇所を水路から見上げるように、2D「はまかぜ2号」と絡めて撮影しました。

d0144549_14174972.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
227D 2016年9月27日(火) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

2Dと入れ替わりにやって来る227Dは、群生する彼岸花の反対側に回り込んで。
寺前駅を2Dと同時に発車するので、あっという間に通過時刻となります。
空を入れて、彼岸花も入れて・・・とカメラを構える頃には踏切が鳴動し始めていました。
まぁ、何とか撮影できたので良しかな。

d0144549_14214160.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
229D 2016年9月27日(火) JR播但線寺前~長谷間にて(後追い)
周辺トイレ:なし

為信地区のお堂前に移動し、彼岸花と絡めて226Dを撮影しましたが納得できず、そのまま居座って229Dを狙いました。
この頃になると、空は雲に覆われて陰ってしまいました。
晴れの中で撮影したかっただけに、気分が乗らなくなり、今日はこれにて早々に引き揚げました。
そろそろ彼岸花も傷みが目立ってきましたので、今季の撮影はこれで終わりかな?


by 95219522 | 2016-09-27 14:26 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 27日
No.37 「キハ、都会へ行く」 9月25日号
本日2本目のアップです。
25日は、10月に引退予定のキハ41 2003「銀の馬車道・鉱石の道ラッピング気動車」を使った、銀の馬車道140周年・播但線全線開通110周年記念「銀の馬車道『グルメ街道』トレイン」が回送を含めて2往復運転されました。
天気が今一つでしたが、朝の模様から順に。

d0144549_23110122.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
5604M 2016年9月25日(日) JR播但線京口~姫路間にて
周辺トイレ:なし

京口方面から姫路駅構内までを一望できる、ある施設の24時間営業駐車場に午前6時過ぎに入りました。
EF210 304号機牽引の上り貨物や、単機で下ったトワイライトエクスプレス色のEF65 1124号機などを撮影していると、朝日が射し始めました。
京口方面を望むと、市川橋付近の商業施設まで見渡せ、逆光で良い雰囲気。
丁度103系の5604Mがやって来たので撮影。

d0144549_23180767.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
回9660D 2016年9月25日(日) JR播但線京口~姫路間にて
周辺トイレ:なし

雑誌に掲載された姫路着時刻を見ると、8月に運転された竹田城跡号利用の団臨より約7分早く到着するようでした。
自作のダイヤグラムでスジを引くと、運転停車だった福崎駅が通過のようで、その分姫路着が早く設定されたようです。
221系の5610Mが2番線に入線し、1番線から5609Mが発車。
5612Mが1番線に到着し、2番線の221系が電留線に引き上げれば回9660Dがやって来ます。
京口方面を注視していると、ゆっくりゆっくり、今にも停車しそうな速度でやってきました。
当初はキハ47を併結するかと思っていましたが、首都圏色のキハ41 2004を姫路方に連結していました。
どんより曇った姫路市街地に、田舎のキハがやって来た瞬間です。
ちなみにキハ41の入線は、「銀谷まつり」が始まった頃に設定されていた臨時普通列車「銀谷まつり号」以来のことで、首都圏色・ラッピングのキハ41が姫路へ入線するのは今回が初めて。

d0144549_23305872.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
9621D 2016年9月25日(日) JR播但線姫路駅にて
周辺トイレ:なし

乗客を乗せて生野を目指す「グルメ街道トレイン」は、同じ場所から姫路駅発車を狙いました。
ホームでの撮影は他の方にお任せして(^-^)、私は「あっ、姫路駅やん」とわかる写真を撮ろうと思いました。
新幹線ホームに東横イン、日航ホテルに「揖保の糸」ネオン塔とくれば、誰が見ても姫路駅でしょ(地元の人限定か)。
普段は田舎で活躍している2両が、こんな大きな駅にいる・・・違和感があって面白いですね(^-^)。
ホームでは姫路駅長の出発合図があったそうで、それに答えたものなのか、発車時刻にタイフォンが響きました。
ゆっくりと2番線を出てきた編成の車内は満員御礼状態でした。

d0144549_23393200.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
9622D 2016年9月25日(日) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

復路まで時間があるので為信で彼岸花を狙っていると、姫路駅で撮影されていた知り合いの方がいらっしゃり、あれやこれやと話しながら撮影を。
お昼にもう一方いらっしゃって、以降はこちらと行動を共にすることに。
復路は寺前駅で30分近い停車があるようなので、非電化区間が1回、電化区間で1回撮影しようということで、1発目は為信のお堂前で。
少し流れてしまいましたが、車内が満員なのがよく分かります。
手を振って見送ると、車内から数名の女性が手を振り返してくださいました。
こういう、手を振って見送りたくなる列車、通年で運転してほしいですよね。
今回の企画、ラジオ局がいっちょ噛みしているからかもしれませんが、大成功ですから、北陸の「花嫁のれん」に負けないグルメ&観光列車を設定してもいいのではないでしょうか。

d0144549_23482468.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
9622D 2016年9月25日(日) JR播但線鶴居~甘地間にて(トリミング)
周辺トイレ:なし

寺前駅停車中に先回りしたのは鶴居駅の南側。
鎮守の森の前で稲刈りが行われていたので、作業の邪魔にならぬように。
青空の下で撮影したかったなぁと思ってしまう光景です。
ここでも手を振ってお見送り、車内からやはり女性が振り返して下さいました。

d0144549_23514384.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
回9663D 2016年9月25日(日) JR播但線甘地~鶴居間にて
周辺トイレ:なし

豊岡への回送は、先ほどのすぐ近くの踏切脇から。
一人で待つには時間が長すぎますが、連れがあればあれこれ話ができるのであっという間に時間が経ちます。
予想では14時40分過ぎに通過すると思っていましたが、なかなかやって来ません。
結局は予想より20分ほど遅く、以前のクモヤ検のスジに近い時刻でやって来ました。
直後、雨が降り出し、本降りに。

姫路の某駐車場、為信地区、鶴居で御一緒しました皆さま、楽しい時間をありがとうございました。


by 95219522 | 2016-09-27 00:00 | 播但線 | Trackback | Comments(4)
2016年 09月 26日
No.36 「彼岸花を求めて」 9月22日号
22日は、25日に運転される銀の馬車道140周年・播但線全線開通110周年記念「銀の馬車道『グルメ街道』トレイン」の撮影ポイントの下見に行き、その後非電化区間へ向かいました。
雨が降ったりやんだりの天気、濡れた彼岸花を記録出来そうと、道中ワクワクしておりました(^-^)

d0144549_22493095.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
229D 2016年9月22日(木) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

まずは為信地区のお堂近くへ。
小雨が降ったあとで、彼岸花はしっとりと濡れていました。
田んぼへ降りる畦道にしゃがむと、草が濡れているせいで、ズボンのおしりの部分が濡れてしまいました(笑)。
朱色のキハ41と。

d0144549_22545290.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
1228D 2016年9月22日(木) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

田んぼの寺前側に移動しました。
準備中、雨脚が強まったので合羽を着用。
ここでも朱色のキハ41と。
この場所だと、“埴輪顔”が拝めるのでキハ41らしくて良い!

d0144549_22584311.jpg

Canon EOS-1D X / EF28-300mm f/3.5-5.6L IS USM
231D 2016年9月22日(木) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

長谷駅よりに移動し、はさかけと彼岸花を入れて。
ほんの数分ですが、雨が激しく降ったお陰で、山霧が掛って雰囲気が抜群でした。
朱色のキハが景色に映えます。

d0144549_23021042.jpg
Canon EOS-1D X / EF28-300mm f/3.5-5.6L IS USM
9646D 2016年9月22日(木) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

9646D「天空の城 竹田城跡号」もはさかけと一緒に。
長谷の山にも山霧が掛り、良い雰囲気を醸し出していたので、これを大きく取り入れて。


by 95219522 | 2016-09-26 23:05 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 19日
No.35 「一段と 秋が近付く 播但線」9月17日号
9月16日付けでJR西日本HPにて、播但線全通110周年キャンペーンに関する発表がありました。
電化区間の103系2編成にヘッドマークを掲出する等の掲載がありますので、是非ご覧ください。


さて、17日は雨予報だったので、しっとり濡れた彼岸花を撮影できたらなぁと思い、早くに起きて北上しました。
何時降り出してもおかしくない空模様でしたが・・・。

d0144549_01305232.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
223D 2016年9月17日(土) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

寺前駅までやって来ると、数分後に発車する223Dがホームに止まっていました。
和田山方には、引退が迫っている銀馬車・鉱石号の姿がありました。
そのまま北上を続け、彼岸花の群生ポイントをのぞきますが、まだ1週間ほど早い状態でした。
ならば、為信のはさかけは?と思い、そのまま北上。
県道が高くなった箇所から、築堤の向こう側の田んぼを観察すると・・・、あるある!!今年もちゃんとはさかけがしてありました。
写真展を開催するたびに紹介し、「こんなん今でもあるんやねぇ」と言われるはさかけ。
今年も記録できることに喜びすら覚えてしまいます。
築堤脇の邪魔にならない場所に駐車して、大急ぎで畦道へ。
構図を考えていると、第4種踏切通過前の警笛が聞こえました。
霞む為信の山を取り入れて。

d0144549_01392985.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
222D 2016年9月17日(土) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

為信のお堂前に移動しました。
先日まで黄金に輝いていた稲穂、ここもすっかり収穫が終わり、なんだか寂しい感じになっていました。
切ないような思いに駆られる私でしたが、朱色のキハ41はいつもと変わらず、淡々と仕事をこなしていました。

d0144549_01431829.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
227D 2016年9月17日(土) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

お堂の裏にコスモスが咲いていました。
224D、2D「はまかぜ2号」と撮影し、224Dの折り返し227Dを撮影しました。
開放気味にし、手前のコスモスを強調しましたが、バックを行く車両がなんであるかは一目瞭然。
播但線をご存じの方なら“あいつや”とすぐに車番が浮かぶことでしょう(笑)。

d0144549_01472760.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
226D 2016年9月17日(土) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

向きを変え、朝一番で撮影した銀馬車・鉱石号の折り返し226Dを撮影しました。
この組み合わせは今季が最後。
晴れた日にもう一度記録したいのですが、願いは叶うでしょうか・・・。

d0144549_01500635.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
上:9081D 下:229D 2016年9月17日(土) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし
d0144549_01504018.jpg

連休初日のこの日、行楽客向けに9081D「はまかぜ81号」が設定されていました。
3両で運転される臨時はまかぜと、その後を追う銀馬車・鉱石号の単行となる229Dは、朝一と同じくはさかけとの組み合わせを。
朝一とほぼ同じ構図で狙った9081D、3両編成なので乗車率は高いかなと思っていましたが、空席が非常に目立ちました。
天候が悪くなることもあって、行楽地へ向かう方も少ないのでしょうね。
続く229D、少しズームして狙いました。
走り去る車内から、向かい合わせに座った若いお母さんと男の子がじっと私を見ていました(^-^)。

d0144549_01594364.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
1228D 2016年9月17日(土) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

はさかけの田んぼに小型のコンバインが置かれていました。
これは、何束か稲を刈ると自動的に根元側を結束して、側方へ排出する方式のもので、私が子供の頃はこのタイプがスタンダード。
手伝いと言えば、コンバインの後について排出された稲の束を抱えて、草刈りした畦に綺麗に並べることでした。
刈り終わると、大人が稲木を組み、それが終わると畦に置いた稲の束を稲木まで持っていって大人に渡すと、真ん中から二股に分けて稲木に掛けるわけです。
20~30年前は当たり前の光景・作業で、親戚が集まって総出でやったものですよね。
DD51牽引の客レ、急行「但馬」、キハ82・181系特急「はまかぜ」などが行き交うのを見ながら、従兄弟たちと遊びながら手伝った昔が本当に楽しくで、良い思い出です。
そんな伝統が今もこうしてみられるなんて。

d0144549_02104591.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
9646D 2016年9月17日(土) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

再び為信のお堂裏に移動し、コスモスと9646D「天空の城 竹田城跡号」を記録しました。
こちらも、晴れた日にもう一度チャレンジしてみたい組み合わせです。
撮影はこれにて終了。
結局、当初予定の濡れた彼岸花は撮影出来ずでした(^-^;)。


by 95219522 | 2016-09-19 02:14 | 播但線 | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 07日
No.34 「刈り取り間近!播但線」 9月6日号
息子がまもなく1歳を迎えるので、誕生会の前に初めての散髪に行ってきました。
ずっと泣きじゃくっていましたが、イケメンになりました(笑)。
美容室から戻り、息子とシャワーを浴びて、少しだけ撮影に。

d0144549_18590627.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
1233D 2016年9月6日(火) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

大河地区の田んぼで、稲とのコラボを撮影しようと考えて北上しましたが、すでに稲刈りの後でした。
そのまま北上し、峠地区の県道下の田んぼが綺麗だったので、稲穂を見降ろしながら「天空の城 竹田城跡号」の間合い1233Dを狙いました。
こちらもそろそろ刈り取りでしょう、畦道が綺麗に草刈りされてましたので。

d0144549_19033479.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
232D 2016年9月6日(火) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

栗地区へ移動しました。
何やらエンジンの音と、時折バック音がすると思ったら、大型のコンバインで稲刈りを行っておられました。
生野方面を見ると、山の向こうに雲がモクモクと。
232Dまでまだしばらくありますが、畦道でそのまま待つことに。
日差しが強く、湿度も気温も高くて、立ってるだけで汗だくになりました。
時折吹くそよ風に癒されながら、ようやく通過時刻。
目の前には、私好みの風景が広がりました。

d0144549_19092767.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
235D 2016年9月6日(火) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

少し場所を移動して、232Dの折り返し235Dを。
頭を垂れた稲穂が本当に綺麗でした。
流れる夏雲もいいし、最高の時間でした。

d0144549_19124250.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
1234D 2016年9月6日(火) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

重行地区へ。
長谷駅から出てきた1234Dと稲穂を絡めて。
ここは広い田んぼが広がっているので、広角で狙うのもいいのですが、今回は望遠で。

これから順次、稲刈りが行われますが、稲穂と列車を絡めてとお考えの方、くれぐれも作業の邪魔にならないように注意願います。


by 95219522 | 2016-09-07 19:17 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 01日
No.33 「稲穂色付く播但線」 9月1日号
あっという間に8月が終わり、今日から9月。
収穫の時期が近付いてきました。
前回同様、今回も稲穂をメインに撮影してきました。

d0144549_20584103.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
5601M 2016年9月1日(木) JR播但線新野~寺前間にて
周辺トイレ:なし

新野の田んぼ、沿線では一番早く田植えが行われるので、色付くのも一番。
朝日を浴びて輝く稲穂を、下り1番列車5601Mと合わせて撮影しました。
5601Mは103系3500番代ではなく、221系で運転されています。
この日は、先頭にも転落防止幌を付けた編成でした。
数年前に話題になった、号泣会見のN宮R太郎の“あのポーズ”を思い起こしてしまうのは私だけでしょうか・・・。

d0144549_21060062.jpg

Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
224D 2016年9月1日(木) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

山間部に陽が入るまで時間があるので、生野のたいこ弁当で朝食を食べ、第四市川橋りょうへ。
市川の中州に、早くもススキが穂を広げようとしていたので、224Dと絡めて。
ここはススキが綺麗なポイントとして、ほぼ毎年撮影するのですが、こんな早くに穂を広げ始めるのは今までなかったような。
しばらく通いそうな予感が(^-^)。

d0144549_21105904.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
2D 2016年9月1日(木) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:大河地区公園公衆トイレ

里山に陽が入る時間となり、2D「はまかぜ2号」は大河地区で撮影しました。
電柱や電線が影を落とすので撮影しづらい場所ですが、何とか稲穂を主役に記録できました。
鉄塔が邪魔ですが、大河地区で撮った証しです。

d0144549_21145106.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
227D 2016年9月1日(木) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

大河地区へ移動し、県道下の田んぼと絡めて、市川の対岸を行く227Dを撮影しました。
順光となる午後に狙いたいポイントですが、雲が広がる可能性大なので、半逆光で稲穂が輝くこの時間に。
かつての豊岡色車なら、列車の存在が全く分からなかったでしょうね。
d0144549_21232708.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
226D 2016年9月1日(木) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

為信地区のお堂前にやって来ました。
こちらの稲穂も綺麗に色付いていましたが、他所よりはまだ少し色付き方が遅いようでした。
害獣除けのネットなんて気にしていられません!綺麗なものは理屈抜きに綺麗!!
ということで、226Dと絡めて。
やって来たのは、色褪せたキハ40 2046と、塗装仕立てのピカピカキハ41 2002のコンビでした。

d0144549_21275483.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
1228D 2016年9月1日(木) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

そのまま場所を移動せず、アップで229Dを撮影しましたが気に入らず、そのまま居座りました。
構図を考え直し、1228Dを撮影。
逆光の時間帯に撮ってもいいかなぁと思いながらも、まずまずの出来に満足。

d0144549_21341807.jpg
d0144549_21355150.jpg
d0144549_21370241.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
上:231D 中:1D 下:1233D 2016年9月1日(木) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

栗地区の一番奥、私の好きなポイントへ移動しました。
この頃になると、またしても雲が出始め、時折陰ってしまうことも。
やきもきしながら231D通過時刻を迎えました。
何とか陰ることなく通過。
続く9646D「天空の城 竹田城跡号」は少し移動して撮影、こちらも陰らず撮影出来ました。
長谷駅で交換となる1D「はまかぜ1号」、「天空の~」の間合い1233Dとも、陰ることなく撮影できましたが、この後一気に雲が広がったので、撮影はここまでで切り上げました。

JR西日本の発表によると、10月より城崎温泉行き「天空の城 竹田城跡号」の時刻が前倒しになるため、間合いで運用に就いていた1233D・1234Dの運用は一般車に戻ることになりそうです。
「天空の城~」用リニューアル車が快速幕を出して運転されるのは今月いっぱいで終了のようです。


by 95219522 | 2016-09-01 21:48 | 播但線 | Trackback | Comments(0)