<   2016年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2016年 08月 26日
No.32 「収穫の秋はすぐそこに」 8月22日号
本日2本目です。
本題に入る前にお知らせを一つ。
以前少し触れましたが、このたび神河町商工会大河内支所にて、私が撮影した写真を展示してくださることになりました。
といっても、何十点と展示して皆さんに大々的にご覧いただくものではなく、大河内支所を訪れたお客様に楽しんでいただければとのご意思で、季節毎に2点を基本に入れ替えて展示していただくというものです。
早速本日、9・10月分として2点をお渡ししてまいりました。
1点は今回の写真展でもご紹介したものですが、もう1点は今回新規に選んだものです。
訪ねれば見せていただけるとは思いますが、業務をなさっておられますので、見てやろうという方(笑)がもしあるようでしたら、伺っていただきますようにお願いをいたします。

さて、写真展を終えた翌22日は、秋を思わせる上層の雲が空に浮かび、清々しさを感じる朝でスタートしました。

d0144549_20064871.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
220D 2016年8月22日(月) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

山に入ってしまうと空を主題にできないので、鍛治地区より大河方面を望みながら空を見上げてみました。
やって来た220D、この日はラッピングの銀馬車・鉱石号でした。
好きな気動車なので最高!

d0144549_20104267.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
225D 2016年8月22日(月) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

225Dとしてすぐに折り返して来る銀馬車・鉱石号、先ほどのポイントで寺前方面を向いて撮影しました。
こちら向きで見る空も本当に綺麗でした。

d0144549_20141414.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
224D 2016年8月22日(月) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

広い畦道にお邪魔しました。
歩みを進めると、私のすぐ前でカエルたちが、驚いたように「チャポン、チャポン!」と田んぼの水に飛び込みます。
先ほどより雲が多くなってきましたが、光線をさえぎることなく、224D通過を迎えました。
稲穂は黄金に輝き、里が一番綺麗な時期を迎えていました。

d0144549_20194368.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
229D 2016年8月22日(月) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

再び鍛治地区へ戻り、229Dを。
先日要検に合わせて乗務員扉の改造が施され、再塗装されたピカピカのキハ41 2002が充当されました。
寺前の採石場をバックに、逆光で輝く稲を取り入れて記録しました。

d0144549_20241327.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
上:1228D 下:9646D 2016年8月22日(月) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし
d0144549_20264343.jpg

銀馬車・鉱石号の1228Dは栗地区で。
害獣除けネット越しに、稲と空を入れて記録しました。
この時間になると、寺前方面には大きく高い入道雲が発生するなど、空模様はすっかり夏のそれに逆戻りしていました。
1228D撮影後、折り返し231Dは少し場所を移動して撮影。
9646D「天空の城 竹田城跡号」は1228Dと同じ場所から撮影しました。
ここの風景も非常に綺麗で、ずっと眺めていられる・・・、好きな場所です。
この後あっという間に雲が広がり、生野方面では雨が降っていそうな感じ。
回復しなさそうなので帰宅しました。


by 95219522 | 2016-08-26 20:34 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 26日
No.31 「大雨の夜が明けた播但線」 8月16日号
アップがずいぶんと遅くなってしまいましたが、開催中だった写真展会場に入る前の撮影から。
d0144549_19172743.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
列車番号不明 2016年8月16日(火) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:浄化センター前公衆トイレ

15日夜は、非電化区間が大雨に見舞われ、終日運休となっていました。
雨上がりなので山霧が期待できると思い、早朝に家を出て北上。
寺前駅前を6時20分頃に通過しました。
しかし、この時間なら停車しているはずの、220D~223Dへと流れる編成が寺前駅に停車していません。
編成がいないということは、1221Dは運転されているわけですから、遅れを持っているのかなと思い、そのまま北上しました。
長谷駅が見える辺りまでやって来ると、220Dとして寺前へ向かう編成と、本来通過となる1221Dが長谷駅に停車していました。
はてな?と、運行情報を確認すると、始発のみ徐行運転を行っているとのことでした。
220Dは6時30分頃に長谷駅を発車。
1221Dはさらに5分ほど停車し、同35分に発車しました。
この日はお盆のUターン客輸送に臨時「はまかぜ」が設定されており、その回送が播但線経由であると考え、これを撮影するのも目的の一つでしたが、はたして時間通りに来るのやら・・・。
下市川橋りょうで待つ事数分、220Dが数分遅れで通過しました。
これと入れ替わりで臨時「はまかぜ」の回送が峠を登って来るはずです。
耳を澄ませて待つこと約10分、キハ189系の力強いエンジン音が聞こえ始めました。
やがて、回送編成は俊足で橋りょうを渡り、生野方面へと姿を消しました。

d0144549_19330598.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
225D 2016年8月16日(火) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

220Dの折り返しとなる225Dはほぼ定刻通りに運転されました。
第二市川橋りょう越しに望む栗地区の山も、霧を被っていかにも雨上がりらしい表情を見せていました。
まだまだ綺麗なキハ40 2008と絡めて。

d0144549_19394428.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
224D 2016年8月16日(火) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

1221Dの和田山方に、ラッピングの銀馬車・鉱石号の姿がありました。
折り返し224Dは、為信地区のお堂前で、色付き始めた稲穂を主役に。
線路側の畦道と田んぼの境界に害獣除けのネットが張られていますが、大切に育てられている証しと思えば、邪魔な存在ではありません。
稲にピントを置いて。
大幅に遅れていた1221Dですが、回復運転が功を奏し、224Dはほぼ定刻で通過しました。

d0144549_19451109.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
2D 2016年8月16日(火) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

224Dの続行となる2D「はまかぜ2号」は、為信地区の山道から。
2Dは少し遅れての通過となりました。
ここでも、霧に煙る山との共演を。

d0144549_19482288.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
227D 2016年8月16日(火) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

この日最後の撮影は、銀馬車・鉱石号充当の227D。
峠地区の田んぼを主役に、市川の対岸を登り行く姿を記録しました。
このポイントは、朝の逆光、午後の順光どちらも絵になるポイントです。
曇っていたのは残念ですが、またの機会に期待して。


by 95219522 | 2016-08-26 19:53 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 22日
無事終了いたしました
7月24日より、25日間(休館日除く)に渡って公開させていただいた「播但北線の四季 -第八回藤原賢吾『播但線』写真展-」、21日午後2時を持って終了させていただきました。
期間中、準備日を合わせて12日間常駐致しまして、常駐日の来場者総数が214名となりました。
毎回足を運んで下さる方々との再会、「ブログを見て来た」「新聞見て来た」など、多くの方とお話させていただけたこと、大変嬉しく思っております、本当にありがとうございました。
芳名帳には、お会いしたかった方々のお名前もあり、感謝しております。
来年も是非というお言葉も頂戴しておりますので、お答えできるよう精進したいと思っております。
今回の写真展をご覧くださったすべての方に、ありがとうございました。

続いてお知らせを一つ。
今回の写真展期間中に、私の写真を展示させてほしいという、大変に光栄なお話をいただきました。
たくさんの写真を展示するわけではありませんが、少数を季節ごとに入れ替えて展示することになるかと思います。
神河町内の施設での展示ですが、私の準備ができておらず(汗)・・・。
詳細は後日発表させていただきます。


写真は、今回の写真展で多くの方にお褒めいただいたものです。
d0144549_21332693.jpg

Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
225D 2015年7月31日(金) JR播但線長谷~生野間にて


by 95219522 | 2016-08-22 21:36 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 21日
本日最終日です
開催してきた写真展「播但北線の四季」、本日午後2時までの公開です。
ご常連さまからは「写真上手くなったな」と、お褒めの言葉をいただきました。
お時間のある方は是非。
d0144549_09411989.jpg


by 95219522 | 2016-08-21 09:40 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 20日
入りました
予定通り、先ほど会場入りしました。
これから夕方までおります。
鶴居、新野辺りの田んぼ、すでに稲穂が色付いてて綺麗ですよ!
あぁ、写真撮りたい!


by 95219522 | 2016-08-20 12:01 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 20日
ラスト二日間も常駐します
ご好評いただいております私の播但線写真展、残り二日となりました。
二日間とも、会場に常駐いたしますが、20日は正午頃の会場入りとなります。
最終日の21日は午後2時までの公開です。
来場をお考えの方、是非お立ち寄りくださいませ。


by 95219522 | 2016-08-20 01:13 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 16日
今日も会場です。
今日も会場で常駐しています。
播但北線は、昨夜の大雨の影響で始発が徐行運転を行い、1221Dが長谷駅に停車、6時35分頃にようやく発車しました。
220Dも同じく遅れ、折り返し223Dは回復運転を行いました。
お陰で、222Dは5分ほど遅れただけ、長谷駅で交換のキハ189系回送も数分の遅れで北上しました。
224Dは定時、2D・227Dはほんの僅かな遅れでしたが、9時台からは定時運転となるでしょう。
先ほど、激しい通り雨があり、蒸し暑くなりましたが、会場は冷房が聞いてますので、お時間のある方はお立ち寄りください。


by 95219522 | 2016-08-16 09:30 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 15日
今日もおります
夜勤帰りで遅くなりましたが、今から写真展会場に常駐いたします。

by 95219522 | 2016-08-15 11:14 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 12日
No.30 「安心してください、撮ってますよ!!」 8月6・7・11日合併号
ちょっと古くなったフレーズをもじってタイトルを付けてみました(^-^)。
写真展開催中は時間を掛けて撮影する機会が少ないのですが、会場に入る前のほんのひと時、撮影を楽しんでおります。
少し遅くなりましたが、6・7日の撮影分と、昨日の記録をご紹介します。

d0144549_1151353.jpg

Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
227D 2016年8月6日(土) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:大河地区公園公衆トイレ

この時期になると、写真展でもご紹介している川霧を気にして、下市川橋りょうをのぞいています。
この日も真っ先に向かいましたが、薄ら霧が確認できる程度でした。
まもなく224Dが峠を下りてくるので、ここで撮影し、南下。
大河地区の田んぼの稲が逆光に輝いていたので、折り返し227Dの和田山方先頭に連結されている、ラッピングの銀馬車・鉱石号を、流し撮りで撮影してみました。
三脚を使っての流し撮り、あまりうまくはありませんが、まぁこんなこんかな(笑)。

d0144549_11124756.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
225D 2016年8月7日(日) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:浄化センター前公衆トイレ

6日は午後6時頃から猛烈な雨が降り、播但線も数時間運転見合わせとなりました。
翌7日は快晴、これは川霧が期待できる!!と、下市川橋りょうへ急行しました。
右へ左へ蛇行する旧街道を進み、カーブを曲がって下市川橋りょうが見えました。
朝日を真正面から受け、白く霞んだ国境の景色、最高でした。
まずは225Dを撮影。
ファインダー越しに見える景色は非常に幻想的でした。
この後、2両編成の224Dも撮影しましたが、こちらも良い記録となりました。

d0144549_1121689.jpg

Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
9621D 2016年8月11日(木・祝) JR播但線溝口~福崎間にて
周辺トイレ:なし

この日は、非電化区間でお馴染のキハ40 2007「天空の城 竹田城跡号」用リニューアル車を使用した、「竹田城跡号車両で行く竹田城跡と余部橋梁(空の駅)への旅」ツアー専用の団体臨時列車が姫路~竹田・八鹿~浜坂間で運転されました。
このうち、播但線姫路~寺前間は同車両初入線ということで、夜勤帰りに記録してきました。
姫路への送り込みには間に合いませんでしたが、本運転には余裕で間に合いました。
最初は高橋の陸橋に行きましたが、すでに先客がある上、雑草で荒れ放題。
撮れないと即座に判断、西治地区のバス停前に移動しました。
こちらも先客がありましたが、邪魔にならないことを確認し、カーブへ傾く車体の正面を狙うことに。
到着後、数本の103系3500番台の普通列車や2D「はまかぜ2号」で構図を確認、電化区間であることを強調するため、あえて手前の架線を支える梁を入れて撮影しました。
ヘッドマークが付いてたらもっと良かったのですが、贅沢ですね。
「天空の城 竹田城跡号」ではなく「団体」幕掲出も今回が初めてではないでしょうか。
電化区間へのキハ40・47系列の入線は、姫新線キハ122・127系運用開始直後(だったと記憶)のキハ47×2の転属回送回送以来。
客扱いでは、生野町の銀谷まつりに合わせた臨時普通列車「銀谷まつり号」(2004年が最後か?)以来の運転となります。
見慣れた車両も、電化区間で見るとまた新鮮です!


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

◎写真展開催のお知らせ◎

「播但北線の四季 ‐第八回藤原賢吾「播但線」写真展‐」

開催場所:神河町観光交流センター「カーミンの観光案内所」多目的ホール
開催日程:7月24日(日)~8月21日(日) 但し水曜日休館
開催時間:午前9時~午後5時 但し最終日は午後2時まで
入場・観覧無料


by 95219522 | 2016-08-12 11:42 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 07日
今日も!
今日も会場にいます。
朝から暑いですが、お時間のある方は是非どうぞ。


by 95219522 | 2016-08-07 09:14 | Trackback | Comments(0)