<   2016年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2016年 06月 16日
No.24 「梅雨が来たゾ!播但線」 6月11・16日合併号
今年は春から、花の開花が早かったですが、ここに来て落ち着きを取り戻したようで、播但線沿線ではほぼ例年通りに紫陽花が開花しました。
梅雨入りの播但線沿線で、紫陽花や田んぼを狙った2日間の記録です。

d0144549_21222062.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
223D 2016年6月11日(土) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

まずは11日(土)の記録より。

為信地区にやって来ました。
市川の対岸の築堤、今年は下草が綺麗に刈られて紫陽花がよく映えます。
しかし私が目を付けたのは、橋の袂に咲く紫陽花。
ここから狙うと、より紫陽花を強調しながら列車を撮影できるからです。
まずは2両編成の223Dを。

d0144549_21223548.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
225D 2016年6月11日(土) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

構図を変えて222Dを撮影した後、目線を紫陽花の高さに下げて折り返し225Dを狙いました。
待つ間に伯母が通り掛かり、「あんないっつもはやいなぁ」と大きな声で(笑)。
少し後には、お堂近くにお住まいのおじさんが、犬を連れて・・・。
「こないだ久しぶりにあんたのおとっつぁんに会うたわ」と。
この辺りではすっかり顔が知れてしまって、悪いことできなくなってしまいました(^-^)。
さて、225Dは首都圏色、青い紫陽花との対比が抜群です。

d0144549_21225368.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
227D 2016年6月11日(土) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

渕地区へ移動しました。
田植えが終わった田んぼを大きく取り入れ、大カーブの築堤を登り行く227Dを狙いました。
蒼一色となった里山に、鮮やかな朱色の気動車が映え、昭和にタイムスリップしたかのような瞬間でした。

d0144549_2123169.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
226D 2016年6月11日(土) JR播但線生野~長谷間にて(天地逆に編集)
周辺トイレ:なし

227Dが生野へ登ると、変わって226Dが峠を下りて来ます。
すぐ近くの田んぼへ移動し、水面に映る車両を狙いました。
水が少なく、まるでアルミホイルに映したような感じになりましたが、何だか面白い(笑)。

d0144549_2124450.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
9646D 2016年6月11日(土) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

土曜日ということもあり、何人かの撮影者を見かけましたが、皆さん紫陽花を狙っている様子。
ひねくれ者の私は、害獣除けネットが張られた為信地区のお堂前の田んぼを狙いました。
ネットの存在は、持ち主がいかに大切に育てているかの表れです。
それを表現するにはもってこいのポイントになったと思って、ここで。
まずは1D「はまかぜ1号」。
早くからエンジン音が聞こえていたので、「今日は6両?」と思いましたが、通過した1Dは3両でした。
入れ替わりに、長谷駅で1Dを待っていた9646D「天空の城 竹田城跡号」がやって来ました。
青基調の車体故、この季節は風景に溶け込みがちですが、この構図ではOKでした。

d0144549_21251657.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
223D 2016年6月16日(木) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

ここからは16日(木)の記録です。

日曜に播但線へ戻って来たラッピングの銀馬車・鉱石号、今日は運用5日目なので、先頭となる223Dから撮影を開始しました。
寺前駅で編成後、11日に撮影した渕地区の田んぼへ。
9月で運用を終える銀馬車・鉱石号もここで記録しておきたかったので、前回同様田んぼを大きく取り入れて撮影しました。

d0144549_21253130.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
224D 2016年6月16日(木) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

為信地区へ移動し、お堂前の紫陽花を狙いました。
梅雨前に綺麗に剪定されていたので、今年は撮影に向くかもと思っていたのですが、花が咲くべきところも刈られてしまったのか、ほんの数輪しか咲いていませんでした。
224Dは首都圏色車でやって来るので、青い紫陽花と絡めて。

d0144549_21254974.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
226D 2016年6月16日(木) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

第二市川橋りょうの傍へ移動、今度は赤い紫陽花を狙いました。
朝一番で撮影した銀馬車・鉱石号が和田山から戻ってくるので、これと絡めて。
梅雨空の下ですが、パッと華やかになる一瞬です。

d0144549_21275113.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
229D 2016年6月16日(木) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

為信地区へ戻り、橋の袂の紫陽花と絡めて、銀馬車・鉱石号の単行となる229Dを狙いました。
手前に紫陽花を取り入れつつ、築堤の紫陽花も分かるようにカメラを構えてみました。
市川は鮎の放流が行われており、漁業組合関係者が軽トラで巡回していらっしゃいました。
鮎釣りの釣り人と絡めて列車を狙ってみたいものです。

d0144549_21281484.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
9646D 2016年6月16日(木) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

再び第二市川橋りょう近くに戻り、赤い紫陽花と青い「天空の城 竹田城跡号」を絡めました。
空を入れないようにと思ったのですが、花の位置関係でどうしても・・・。

d0144549_21284049.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
上:1D 下:9646D 2016年6月16日(木) JR播但線寺前⇔長谷間にて
周辺トイレ:なし
d0144549_21285528.jpg


9646D長谷駅停車時間を利用して為信地区へ先回りしました。
先ほど狙った、橋の袂の紫陽花を再び。
まずは横構図で1D「はまかぜ1号」を。
茜色の帯を巻いているせいか、ステンレスボディながらも風景に溶け込まず、存在感抜群!
構図を縦にし、9646Dも。
西側側面は色が濃いので、緑に溶け込みがちですが、何とか存在が分かる写真になりました。

今日の撮影はここまでです。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

◎写真展開催のお知らせ◎

「播但北線の四季 ‐第八回藤原賢吾「播但線」写真展‐」

開催場所:神河町観光交流センター「カーミンの観光案内所」多目的ホール
開催日程:7月24日(日)~8月21日(日) 但し水曜日休館
開催時間:午前9時~午後5時 但し最終日は午後2時まで
入場・観覧無料

私の会場常駐予定日は後日発表いたします。


by 95219522 | 2016-06-16 22:35 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 16日
今年もやります!写真展!!
昨年、2年ぶりに開催し、多くの方にお越しいただいた私の播但線写真展。
播但線全通110周年の今年も開催させていただくことになりましたのでお知らせいたします。


「播但北線の四季 ‐第八回藤原賢吾「播但線」写真展‐」

開催場所:神河町観光交流センター「カーミンの観光案内所」多目的ホール
開催日程:7月24日(日)~8月21日(日) 但し水曜日休館
開催時間:午前9時~午後5時まで 但し最終日は午後2時まで
入場・観覧無料

昨年6月から今年5月までの1年の記録30点を、1月から順に展示いたします。
写真展タイトルに「北線」とありますように、今回は特に神河町以北での記録のみで構成しております。
山深い峠区間を始め、四季折々の表情を切り取り、皆さんにご覧いただきます。
会期中、私自身が会場に常駐する日も設定いたしますので、お誘い合わせの上、ご来場くださいませ。


by 95219522 | 2016-06-16 21:17 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 01日
No.23 「里山から 電機を求めて いざ南下!!」 5月31日号
今日は特に当てもなく、目に付いたものにレンズを向けてみようと、軽~い気持ちで出かけました。

d0144549_154636.jpg

Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
1221D 2016年5月31日(火) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

寺前駅前を通過したのが1221D発車の数分前。
北上してどこかで撮影出来ればと、そのまま北進。
第二市川橋りょう付近の田んぼに陽が射していたので、ここで狙うことに。
長谷駅通過が午前6時7分頃、夜明けが早くなりました。
苗も少し伸びて、その存在がはっきりわかるようになってきました。

d0144549_1541878.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
223D 2016年5月31日(火) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

大河地区まで南下し、太陽を入れて山霧が掛った山と清流・市川を取り入れて、第一市川橋りょうを渡る223Dを狙いました。
どの季節でも絵になる場所ですが、この時期の朝日の逆光で狙うこの風景も好きなシーンです。

d0144549_1543285.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
222D 2016年5月31日(火) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

以前撮影した渕地区の田んぼの田植えが終わっていました。
逆光となる時間帯ですが、222Dを狙ってみました。
まだまだ短い苗ですが、逆光で緑に輝き、その存在がはっきりわかります。
やって来た気動車は、まだまだ綺麗なキハ40 2008でした。

d0144549_1545866.jpg

Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
2D 2016年5月31日(火) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

再び南下して鍛治地区へ。
麦秋を迎えた麦畑と、6両に増結の2D「はまかぜ2号」を絡めて撮影することに。
編成を狙っても面白くないので、中間の先頭車同士の連結部を狙ってみました。
麦の良い色が出てくれました。
編成の反姫路方3両は修学旅行用で、白いセーラー服の女生徒が見えました。
かつては修学旅行専用列車として、12系客車やキハ58・28系、キハ65形「エーデル&リゾート」などが入線していましたが、今では2D・5D増結で対応しています。

d0144549_155146.jpg

Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
1228D 2016年5月31日(火) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

2D撮影後、JR山陽本線の上り貨物5070レに、国鉄時代とほとんど変わらぬ姿で活躍を続けている電気機関車EF66型27号機が充当されているとの情報が。
これまで1度しか撮影していない同機、撮れる時に撮っとかないと!と思い、生野で朝昼兼用の食事を済ませて南下することに。
途中、1228Dの通過時刻と重なったので、重行地区で田んぼを入れて狙ってみました。
逆光ですが、キハ40 2008は塗装が綺麗なのでよく映えてくれます。

d0144549_1552882.jpg

Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
上:2074レ 下:5070レ 2016年5月31日(火) JR山陽本線東姫路~御着間にて
周辺トイレ:公園公衆トイレ
d0144549_155409.jpg


播但道でワープ、市川橋りょうにやって来ました。
注目の機関車ですから先客があるはずと思っていましたが、11時15分頃に到着しても誰一人いませんでした。
ポジションを決めてセッティングしていると1人来られ、お話させていただきながら待つことに。
まずはEF510型牽引の2074レ。
ブルーの500番台を記録したいところですが、レッドの11号機の牽引でした。
シルバーの509・510号機もJR東日本から譲渡されましたし、こちらも狙いたいところです。
そして本命、2074レの30分後を追う5070レがやって来ました。
ブルトレ牽引機として、当たり前の存在だったEF66型も、原型に近い状態で活躍しているのはこの27号機のみ。
末永く活躍してほしいところですが、もし引退となった際には解体せず保存していただきたいものです。


by 95219522 | 2016-06-01 02:40 | 山陽・播但線 | Trackback | Comments(0)