カテゴリ:播但線( 557 )

2017年 07月 30日
本日は常駐日です!
d0144549_08113637.jpg
本日30日は写真展会場に常駐しております。
会場入りの前に長谷で撮影しておりますが、大変過ごしやすい気温です。
雨が心配ですが、会場は冷房を入れておりますので、涼みがてらお越しいただければと思います。


by 95219522 | 2017-07-30 08:11 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 28日
常駐しております&常駐予定日変更のお知らせ
本日28日は午後5時まで会場に常駐しております。
お時間のある方、是非お立ち寄りください。

合わせて、案内状をお送りした皆様へ、常駐予定日の変更をお知らせ致します。
掲載の予定日のうち、7月31日と8月4日は、仕事の都合により、常駐できなくなりました。
また、今後も変更が生じる可能性がありますので、何卒ご了承くださいますよう、お願い致します。

◎写真展「郷愁 播但線 -第九回藤原賢吾『播但線』写真展-」のお知らせ
 開催場所:神河町観光交流センター「カーミンの観光案内所」内多目的ホール
 開催日程:8月20日(日)まで 但し水曜日は休館
 開催時間:午前9時~午後5時
 入場・観覧無料



by 95219522 | 2017-07-28 09:19 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 22日
明日は常駐いたします
本日、無事に準備を終えました写真展「郷愁 播但線 -第九回藤原賢吾『播但線』写真展-」は、いよいよ明日から公開本番となります。
初日の明日は午前9時から、勝手ながら午後4時までとなりますが私自身も会場に常駐しております。
播磨平野の最北部とは言え、夏はやはり暑い土地ですので、どうか過ごしやすい服装でお越しください。
会場は冷房が入っておりますのでご安心を(笑)。
会場が分からないという方はJR播但線寺前駅を目指してお越しください。
駅舎のすぐ横に神河町観光交流センター、通称「カーミンの観光案内所」という施設がございます。
会場はこの施設内の多目的ホールです。
私はホール内に机と椅子を持ち込んで座っておりますので(^-^)、お気軽にお声掛けください。
また、私一人でご案内・お相手させていただきますので、来場者多数の際はどうぞご了承を。


by 95219522 | 2017-07-22 21:15 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 22日
準備完了です!
d0144549_13211102.jpg
明日から公開の写真展「郷愁 播但線」の準備が完了いたしました。
このまま会場を開けておりますので、ご自由にご覧いただけます。
お近くの方、是非お越しください。


by 95219522 | 2017-07-22 13:19 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 12日
No.36 「深夜の播但線で」 7月10日号
終列車が終わったあとの播但線では、保線作業や検測車の運転が行われていますが、“縁の下の力持ち”とも言うべき列車が、人知れず深夜に運転されています。
今回はその列車を記録する機会がありましたので、ご紹介を。

d0144549_13340352.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
工9691 2017年7月10日(月) JR播但線長谷駅にて(許可を得て撮影)
周辺トイレ:長谷駅

播但線で使用されているレールは、必要に応じて大阪から貨車に積載し、長谷駅まで輸送されます。
長谷駅の材料線に貨車を留置し、レールを卸し、後日交換箇所まで保線用車両で運ばれるわけですが、今回は長谷駅までレールを輸送してくる工事列車を記録しました。
深夜1時、列車の到着までかなり時間がありますが、早くも材料線の作業灯が灯され、入換要員と思われるJRの方が待機しておられました。
ご挨拶をし、撮影させてほしい旨伝えると、快く了承くださいました。
今回の列車は、牽引機DD51形とレール輸送用貨車2両の3両編成。
到着時の停車位置が分からなかったので、前詰めの限界位置で停車すると思い、それに合わせてカメラをセットしていました。
ようやく到着時刻となり、寺前方が前照灯で明るくなると同時にブレーキ音が聞こえ、工9691が長谷駅に入線してきました。
やけにゆっくりやって来るなぁと見ていると、ホーム中ほどの2両の停車目標で停車しました。
慌てて構図を変えて撮影。
幟などで編成ごと捉えるのは無理ですが、DD51形の後ろに、チキに積載されたレールが確認できます。
入換のため、すでに片側のみ後部標識灯が点灯しています。

d0144549_13493036.jpg
Canon EOS-1D X / EF28-300mm f/3.5-5.6L IS USM
工9691 2017年7月10日(月) JR播但線長谷駅にて(許可を得て撮影)
周辺トイレ:長谷駅

材料線への分岐器の点検が入念に行われているので入換まで時間がありそうと判断、ホームへ。
ナイロンスリングでしょうか、2段に積まれたレールが固定されているのが分かります。
ちなみにこの日の牽引機は、2月に全検を終えた1191号機。

d0144549_13533997.jpg
Canon EOS-1D X / EF28-300mm f/3.5-5.6L IS USM
工9691到着後の材料線押し込みの様子 2017年7月10日(月) JR播但線長谷駅にて(許可を得て撮影)
周辺トイレ:長谷駅

入換が始まりました。
編成はそのまま下り本線へ進行、最後尾が材料線への分岐器を超えたところで停車。
その後、分岐器の転轍を入念に確認の上、誘導員の無線誘導で材料線へのチキ2両押し込みが行われました。
写真は、チキ2両を材料線へ押し込み、停車した直後の様子。
誘導員が貨車のブレーキを掛けて回り、機関車との連結を解放する間、チキ側の前照灯が点灯されていました。

d0144549_13594646.jpg
Canon EOS-1D X / EF28-300mm f/3.5-5.6L IS USM
工9691到着後の材料線押し込みの様子 2017年7月10日(月) JR播但線長谷駅にて(許可を得て撮影)
周辺トイレ:長谷駅

作業が完了し、貨車を解放した機関車が少し前進して停車した状態です。
入換要員が分岐器を入線に点検しているようです。
しばらく点検が行われた後、DD51形はそろりそろりと分岐器を渡って停車。
再び、工9691として到着した2番線へ戻って来ました。

d0144549_14041403.jpg
Canon EOS-1D X / EF28-300mm f/3.5-5.6L IS USM
単9693として発車待ち 2017年7月10日(月) JR播但線長谷駅にて(許可を得て撮影)
周辺トイレ:長谷駅

到着から約30分ですべての作業が終了し、単機となって2番線に戻ったDD51形1191号機。
しばし停車の後、単機回送として豊岡駅併設の福知山電車区豊岡支所へ向けて出発しました。

d0144549_14083803.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
単9693 2017年7月10日(月) JR播但線生野駅にて
周辺トイレ:生野駅

DD51形を追って生野駅へ。
他の列車の運行がない深夜にも関わらず、ここで長時間停車が行われました。
乗務員さんの休憩なのかもしれませんね。
静寂に包まれた右側通行の駅に、ディーゼルのサウンドを響かせてDD51形が鎮座していました。

d0144549_14123874.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
単9693 2017年7月10日(月) JR播但線生野駅にて
周辺トイレ:生野駅

ディーゼル機関車の単機回送など記録する機会はそうそうないので、あれこれと撮影を。
後部標識灯点灯がよく分かるのも夜間ならでは。
こちら側のみジャンパ連結器が取り付けられています。

d0144549_14154959.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
単9693 2017年7月10日(月) JR播但線生野駅にて
周辺トイレ:生野駅

逆エンドに回り込み、駅名票を入れて。
かつては播但線では当たり前の存在だったDD51形。
私を鉄道ファンにした張本人でもあります。
福知山機関区新製配置で播但線でも活躍した1191号機が、21世紀を迎えて20年近く経った今日に、未だ現役で、播但線内で再会できるなんて、普通客レ廃止の頃には考えられなかったことです。

d0144549_14222260.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
単9693 2017年7月10日(月) JR播但線生野駅にて
周辺トイレ:生野駅

夜間撮影なのでそう沢山は撮影できません。
あっという間に発車時刻となりました。
最後に、古い上屋と青い木造の誇線橋・・・、右側通行の生野駅であることを強調構図で、ゆっくりと動き始めたDD51形1191号機を捉え、家路に着きました。

=写真展「郷愁 播但線 ー第九回藤原賢吾「播但線」写真展ー」開催のお知らせ=
開催場所:神河町観光交流センター「カーミンの観光案内所」内多目的ホール
開催日程:7月23日(日)~8月20日(日) 但し水曜日は休館のため、お休みします。
開催時間:午前9時~午後5時 但し最終日は午後2時まで
入場・観覧無料


by 95219522 | 2017-07-12 14:28 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 01日
No.34 「梅雨真っ盛り!播但線」 6月21・29・30日合併号
ここに来て雨が続き、梅雨らしさが増してきました。
26日の山口線遠征を挟んで、そんな梅雨の播但線の記録を。
今回はイレギュラーな車両の入線もありましたので、そちらもご紹介します。

d0144549_14100808.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
1237D 2017年6月21日(水) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

6月21日(水)は午後に1本、1237Dのみを撮影しました。
雨がぱらついたお陰で、山霧があちこちに。
為信のお堂前の紫陽花も少しですが濡れていました。
稲が成長する水田を入れ、方向転換したキハ41-2001の1237Dを撮影。
同車は翌日より山陰本線の運用に入った模様です。
しばらくはあちらでの活躍になるでしょうか。

d0144549_14152741.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
工8691 2017年6月29日(木) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

29日(木)は、播但線非電化区間の名物、寺前工臨の運転日でした。
空ホキの工8690は仕事で撮影できませんでしたが、日の長いこの時期なら、折り返し工8691が撮影しやすいので、仕事から帰ってカメラ一式持って大河地区へ。
この日の空模様は今一つで、待つ間にどんどん暗くなってきました。
シャッター速度を稼ぐために感度を少しづつ上げて、何とか写し止めることができました。
DE10の排煙、そしてホキに満載のバラストもちらっとですが確認することができます。
高い位置から狙えばいいのですが、今回は登坂の迫力が表現出来ればと考え、ここで撮影しました。
同時に動画も撮影しましたが、DE10のエンジン音、満載ホキの重々しいジョイント音が堪りませんでした。

d0144549_14234792.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
試9690D 2017年6月30日(金) JR播但線竹田~青倉間にて
周辺トイレ:なし

翌30日、この日は何と新型ラッセル車、キヤ143形3号車による試運転が行われました。
昨年の今頃は、敦賀から借り入れたキヤ143形2号車によるPQ試験が、豊岡を拠点に福知山支社管内で夜間に実施されていましたが、今回は日中堂々各線を回り、試運転が行われました。
その中でも播但線での試運転は一番最後となりました。
朝から雨が降ったり止んだいの嫌な天気でしたが、キヤ143通過時は雨は降らずに済みました。
しかし、暑い雲が立ち込めて暗いため、竹田城跡が目立たなくなってしまいました。
この後、円山の築堤で撮影しようと考えていましたが、ノロノロ運転の車に先行され、新井駅のすぐ北で1D「はまかぜ1号」通過を目撃、播但道のサービスエリア下まで並走状態でしたが、あっという間に抜かされてしまいました。
国道へ出て追いかけるも、キヤ143はものすごい勢いで25‰を駆け上がり、結局生野トンネル北側でやっと追い付きました。

d0144549_14353716.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
試9690D 2017年6月30日(金) JR播但線生野駅にて
周辺トイレ:生野駅

生野駅に入線するキヤ143と並走し、駅南側の踏切から停車中の同車を。
駅には生野高校の生徒がたくさん、列車を待っていました。
中に鉄道好きの生徒がいたらしく、入線するキヤ143をコンデジかスマホを撮影していました。
停車中の同車の脇でも3人の男子生徒が撮影している風でした。
キヤ143、エンジンがキハ189系と同じとあって、本気で走ればかなり早いですね。
新井~生野間、登り連続25‰の急坂にも関わらず、所要時間は僅か10分!
普通列車の半分の時間で登坂するわけですから、追い越すなんて無理です(^-^;)。

d0144549_14414894.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
試9690D 2017年6月30日(金) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

折角のこの時期の入線、梅雨らしい写真を撮りたいと思い、大河地区(鍛治地区になるのかな?)の線路脇に。
あまり色は良くありませんが、紫陽花が咲くポイントです。
少し絞り気味で、キヤ143が分かるように撮影してみました。
珍しい車両を狙う時は、とかく鉄道写真の基本構図で撮影しがちですが、私はこういう“遊び”が好みです。

d0144549_14470289.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
試9691D 2017年6月30日(金) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

折り返しは為信のお堂前の紫陽花との共演を。
線路沿いにネットが張られているので、ここでも紫陽花にピントを合わせて。
先行列車を見送り、本番。
独特のモーターの唸りのようなエンジン音が聞こえ、やがてホイッスルを鳴らし、往路の生野峠同様に韋駄天ぶりを発揮、あっという間に通過しました。
ここでも絞り気味で撮影したので、キヤ143であることがよくわかります。

暑い最中に冬の守護神を拝めるとは、良い記録ができました。


by 95219522 | 2017-07-01 14:53 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 11日
No.31 「青空と麦秋の播但線」 6月4日号
この日は地区の奉仕作業を済ませてから、新たに購入したPLフィルターの試運転を兼ねて、青空と黄金の麦を主役に撮影してきました。

d0144549_19130549.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM(PLフィルター使用)
231D 2017年6月4日(日) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

寺前辺りの麦畑はすっかり麦秋を迎えていました。
そのまま北上し、為信地区のお堂前に。
慌てん坊の紫陽花が咲いていたので、お堂の前にしゃがみ込んで。
近くのお宅のおじさんが通り掛り、「久しぶりやなぁ」と声を掛けられました。
紫陽花が咲いてるからというと、今初めて気付いたと笑っておられました。

d0144549_19172879.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM(PLフィルター使用)
230D 2017年6月4日(日) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

1D「はまかぜ1号」を見送ると9646D「天空の城竹田城跡号」がやって来るので、これを撮影しようと、少し移動してカメラを構えました。
しかし、待っても「天空の城~」がやって来ません。遅れの情報もないし・・・、と運転日を確認すると6月は運転なし。
そら来んわなぁ(汗)。
そのまま待って230Dを。

d0144549_19205097.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM(PLフィルター使用)
232D 2017年6月4日(日) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:浄化センター前公衆トイレ

下市川橋りょうへ移動、この日一番に撮影したキハ40-2046の折り返し232Dを撮影しました。
完全な順光なのでPLフィルターの効果を最大限に引き出せました。
何とも清々しい国境の風景、いいですよね。

d0144549_19242900.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
235D 2017年6月4日(日) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

230Dを追っかけて南下、大河地区にやって来ました。
線路脇の麦畑を主役に、第一市川橋りょうを渡ってカーブを曲がり行くキハ40-2046を捉えました。

d0144549_19272930.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM(下のみPLフィルター使用)
上:1234D 下:3D 2017年6月4日(日) JR播但線長谷⇔寺前間にて
周辺トイレ:大河地区公民館公衆トイレ
d0144549_19274419.jpg

大河地区の定番カーブへ移動しました。
まずは1234Dを、縦構図で空を多く取り入れて撮影しました。
空の雲の表情が面白いので、再びPLフィルターを装着し、3D「はまかぜ3号」を狙いました。
こちらの方が、バックの山の緑も綺麗に捉えることができたので、清涼感があっていいですね。


by 95219522 | 2017-06-11 19:34 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 29日
No.30 「麦秋間近の沿線にて」 5月20日号
撮影からずいぶんと日が経ってしまいました(汗)。
去る5月20日(土)、天気が良いというので朝から出かける予定でしたが、目ざましのスヌーズにも気付かないまま眠りこんでしまい、目が覚めたら6時半。
慌てて身支度して家を飛び出しました(^-^;)。

d0144549_20585500.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
上:2D 下:227D 2017年5月20日(土) JR播但線長谷⇔寺前間にて
周辺トイレ:大河地区公民館公衆トイレ
d0144549_20591664.jpg

神河町内に入ったのが8時頃でした。
県道を長谷方面に流していると、大河カーブのイン側の麦が、逆光で黄色く輝いていました。
水田ばかりに目をやっていたら見逃してしまいがちですが、これもこのシーズンの良い被写体です。
実際に見るより、逆光のおかげで数段も黄色く見えるので、まるで麦秋のように見えます。
時間的に2D「はまかぜ2号」と227Dを撮影できるので、2Dは横、227Dは縦構図で撮影することに。
まずは2D、3両編成がバランス良く入るように構図を取り、線路に置きピンしたところで、後方の踏切が鳴動。
やがて2Dが第一市川橋りょうを渡る音が聞こえますが、どうも長い・・・。
ひょっとしてと振り返って、カーブを曲がってくる編成を見ると、中間で先頭車同士が向かい合っています!
6連かぃ!!大慌てでズームレンズ70mmにし、少し右に振って置きピンし直し。
一か八かの勝負、結果は満足できる出来栄えでした。
いやぁ、冷や冷やものです(^-^)。
今度はすぐに227Dがやって来ます。
急いで縦構図に変え、今度は麦にピントを合わせての撮影です。
あまり時間もなく、液晶での確認もままならないまま本番となりましたが、麦の表情もキハ41の2連ということも分かるので、こちらも満足の一枚となりました。

d0144549_21124191.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
226D 2017年5月20日(土) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

すっかり田植えが終わっていました。
水の張り具合を確認に来られることがあるので、車は邪魔にならないところに置いて。
為信地区の水田、苗が並ぶ様を主役に226Dを狙いました。
何とも素朴な風景です。

d0144549_21163628.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
229D 2017年5月20日(土) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

何気に渕地区へ向かっていると、途中の日原の水田脇で白い花が風に揺れているのが見えました。
近付いてみると、バックに列車を入れることができそうだったので陣取りました。
すぐ横のお宅で、庭師さんたちが庭を造成されており、ご挨拶すると話しかけてこられたので、しばしお話を。
気動車の色などの話で盛り上がる中、229Dがやって来ました。
この日はピッカピカのキハ40-2046だったので、このような撮り方でもよく映えます。
この後、このまま待って、生野で交換の1228Dも撮影しましたが、こちらは方向転換したキハ41-2001。
こちらもピッカピカなので、よく映えました。

d0144549_21243989.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
231D 2017年5月20日(土) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

日原から長谷俯瞰へ移動しました。
最近では姫路市内山間部でも熊が出没しているので、山に登るのは怖いのですが、スマホでラジオを鳴らし、鈴をぶら下げてのプチ登山でした。
ポイント到着直後に231Dの為信通過の警笛が聞こえたので、カバンからカメラを取り出し、長谷駅に入るシーンを撮影しました。
こうして撮ると、高い山に抱かれていることがよく分かります。

d0144549_21300724.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
上:9646D 下:230D 2017年5月20日(土) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし
d0144549_21303501.jpg

そのまま居座り(笑)、日原から長谷駅へと滑り込み9646D「天空の城竹田城跡号」と、これと長谷駅で交換する1D「はまかぜ1号」を撮影。
その後、長谷駅を出てきた9646Dを撮影。
さらに、続行の230Dも撮影しました。
230Dは、日原で撮影したキハ40-2046です。

d0144549_21364941.jpg
d0144549_21370618.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
上:1233D 中:232D 下:235D
2017年5月20日(土) JR播但線長谷⇔生野間(上・中)・寺前~長谷間(下)にて
周辺トイレ:なし
d0144549_21372327.jpg

長谷俯瞰から下りた後は水田を。
まずは渕地区の水田。
前回の撮影時はまだ水が入っただけでしたが、この日はすっかり田植えが終わっていました。
まずは長谷方面を向いて1233Dを。
背景の山、まだまだ緑が若いですね。
続く232Dは真名谷方面を向いて。
栃原川橋りょうを渡る232Dと、水が入れられている水田とを合わせて。
その後南下し、峠地区で235Dを撮影しました。
いずれのポイントも、朱色の気動車がよく似合います。

d0144549_21461528.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
上:3D 下:9647D 2017年5月20日(土) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:大河地区公民館公衆トイレ
d0144549_21463646.jpg

この日の締めくくりは、朝撮影した大河の麦畑。
午後になって順光となったので、緑が濃く見えます。
3D「はまかぜ3号」は空を仰ぐように、9647D「天空の城竹田城跡号」は畦道にしゃがんで麦を主役に、それぞれ撮影しました。
もうしばらくすると本格的な麦秋を迎えるので、じっくり狙いたい場所でもあります。


by 95219522 | 2017-05-29 21:55 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 16日
No.29 「里の田植えが始まった!」 5月14日号
この日は朝から、妻が地区の用事で出かけていたので子守りをし、妻の帰宅を待って北上しました。

d0144549_10270096.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
229D 2017年5月14日(日) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

空には雲が浮かんでいるものの、何とも気持ちの良い空模様でした。
長谷周辺も田植えが行われており、日原からも田植え機のエンジン音が聞こえていました。
作業の邪魔にならないように地区内へ。
やがて229Dが登って来ました。
少し上を向き過ぎて、水鏡が中途半端な位置になってしまいました(汗)。
線路側の田んぼは田植えが終わっていましたが、その隣はまだでした。

d0144549_10315452.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
231D 2017年5月14日(日) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

1228Dを撮影すべく場所を移動している間に、先ほど撮影した場所に畦に苗床が運ばれてきました。
道路を挟んだ東側で田植えをされていた方が、こちらへ移動される様子でした。
丁度231Dが登ってくる時間だったので、1枚目と同じ立ち位置から。

d0144549_10354139.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
9646D 2017年5月14日(日) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

地区の南側へ移動し、広がる田んぼと高い山、清々しい空を取り入れて9646D「天空の城竹田城跡号」を撮影しました。
今年の「~竹田城跡号」は間合い運用なしで、GWが終わった後は土・休日のみの運転となっているので、良いタイミングで撮影できたと思っています。
この間に、先ほどの田んぼでは田植えが始まりました。

d0144549_10392128.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
230D 2017年5月14日(日) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

先ほどの場所に戻り、いらっしゃったおばさんにお許しを得て、作業と列車を絡めて撮影することに。
まずは1D「はまかぜ1号」と撮影。
この時は田んぼの向こう端でUターンをしている最中でした。
続いて、一番に撮影したキハ41-2001が折り返してくるので、そのまま待って230Dを。
この時も写真の通り、田植え機は向こうの方に行ってしまってました。
なかなかタイミングが難しいですね(^-^;)。

d0144549_10432189.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
1233D 2017年5月14日(日) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

為信地区へ移動しました。
ここも朝から田植えが行われていたので、邪魔にならない場所に駐車し、徒歩で(ここでの撮影の際はいつも同じですが)。
線路を潜って様子を窺うと、お昼休みのようで、作業は中断していました。
苗床を乗せた田植え機が止まっていたので、これを主役に。
背景の山の新緑がまだまだ綺麗でした。

d0144549_10470752.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
1234D 2017年5月14日(日) JR播但線長谷駅にて(後追い)
周辺トイレ:長谷駅

村営マーケットでカップラーメンの昼食をとり(笑)、長谷駅へ。
すると、知人がいらっしゃって、つつじと列車の共演を撮影されているところでした。
方転したキハ41-2001が来る旨お教えしてホームへ。
新緑を取り入れ、制限30km/hで走り去る後ろ姿を記録しました。

d0144549_10520990.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
9647D 2017年5月14日(日) JR播但線長谷駅にて
周辺トイレ:長谷駅

変わって、ズームを効かせて3D「はまかぜ3号」と9647D「天空の城竹田城跡号」が、長谷駅構内に進入して来るシーンを。
大きな雲が流れて来るので、陰ってしまうことが多かったのですが、列車通過時は何とか陽が射してくれました。

d0144549_10560393.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
1237D 2017年5月14日(日) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

長谷駅を後にして、知人を第三市川橋りょう下へご案内しました。
時間的に陽が少し西に傾き、影が出来てしまってましたが、青空を見上げながら、キハ41-2001の1237Dを撮影。
続く236Dもここで撮影し、退散しました。

d0144549_10593203.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
4D 2017年5月14日(日) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:村営マーケット

帰宅するつもりでしたが、綺麗に陽が当たっていたので、重行地区で4D「はまかぜ4号」を狙いました。
田植えの済んだ田んぼを手前に、山裾の新緑は大分緑が濃くなっていましたが、この時期らしい記録ができました。


by 95219522 | 2017-05-16 11:02 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 09日
No.28 「雨から晴れへ!播但線」 5月5日号
この日は夕方から地区の用事があったので、撮影はお昼ごろまでと決めての出撃でした。

d0144549_13410075.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
225D 2017年5月5日(金) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

鍛治地区の水田、前日にほとんどが田植えを終えていました。
苗が植えられた水田と列車を絡めようと考えましたが、なかなか良いアングルが思い浮かびません。
そうこうするうちに小雨が降り始め、222Dの通過時刻に。
やって来たのは、方向転換したキハ41-2001でした。
これは折り返しを撮影しないとと、222Dを撮影した場所から反対を向いて撮影したのが上の写真。
青空が水田に写ることを期待していたのですが、雨雲が立ち込めていました(涙)。

d0144549_13453949.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
2D 2017年5月5日(金) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:村営マーケット

増結6両編成の2D「はまかぜ2号」をどこで撮影しようかと考えながら北上すると、重行地区の水田で代かきが行われていました。
たった一駅北上しただけで、田植えの前の段階なのです。
バックに新緑も入るので、折角の6両ですが、ここで2Dを。

d0144549_13492975.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
229D 2017年5月5日(金) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

2Dの後は栗地区の日原で撮影。
その後、急激に空の雲が減り、陽が射してきました。
為信俯瞰へ登り、新緑と代かき中の水田を入れ、のんびりと単行で走る229Dを。

d0144549_13522685.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
1228D 2017年5月5日(金) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

急いで山を下りて再び日原へ。
水が入る水田の片隅に、カラーなしき花が咲いていました。
2D撮影後はここで2本の普通列車を撮影したのですが、陽が射さず残念な結果でした。
しかし2度目に訪れた時は陽が射し、良い光線状態となっていました。
朝一で撮影したキハ41-2001の折り返し1228Dと絡めて。

d0144549_13564464.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
231D 2017年5月5日(金) JR播但線長谷駅にて
周辺トイレ:長谷駅

キハ41-2001の幌付き埴輪顔を狙うべく、長谷駅ホームへ。
少し逆光になり、背景の新緑が輝いていました。
準備をしていると、和田山方面行き列車の寺前発車のアナウンスが。
時計を見ると10分も早い・・・、こりゃぁ増結やな!!
前日もそうでしたが、繁忙期になると231D以降、本来充当の気動車の和田山寄りに1両増結されるのですが、その増結する気動車が入換で長谷方の本線上へ出たために、自動アナウンスが流れたのでしょう。
10分後、再び和田山方面行き寺前発車のアナウンスが流れました。
やがて為信通過の警笛が聞こえ、カーブを曲がって姿を現した231Dは、やはり増結されており、キハ41-2001の顔は拝めませんでした。
しかし、良い色が出た良し写真になりました。

d0144549_14033312.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
上:1D 下:9646D 2017年5月5日(金) JR播但線長谷⇔寺前間にて
周辺トイレ:村営マーケット
d0144549_14034843.jpg

重行地区の市川の河原に来ました。
対岸の新緑を大きく取り込み、まずは1D「はまかぜ1号」を。
6両の中間、先頭車同士が顔を突き合わせている部分を撮影しました。
1Dが長谷駅を通過するとすぐに9646D「天空の城竹田城跡号」が出てきます。
聞こえるエンジンに耳を傾けながら、顔を出したところでシャッターを切りました。
縦構図にし、市川のせせらぎを入れて。


by 95219522 | 2017-05-09 14:09 | 播但線 | Trackback | Comments(0)