カテゴリ:山陽・播但線( 7 )

2017年 03月 01日
No.14 「冷え込んだ早春の里から山陽へ」 3月1日号
そろそろ梅が咲いてるかなぁと思い、朝から北上してきました。

d0144549_19352276.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
225D 2017年3月1日(水) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

今朝は冷え込み、霜が降りていました。
凍える寒さの中、栗地区日原へ。
霜で白くなった田んぼに氷が張っていました。
キハ41単行の225Dが峠を登ってくる時間、寒さを物語る田んぼを主役に。

d0144549_19400114.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
224D 2017年3月1日(水) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

すぐ近くの紅梅、数輪の花を咲かせていました。
蕾も濃い赤になっていたので、これをメインに224Dを。

d0144549_19425106.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
226D 2017年3月1日(水) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:大河地区公民館公衆トイレ

大河地区へ移動し、バス停近くの梅の木を。
こちらも、ちらほらと花を咲かせ、先ほどの紅梅ともども、早春の装いといったところでしょうか。
うまく満開の時にも撮影できたらと思います。

d0144549_19461074.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
8051D 2017年3月1日(水) JR播但線新野~寺前間にて
周辺トイレ:なし

比延地区へ移動し、日吉神社近くの梅を狙いました。
年々、咲く花が少なくなっているように思うのですが、それでもたくさんの花を咲かせていました。
8051D「かにカニはまかぜ号」と絡めて。
今日は珍しく3両編成での運転でした。
この後、少し用事を済ませてJR神戸線へ。

d0144549_19500663.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
試9912D 2017年3月1日(水) JR山陽本線東姫路~御着間にて
周辺トイレ:なし

先日プレス公開が行われ、テレビ各局が生中継まで行った「トワイライトエクスプレス瑞風」。
これまでは車体保護用の黒いラッピングに覆われ、主に4~5両で試運転を重ねてきましたが、本日からラッピングを剥がしたフル編成10両での試運転が始まりました。
市川の橋りょうには網干行き試9911Dの通過前に到着していましたが、市川の対岸に3名ほど撮影者らしき姿が見えたので、三脚だけを置いて橋りょうの南側へ移動。
橋りょう脇から試9911Dを適当に撮影(^-^;)。
通過後しばらくしてから北側へ戻り、セッティング。
定番の堤防は工事中なので、下からの撮影です。
後から数名いらっしゃり、横一線に並んでの撮影となりました。
濃い緑に5本の金帯、デッキの囲いも金色と、とにかく渋い「~瑞風」。
是非とも妻と乗ってみたいけど、倍率も金額も高すぎますね(笑)。
でもいつかは!!

d0144549_20034562.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
試9912D 2017年3月1日(水) JR山陽本線東姫路~御着間にて(トリミング)
周辺トイレ:なし

通過する列車の側面をカメラで追っていると、列車名の表記が。
本当はエンブレムを撮りたかったのですが(^-^;)。
少しトリミングしています。


by 95219522 | 2017-03-01 20:06 | 山陽・播但線 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 24日
No.44 「秋深まる播但線」 11月14・20日合併号
アップが遅くなりましたが、秋を求めての撮影を。

d0144549_01303328.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
225D 2016年11月14日(月) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

14日は、私の写真を展示してくださっている神河町商工会へ写真の入れ替えにお邪魔する前に撮影を。
雨の予報だったので、しっとり濡れた紅葉をと考えていたのですが、全く降る気配なし。
どんより曇った里で、ススキを主役に。

d0144549_01355328.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
2D 2016年11月14日(月) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

真名谷へ移動し、第三市川橋りょう脇の紅葉した木を主役に、隧道を出て来る2D「はまかぜ2号」を狙いました。
天気のいい日の午後に狙いたい場所ですが・・・、来年ですね(汗)。

続いては20日(日)の撮影より。

d0144549_01392912.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
9647D 2016年11月20日(日) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

この日は朝からひどい頭痛で寝込んでおりました。
頭痛薬を飲んでもなかなか良くならず、吐き気がする始末。
それでもお昼過ぎには何とかおさまり、気を取り直して撮影へ。
畑中踏切を渕側へ渡ったところから市川を見下ろすと、紅葉した葉が見えました。
最近撮影していなかった「天空の城 竹田城跡号」と絡めて。

d0144549_01445056.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
3D 2016年11月20日(日) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

続行の3D「はまかぜ3号」は、為信地区の銀杏と絡めて。
通過前には陽が射し、銀杏の葉が輝いていたのですが、通過直前に陰ってしまいました。
こちらも来年リベンジ要ですね。

d0144549_01473378.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
工9380レ 2016年11月20日(日) JR山陽本線東姫路~御着間にて
周辺トイレ:公園公衆トイレ

3D撮影後、播但道で市川橋りょうへ急行しました。
DD51がチキ10両を牽引してくるというので、是非とも記録しておきたくて。
市川堤防のお立ち台に着くと柵がしてありましたが、河川敷からの階段には柵はなく、工事も行われていませんでしたので、回り込んで場所を確保。
後から3名来られただけの少人数での撮影となりました。
牽引の1192号機は、夏に全検から出たばかりでまだまだ綺麗でした。
ロングレールと伺っていましたが、ロンチキではなく、3両ユニット2本と4両の計10両で、50mレールを積んでいるのかな?と。
3段積みですから結構な本数を積んでいるのでしょう。

この日の撮影はここまで。


by 95219522 | 2016-11-24 01:57 | 山陽・播但線 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 01日
No.23 「里山から 電機を求めて いざ南下!!」 5月31日号
今日は特に当てもなく、目に付いたものにレンズを向けてみようと、軽~い気持ちで出かけました。

d0144549_154636.jpg

Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
1221D 2016年5月31日(火) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

寺前駅前を通過したのが1221D発車の数分前。
北上してどこかで撮影出来ればと、そのまま北進。
第二市川橋りょう付近の田んぼに陽が射していたので、ここで狙うことに。
長谷駅通過が午前6時7分頃、夜明けが早くなりました。
苗も少し伸びて、その存在がはっきりわかるようになってきました。

d0144549_1541878.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
223D 2016年5月31日(火) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

大河地区まで南下し、太陽を入れて山霧が掛った山と清流・市川を取り入れて、第一市川橋りょうを渡る223Dを狙いました。
どの季節でも絵になる場所ですが、この時期の朝日の逆光で狙うこの風景も好きなシーンです。

d0144549_1543285.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
222D 2016年5月31日(火) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

以前撮影した渕地区の田んぼの田植えが終わっていました。
逆光となる時間帯ですが、222Dを狙ってみました。
まだまだ短い苗ですが、逆光で緑に輝き、その存在がはっきりわかります。
やって来た気動車は、まだまだ綺麗なキハ40 2008でした。

d0144549_1545866.jpg

Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
2D 2016年5月31日(火) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

再び南下して鍛治地区へ。
麦秋を迎えた麦畑と、6両に増結の2D「はまかぜ2号」を絡めて撮影することに。
編成を狙っても面白くないので、中間の先頭車同士の連結部を狙ってみました。
麦の良い色が出てくれました。
編成の反姫路方3両は修学旅行用で、白いセーラー服の女生徒が見えました。
かつては修学旅行専用列車として、12系客車やキハ58・28系、キハ65形「エーデル&リゾート」などが入線していましたが、今では2D・5D増結で対応しています。

d0144549_155146.jpg

Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
1228D 2016年5月31日(火) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

2D撮影後、JR山陽本線の上り貨物5070レに、国鉄時代とほとんど変わらぬ姿で活躍を続けている電気機関車EF66型27号機が充当されているとの情報が。
これまで1度しか撮影していない同機、撮れる時に撮っとかないと!と思い、生野で朝昼兼用の食事を済ませて南下することに。
途中、1228Dの通過時刻と重なったので、重行地区で田んぼを入れて狙ってみました。
逆光ですが、キハ40 2008は塗装が綺麗なのでよく映えてくれます。

d0144549_1552882.jpg

Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
上:2074レ 下:5070レ 2016年5月31日(火) JR山陽本線東姫路~御着間にて
周辺トイレ:公園公衆トイレ
d0144549_155409.jpg


播但道でワープ、市川橋りょうにやって来ました。
注目の機関車ですから先客があるはずと思っていましたが、11時15分頃に到着しても誰一人いませんでした。
ポジションを決めてセッティングしていると1人来られ、お話させていただきながら待つことに。
まずはEF510型牽引の2074レ。
ブルーの500番台を記録したいところですが、レッドの11号機の牽引でした。
シルバーの509・510号機もJR東日本から譲渡されましたし、こちらも狙いたいところです。
そして本命、2074レの30分後を追う5070レがやって来ました。
ブルトレ牽引機として、当たり前の存在だったEF66型も、原型に近い状態で活躍しているのはこの27号機のみ。
末永く活躍してほしいところですが、もし引退となった際には解体せず保存していただきたいものです。


by 95219522 | 2016-06-01 02:40 | 山陽・播但線 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 16日
No.21 「夜空、団臨、播但線」 5月14・15日号
14日夜、15日に日付が変わってすぐに和田山からキヤ141系が入線し、姫路までを1往復検測するということで、速度が落ちる長谷駅で後追い撮影にチャレンジしてみようと思い、出かけましたが・・・。

d0144549_0115618.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
5683M 2016年5月14日(土) JR播但線新野~寺前間にて
周辺トイレ:なし

夜空にたくさんの星が輝いていました。
長谷駅へ向かう途中、新野~寺前間の直線沿いの田んぼで、田植えが終わっていることに気付きました。
田んぼの水面に反射する列車の光跡と、夜空の星を撮影できたらなぁと思い、懐中電灯の明かりを頼りにカメラをセッティングし、5683Mを狙いました。
満点の星・・・とまではいきませんでしたが、大きく強く輝く星が写ってくれました。
この後、長谷駅へ移動し、お目当てのキヤ141系を待ちましたが、一向に閉塞が開通せず、やって来る気配なし・・・。
「ウヤかな」と考えて帰宅しましたが、家に入ってほんの数分後、姫路へ向けて通過したようで、軽いジョイント音が聞こえました。
約40分遅れでの運転だったようです。
もう10分待っていれば撮影できたのですが、深夜の無人駅は居心地はよくないし、何より眠たかったので(涙)。

d0144549_0121367.jpg

Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
9331レ 2016年5月15日(日) JR山陽本線姫路~英賀保間にて
周辺トイレ:なし

3時間ほど寝た後、先月に続いて運転される欧風客車「サロンカーなにわ」を記録すべく、英賀保駅近くへ。
トワイライト色の1124号機は「SL北びわこ号」のC56 160牽引に充当されているので、今回は原色機の牽引となりました。
撮影前に英賀保駅上り時刻表を確認すると、新快速か続行の普通が被りそうな予感がしていましたが、お目当ての9331レが少し遅れていたようで、普通が姫路方面へ走り去った後の通過となり、被られずにすみました。
牽引機にはヘッドマークが掲出されるということで、オリジナルのものが掲出されるのかと思っていたら、「サロンカーなにわ」専用マークが掲出されていました。
このマークを記録するのは今回が初めてです。

d0144549_0122984.jpg

Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
9321M 2016年5月15日(日) JR山陽本線姫路~英賀保間にて
周辺トイレ:なし

「サロンカーなにわ」の30分後を、117系8両を使用した団体臨時列車が追って来ます。
117系と言えば、国鉄時代に「シティーライナー」の愛称で親しまれた、初代新快速専用電車です。
当時の塗色の編成が来てくれたらいいなぁと期待していましたが、やって来たのは京都地域カラーの抹茶色の編成でした。
あまり好きではない色なので残念でしたが、希少車両を記録できたので良しとしましょう。

d0144549_0124958.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
231D 2016年5月15日(日) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

播但線の非電化区間に転戦しました。
雲が広がり、はっきりすっきりしない天気。
でも、折角来たんやから何か撮影しないと!と流していると、菖蒲が咲いているのを発見しました。
丁度、数分後に231Dが峠を登って来る時間帯だったので、これを絡めて撮影しました。
5月と言えば、藤と菖蒲ですね。

d0144549_013919.jpg

Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
9646D 2016年5月15日(日) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:大河地区公園公衆トイレ

大河地区のインカーブの田んぼの田植えが終わっていたので、1D「はまかぜ1号」と9646D「天空の城 竹田城跡号」は田植えが終わった田んぼと絡めて。
田んぼを渡る風が心地いい季節になって来ましたね。

この後、雲が多くなってきたし、寝不足なので撮影は切り上げ、帰宅しました。


by 95219522 | 2016-05-16 00:57 | 山陽・播但線 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 07日
No.14 「“晴れの国”の使者を狙う」 4月3日号
本日2本目のアップです。
先の記事でも触れましたが、この4月からJRの観光キャンペーン「晴れの国おかやまデスティネーションキャンペーン」が行われており、このオープニング企画として、欧風客車「サロンカーなにわ」を使用したツアー専用団体列車「サロンカー晴れの国おかやま号」が2~3日、大阪~岡山間で運転されました。
牽引機へのヘッドマーク掲出は発表されていましたが、その牽引機が問題。
「特別なトワイライトエクスプレス」用に専用塗色となった1124号機が充当されるのでは?と密かに予想していました。
2日夜、ネットを見てみるとやはり1124号機が充当されていました。
自分としては、1124号機がトワイ以外のヘッドマークを掲出している姿を記録しておきたいという思いがこみ上げ、3日の復路を狙うことにしました。

d0144549_2122315.jpg

Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
9332レ 2016年4月3日(日) JR山陽本線英賀保~姫路間にて
周辺トイレ:なし

当初、英賀保駅近くの踏切で撮影できるのではと考え、現地に行ってみましたが撮影はほぼ不可能でした。
仕方ないので市川橋りょうへ行こうと、手柄まで行ったところで「別の踏切は?」と思いUターン。
でもやっぱり駄目だったのでまたUターンし、手柄からバイパスと下道で市川橋りょうへ。
堤防にはすでに多くのファンが陣取っていました。
どうするか・・・、考えた挙句、再び英賀保方面へ。
手柄でデーゲームの渋滞にハマりながらも線路と並走する道路へ。
そうや歩道橋!と思い出し、駆け上がってみると、側面は狙えないものの機関車正面は狙える、時間もないのでここで撮影することに。
この日は雨が降ったり止んだりの天気で時間的にも露出が厳しい状況。
そんな中、英賀保方面からお目当ての列車がゆっくりとこちらへやって来ました。
シャッター速度が稼げなかったのですが、列車速度が遅かったので何とか写し止めることができました。
振り向き様に後追いしたのが下の写真。
テールマークも「晴れの国~」オリジナルのものとなっていました。
d0144549_21344756.jpg


by 95219522 | 2016-04-07 21:34 | 山陽・播但線 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 26日
No.8 「山から海への大移動!!」 2月25日号
2月9日以降、久しぶりの撮影となりました。
この日はお知り合いと、9日に撮影したのと同じ訓練列車の撮影に一緒に出かける約束をし、午前9時に迎えにいくことにしていました。
それまで私は、播但線を撮影しようと思い、早朝に家を出発。

d0144549_1361546.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
220D 2016年2月25日(木) JR播但線長谷~寺前間にて(後追い)
周辺トイレ:なし

西の空に大きな月が出ていたので、これと上り始発を捉えようと鍛治地区に。
しかし月は見ている間にどんどん山の向こうへと下りていってしまいます。
こりゃあかんと諦め、白々と明けはじめた空を主役に撮影することに。
間もなく踏切が鳴動、220Dがやって来ました。
寺前方よりキハ40 2008+銀馬車・鉱石号という編成でした。
これを確認し、折り返し223Dを北近畿自動車道下から竹田城跡と絡めて撮影しようと考え、竹田の天気を確認するためライブカメラを見ると・・・、雲海の上に竹田城跡が浮かんでる!しかもバックの山は雪で真っ白!!
予定変更、立雲峡を目指しました。

d0144549_1363631.jpg

Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
2016年2月25日(木) 朝来市和田山町にて

実は、立雲峡に来るのは今回が初めて。
駐車場がわかるかなぁ?と不安でしたが、すぐに分かりました。
駐車場にはすでに10台くらいが駐車されており、時折上の山から話声が聞こえます。
カメラバックを背負い、整備された山道を登り始めましたが、思いのほかきつい(^-^;)。
すぐに息が上がってしまって、口で呼吸するものだから、冷たい空気に喉がやられ、辛い。
待ち合わせの時間もあるし、あまり上へは登れないので適当な場所を探していると、第一展望台から少し登ったところに視界の開けた箇所を見つけました。
ほぼ目線の高さに竹田城跡が。
下界は雲海に覆われ、バックの山は真っ白。
登城禁止期間のため、石垣には誰一人いない・・・、最高のタイミングで撮影できたと思います。
しばしこの眺めを楽しんだ後、下山。
一気に南下しました。

d0144549_1365190.jpg

Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
上:81レ 下:試9973レ 2016年2月25日(木) JR山陽本線須磨~塩屋間にて
周辺トイレ:なし
d0144549_137559.jpg


お知り合いと合流し、どこで撮影するかのご相談。
いろんなポイントが出ましたが、折角いいお天気なのでと私の願いを聞いていただき、姫路から新快速・普通を乗り継ぎ、塩屋駅で下車。
すぐ近くの国道2号線の陸橋に陣取りました。
折角大阪からやって来るのだから、瀬戸内海と絡めて撮影したいと以前から思っていて、いろいろ調べて見つけたポイントです。
他の方が撮られた作品は、やはり列車がメインで海は少し写っているだけというのが大半でしたが、現地に到着してみると・・・、海に主役にしなきゃ勿体ないロケーションではありませんか!!
この海を脇役にするなんて、私には考えられませんでした。
海メインでカメラをセット、待っていると、81レでEF66 27が来ると言う情報が。
しかもメインである試9973レの少し前の通過、良いタイミングで狙える!
いつしか陸橋上は10人を超える盛況ぶり。
偶然にも、お世話になりながら播但線に引きこもってるせいで(汗)、約10年ぶりに現地にお住まいの方とも再会できました。
楽しい時間が過ぎ、81レの通過、他の列車が被ることなく無事に撮影できました。
本命の試9973レ通過直前、列車線・電車線双方を上り列車が並んで通過、直後に試9973レが通過しました。
ほんの少し、どちらかの通過が早いか遅いかすれば、被り・裏被りするところでした。
前後共、DD51に架線柱が掛ることなく記録でき、大満足。

d0144549_1372068.jpg

Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
試9974レ 2016年2月25日(木) JR山陽本線姫路~御着間にて(トリミング)
周辺トイレ:公園内公衆トイレ

姫路へ戻り、折り返し試9974レは市川橋りょうで。
橋りょうで何やら工事をされていて、丁度写り込む場所にトラックだのが停めてあるので、これが写り込まないようにと考えると、どうしても望遠が足りず、トリミング前提で撮影することに。
風が強く、かなり寒いなかでの“待ち”となりました。
15時頃に工事関係者が仕事を終えたらしく、片付けをしている様子で、車も数台出て行ったようでしたが、一番除いてほしいトラックは動く気配なし。
結局、そのまま本番を迎えました。
最後尾の1191号機の存在もちゃんとわかるので、往路同様満足の1枚となりました。
先頭の1109号機、確認できるだけでも3名は乗車されてますね。

というわけで、この日の撮影はここまで。


by 95219522 | 2016-02-26 02:25 | 山陽・播但線 | Trackback | Comments(7)
2016年 02月 10日
No.7 「訓練列車を狙え!」 2月9日号
あっという間に2月も10日となりました。
前の休みは家でゴロゴロしていたので、今日は撮影に出かける!!と、早朝に起きて外へ出ると・・・、温かい。
車のフロントガラスも凍っていない・・・、霜が下りてない。
雪が降ってない朝は、霜で白くなった風景と絡めて撮影したいのにと、一気に冷めてしまいました。
しかし、北上すればなんとか・・・との思いで家を出発。

d0144549_10156.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
1221D 2016年2月9日(火) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

北上するも、外気温は3~4℃と温かいし、風があるので霜は下りていませんでした。
寺前駅までやって来ると、1221Dが発車したところでした。
編成は、久しぶりの銀馬車・鉱石号とキハ40 2008の2両編成。
銀馬車・鉱石号は後藤所に入場していたようですね。
久しぶりの同車を何とか収めようと、畑中踏切へ先回り。
踏切の照明を利用し同車であることが分かるように撮影しました。
人家のない箇所で、踏切以外外灯もなく真っ暗、しかも生温かい風が「ゴ~」と音を立てて吹き続けるので、とにかく身震いするほど怖い(^-^;)。
そんな中で、勇気を振り絞っての撮影でした。

d0144549_101259.jpg

Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
2D 2016年2月9日(火) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

1221D撮影の後、明るくなってから撮影しようと思い、それまでに朝飯を食べておこうと渕~川尻を抜けて生野のたいこ弁当へ。
その後、225Dを撮影すべく下市川橋りょうへ行きましたが、突如辺りが暗くなったかと思うと雷雨に。
冬の雷は怖いし、外に出れるような状態ではなかったので、仕方なく車中よりお見送りする羽目に。
雨が上がり、山に霧が掛り始めたので、2D「はまかぜ2号」を第二市川橋りょうで撮影しようと考え、南下。
200mほど南下したところで犬に遭遇、肋骨がはっきりわかるほど痩せていますが首輪をしています。
迷い犬か捨て犬か・・・、いずれにせよ近付かないこと。
そのまま南下し、第二市川橋りょうに到着。
明るくなってわかったのですが、日曜に降った雪が山頂付近に残っていました。
薄ら白い山頂に霧が掛ったところで2Dの通過、良いタイミングでした。

d0144549_102356.jpg

Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
227D 2016年2月9日(火) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:浄化センター前公衆トイレ(2月下旬まで使用停止中)

銀馬車・鉱石号の折り返し227Dを撮影すべく下市川橋りょうへとんぼ帰り。
と、先ほどと同じ場所に例の犬が。
どうやら留まっている様子。
怖かったのですが、警戒しながらお立ち台へ。
風のせいでしょうか、為信の第四種踏切通過の警笛がはっきりと聞こえました。
そのまま待っていると、微かに鈴の音が!
「さっきの犬や!」、辺りを見ますが上がってきてはおらず、下の道路にいる様子。
しばらくして2回、すぐ近くで遠吠えがしました。
これはさすがに怖かった。
耳を澄ませ、辺りを警戒しながら撮影したのが上の写真。
三脚を畳みながら辺りを見渡すと、川尻へと延びる道路の浄化センター前を、川尻方面へ駆ける犬が見えました。
足音を立てないように車へ戻ろうと歩きながらふと道路を見ると、犬がこちらへ戻ってくるのが見えました。
道路脇の空き地を駆ける姿が見えましたが、すぐに見失いました。
どうしようか躊躇いましたが、浄化センター前へ迂回して道路へ出、辺りを窺いながら急いで車に乗り込みました。
ホッとして再び南下。
犬は最初に目撃した場所まで戻っていました。
長谷の駐在さんに知らせようかとも思いましたが、首輪をしている上(飼い犬かもしれない)、場所が福崎署管轄の神河町と朝来署管轄の生野町の境界ということもあり、通報は見送りました。
寺前で8051D「かにカニはまかぜ」を撮影するも、気分が乗らない上、空模様も今一つだったので、写真もパッとせず、そのまま帰宅しました。

d0144549_103515.jpg

Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
試9973レ 2016年2月9日(火) JR山陽本線姫路~英賀保間にて
周辺トイレ:なし

一旦帰宅したものの、JR山陽本線で訓練列車が走るらしいとのことだったので、午後から出かけました。
この編成が、12系客車をDD51型がプッシュプルで牽引するということに魅力を感じての出撃でした。
しかし撮影ポイントは分からないし、どうしたものかと悩み、英賀保駅で狙おうと考え、向かいました。
しかし、すでにホーム先端に一名おられたので、思い通りに撮影できないかもしれないと思い、時間もないので周辺で場所を探しました。
結果、英賀保駅近くの踏切から狙えそうだったので、場所を確保しました。
たまたま8両編成の223系が通過、その際編成を収めることが可能と分かり、ここで撮影することに。
通過時刻の少し前、姫路方面にDD51の前照灯が確認できました。
と、同時に後方の英賀保駅に上り列車の姿が!
「被るかも!!」と冷や冷やしましたが、上り列車が先に通過し、被られずに済みました。
先頭は1191号機、まるで蒸気機関車の如く、車体後方を左右に激しく振りながら走行していました。
5両の12系客車を挟み、最後尾にはピカピカの1109号機が連結されていました。
面白い編成を記録出来、満足で帰宅しました。


by 95219522 | 2016-02-10 02:04 | 山陽・播但線 | Trackback | Comments(0)