カテゴリ:未分類( 95 )

2017年 08月 22日
多数のご来場、ありがとうございました。
7月23日より、神河町観光交流センター「カーミンの観光案内所」多目的ホールにて開催しておりました私の写真展「郷愁 播但線 -第九回藤原賢吾『播但線』写真展-」は、8月20日をもちまして終了いたしました。
拙ブログをご覧になられて開催を知ったという方、また案内状をお送りしました方々のご来場に始まり、神戸新聞記事で写真展を知ったという方もたくさんお越しくださり、150名分の記帳が可能な芳名帳はすべて埋まり、余白にまで記帳くださっていました。
最終日まで確認することができませんで、もし記帳出来なかったという方がいらっしゃいましたら、本文右側に明記のメールアドレスまで、その旨お伝え下されば次回開催時の案内状をお送りさせていただきますので、お気軽にどうぞ。
来年夏もまた写真展を開催できるよう、撮影・記録に精進いたします(笑)。
次回は、自分が目標としていた第十回目となります!


by 95219522 | 2017-08-22 18:34 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 20日
会場入りしました
ただいま会場入りしました。
これから終了の午後2時まで常駐しています。


by 95219522 | 2017-08-20 10:40 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 20日
本日最終日です
本日、写真展最終日で常駐日ですが、急用のため、お昼頃からの常駐となります。
ご了承下さい。


by 95219522 | 2017-08-20 08:20 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 15日
常駐しております
本日15日は写真展会場に常駐しております。
夜勤明けのため、寝ぼけておりますが(^_^;)、お越しの際はお気軽にお声かけください。


by 95219522 | 2017-08-15 10:20 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 12日
常駐予定日変更のお知らせ
案内状をお送りした際に、14日を常駐予定日として記載しておりましたが、仕事の都合により、常駐できなくなりました。
翌15日は10時頃には会場入りできると思います。
度々変更線が生じ、大変申し訳ありません。


by 95219522 | 2017-08-12 10:06 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 03日
本日3日も常駐です!
本日8月3日も写真展会場に常駐してます。
神河は、朝は秋のような雲が浮かんでいましたが、今は夏らしい大きな雲が浮かんでいます。
気温が上がってきましたので、涼しい服装でおいでください。


by 95219522 | 2017-08-03 10:31 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 01日
今日も常駐してますよ!
昨日は仕事で不在でしたが、本日1日は写真展会場に常駐してます。
是非お立ち寄りください。


by 95219522 | 2017-08-01 09:16 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 07日
No.35 「今年も咲いたよ!播但線」 7月7日号
本日の撮影分をご紹介する前に写真展の告知を致します。
毎年夏に開催しております私の播但線写真展ですが、今夏も開催させていただくことになりました。
準備が遅れ、告知も遅くなってしまいました(汗)。

●写真展タイトル「郷愁 播但線 -第九回藤原賢吾播但線写真展-」
開催場所:神河町観光交流センター「カーミンの観光案内所」内多目的ホール
開催日程:7月23日(日)~8月20日(日) 但し水曜日は休館のため、お休みします。
開催時間:午前9時~午後5時 但し最終日は午後2時まで
入場・観覧無料

タイトルにあります通り、郷愁を誘うような、どこか懐かしさを感じる素朴な沿線風景をメインに、昨年6月以降の一年を記録した写真30点で構成しております。
昨年同様、お盆をまたいでの開催です。
帰省や旅行、撮影のついでに是非お立ち寄りください。

さて、今朝は観光交流センターと、写真を展示していただいている神河町商工会大河内支所にお邪魔する前に、ほんの少しだけ撮影してきましたので、ここからはその記録を。

d0144549_21010684.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
224D 2017年7月7日(金) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

この時期になると気になるのが、為信地区ののうぜんかつら。
年々花の量が減っているように感じるので、今年は咲くだろうか・・・と心配していました。
現地に着いてみると、まだまだつぼみが多い中、綺麗なオレンジの花が数輪開いていました。
やはり、以前のような勢いはないものの、やはり綺麗です。
224Dの通過時刻となったので、“紅”同士の共演を。

d0144549_21060447.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
227D 2017年7月7日(金) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

224Dがキハ40同士の2両編成だったので、編成を狙える場所をと考えて、第二市川橋りょうにやって来ました。
見ると、背景の山が霞み、良い雰囲気を醸し出していたので、編成は小さくなりますが、山の表情を記録すべく構図を取りました。
山頂付近の掛る山霧、風に流されて刻一刻と表情を変えていきます。
列車通過時、山霧は流されてしまいましたが、逆光も手伝って、印象的な1枚になりました。

d0144549_21105024.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
226D 2017年7月7日(金) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

生野で交換する226Dに、方向転換したキハ41-2001が入っているはずなので、そのまま待つことに。
今度は清流・市川をメインとすべく、カメラを下に向けての撮影です。
曇っていたので、ギラギラした太陽の反射はありませんが、まぁ良しとしましょう(汗)。


by 95219522 | 2017-07-07 21:14 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 07日
No.21 「春雨に煙る播但線」 4月7日号
本日2本目のアップです。
一気に桜が開花し、場所によっては見頃を迎えている播但線沿線。
今日はあいにくの天気でしたが、長谷周辺の桜の偵察と、神河町商工会さんに展示していただいている写真の展示替えも兼ね、撮影してきました。

d0144549_20343840.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
222D 2017年4月7日(金) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

つい先日、長谷~生野間で真昼間に列車と熊が衝突する事故が発生しただけに、里とは言え気が抜けません(汗)。
鈴を付けての撮影です。
さて桜はというと、寺前郵便局前に満開の木があるのみで、他は数輪が咲いている状態。
長谷に至っては全く咲いていませんでした。
今朝は雨が降ったこともあって、山霧が掛り良い雰囲気を醸し出していました。
まずは第2市川橋りょうで、背景の山を取り入れて222Dを撮影。
小雨の中、単行の気動車が峠を駆け降りてきました。

d0144549_20404521.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
225D 2017年4月7日(金) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:大河地区公民館公衆トイレ

折り返し225Dは、大河地区の定番カーブで。
と言っても、山霧に煙る背景の山を主役とした構図です。
もう少し煙っていたのですが、列車通過時は少し薄くなってしまいました。
単行とは言え、首都圏色車は存在感抜群です。

d0144549_20442494.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
226D 2017年4月7日(金) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

栗地区日原へ移動しました。
ここから望む渕地区方面の山々も、霧を被って良い表情でした。
2D「はまかぜ2号」、227Dと撮影。
茅葺屋根にトタンを張った古民家を入れて、峠を降りて来る226Dを記録しました。
2両編成の和田山方には、方向転換したキハ41ー2001が連結されていました。

d0144549_20484776.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
229D 2017年4月7日(金) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

キハ41-2001が単行となる229Dは、為信俯瞰から。
このポイントのずっと奥で森林伐採作業が行われており、4トンの材木トラックがピストン運行しているので、中腹に車を置いて歩いて上がりました。
ここからも、霧が掛る山を捉えることができました。
止んでいた雨が激しくなる中、力強いエンジン音を木霊させ、峠に挑みます。

d0144549_20543501.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
1233D 2017年4月7日(金) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

商工会にお邪魔して展示替えを済ませ、9646D「天空の城竹田城跡号」を為信で撮影し、大河地区へ。
キハ41-2001を大きく捉えようと、踏切脇に陣取りました。
本番前に、同車の230Dの後追いで構図を確認し、本番を迎えました。
見慣れた顔ですが、ジャンパ栓が増設され、貫通幌が付いただけで“重装備”と言う顔立ちになるのですから、面白いものです。


by 95219522 | 2017-04-07 21:00 | Trackback | Comments(2)
2017年 03月 17日
No.17 「春よ早よ来い!播但線」 3月17日号
梅が咲いたと思ったら雪が降ったり、春が足踏みしているようですね。
そろそろ非電化区間の梅も見頃かな?と思い、朝から出かけてきました。

d0144549_20490159.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
223D 2017年3月17日(金) JR播但線長谷~生野間にて(後追い)
周辺トイレ:なし

夜が明けるのが早くなりましたね。
少し前なら、朝6時なんて真っ暗でしたが、空がかなり明るくなっています。
今朝はよく冷え込み、霜が降りていました。
北上し、寺前駅前で220Dの入線を目撃しました。
そのまま北上を続け、長谷まで来ると山に霧が掛っています。
渕地区までやって来ると、真名谷の山が良い感じに霞んでいました。
223D通過まで20分近く時間があるので、風で霧が流される可能性もありましたが、待つことに。
やがて畑中踏切の警報音が聞こえ、223Dがやって来ました。
山の霞み具合は刻々と変化していきますが、223D通過時が一番良い表情を見せていました。

d0144549_20553719.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
222D 2017年3月17日(金) JR播但線長谷駅にて
周辺トイレ:長谷駅

先日よりお伝えしている、方向転換したキハ41-2001、今日は4日目の運用で幌付き”埴輪顔”を拝めるので、長谷駅で後追い撮影しようと思い、ホームへ。
224Dまで時間あるので、222Dを撮影。
ラインカラ―に変更された駅名票を入れて。

d0144549_21001925.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
224D 2017年3月17日(金) JR播但線長谷駅にて(後追い)
周辺トイレ:長谷駅

225Dも撮影し、お目当ての224Dです。
長谷駅では誰一人乗降なし、35km/h制限のため、低速で分岐器へと向かう編成を後追いしました。
やはり幌付き”埴輪顔”はインパクトがあります。

d0144549_21035041.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
227D 2017年3月17日(金) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:浄化センター前公衆トイレ

折り返し227Dは当初、第一市川橋りょうを渡って来るシーンを狙おうと考えていましたが、背景の山裾の電線が朝日を受けて輝き、その存在があからさまだったのでUターン。
下市川橋りょうのお立ち台から狙うことにしました。
人里離れた、人っ子一人いない静まり返ったこの場所、一人でいるのはやはり心細いです(汗)。
試し撮りしようにも、2D「はまかぜ2号」はとっくに峠を降りてしまったので、ぶっつけ本番です。
過去の撮影の記憶をたどり、構図を決めました。
微かにエンジン音が聞こえ、やがて227Dが姿を現しました。
いつもより少し速度が遅いようで、シャッター速度を稼げない中でも、何とか写し止めることができました。

d0144549_21110560.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
9646D 2017年3月17日(金) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

その後、竹田辺りまでロケハンに行きましたが、これといったものがなく、そのままトンボ帰り。
4日から運転が始まった9646D「天空の城竹田城跡号」を、栗地区日原の紅梅と絡めて。
先日よりも多くの花を咲かせていましたが、以前のような勢いは感じられませんでした。
しかし、記録出来て満足。

d0144549_21150024.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
9646D 2017年3月17日(金) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:大河地区公民館公衆トイレ

長谷駅停車の間に大河地区へ先回りし、梅と絡めて。
通過直前まで晴れていたのですが、車両が見えた途端に曇ってしまいました。
まぁ、そんなもんです(涙)。

峠地区の梅林、県道下はちらほら咲いていますが、山の斜面はまだまだ咲きそうにありません。
早よ咲いてくれへんかなぁ・・・。


by 95219522 | 2017-03-17 21:19 | Trackback | Comments(2)