2017年 09月 04日
No.41 「やまぐち遠征2日目」 9月3日号
津和野のわた屋さんの出、煙りが期待できる大山第三踏切を目指して南下しました。

d0144549_14364461.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
8521レ 2017年9月3日(日) JR山口線宮野~仁保間にて

あまりにも久しぶりなので、左折場所を見逃して道を間違えてしまうハプニングもありましたが、何とか無事に辿り着きました。
踏切へ行ってみると、すでに車が1台あり、昨日白井で御一緒した2人連れがいらっしゃいました。
私もそうそうに場所を決め、この方々とおれこれお話させていただきながら、時折通過する列車で試し撮りし、時間を過ごしました。
業務用のビデオカメラを持った方、通過直前にやって来られた方、計5名での撮影でした。
山口駅発車の汽笛が聞こえた数分後、近くの踏切の警報音が鳴り始め、C57 1のドラフト音が近付いてきました。
姿を現したC57 1は期待通りの爆煙!
手前まで引きつけてシャッターを切りました。
木漏れ日を行く蒸機、やっぱりカッコいいです!!
後ろに見える35系も雰囲気を出していて良いですね。

d0144549_14454314.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
8521レ 2017年9月3日(日) JR山口線長門峡~渡川間にて

移動途中、長門峡の人出が少なかったので立ち寄り、国道の歩道に陣取りました。
風で煙りがこちら側の流れそうだったので、少し右上を空け気味に構図を取ってみました。
数分遅れ入線・発車した8521レ、途切れることなく煙りと出して疾走してきました。
煙りは予想通りの広がりを見せ、無駄のない写真になったかなと(^-^)。

d0144549_14503506.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
8521レ 2017年9月3日(日) JR山口線徳佐~船平山間にて

今日は煙りが期待できる!徳佐発車も大丈夫と読み、昨日訪れたポイントへ。
黄金に輝く稲が、刈り取られずにまだ残っていたので、これを大きく取り込んだ構図で撮影することに。
徳佐駅に到着したC57 1は黒煙を上げていました。
発車時刻、汽笛一声発車したC57 1は完全な無煙運転。
加速するものの完全燃焼のまま通り過ぎて行きました。
あぁ、ここにきてこんなことってあるの・・・。
ど~して、おせぇ~て!おせぇ~て!!という小松政夫さんのフレーズが頭の中を回っていました(涙)。

d0144549_14565531.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
8522レ 2017年9月3日(日) JR山口線津和野~船平山間にて

津和野の道の駅で昼食をと向かったもの満員御礼の状態。
他になかったかな?と、思い出したのが鳴滝近くの食堂でした。
軽く食事を済ませ、折角だから8522レは鳴滝踏切で撮影してみようかと考え、機材を持って踏切へ。
実はここでの撮影は初めて。
電線が入るので、ここでの撮影を見送っていたのですが、踏切に上がってみると、望遠で奥を狙えば電線が写らないことが分かったので、一旦無料駐車場まで戻ってレンズを変え、再び踏切へ。
カメラをセットしたところで特急が通過、試し撮りしました。
この後、1時間以上列車が来ないので、坂道の途中の木陰で時間を過ごすことに。
しばらくすると自転車で1人の撮影者らしき方が坂の下まで来られましたが、私がいたからか、他へ移動されました。
その後、2人の女性が来られ、鳴滝の看板を見て坂を登って来られました。
社がある旨を伝えると、坂を登って鳴滝へ行かれました。
戻って来られた2人は踏切脇に腰掛け、下りて来る素振りなし。
上って「SLまだ来ませんよ」というと、分かっていらっしゃるようでした。
「やまぐち」号に乗るつもりで旅行の計画を立てられたようですが、指定券が取れず、「やまぐち」号乗車なしの観光に変更されたとかで、ここで撮り鉄です!と笑っておられました。
暑い中待つこと数十分、ようやく津和野発車の汽笛が鳴りました。
津和野大橋通過の汽笛が聞こえると、絶えることなくドラフト音が聞こえ続けます。
やがてカーブを曲がって来たC57 1は爆煙!
長い汽笛を鳴らしながら、力強い走りを見せてくれました。
御一緒した2人の女性も大喜びで、感動と興奮を存分の味わうことができたそうです。

このお二方とお別れし、駐車場へ戻ると、懐かしい方とばったりお会いし、少しお話させていただきました。
その後は新山口へ直行、18時前の新幹線に飛び乗って帰って来ました。


by 95219522 | 2017-09-04 15:14 | SLやまぐち号・津和野稲成号 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://c561609521.exblog.jp/tb/25526016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< No.42 「あっという間に9...      No.40 「さようなら、こん... >>