2017年 05月 09日
No.28 「雨から晴れへ!播但線」 5月5日号
この日は夕方から地区の用事があったので、撮影はお昼ごろまでと決めての出撃でした。

d0144549_13410075.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
225D 2017年5月5日(金) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

鍛治地区の水田、前日にほとんどが田植えを終えていました。
苗が植えられた水田と列車を絡めようと考えましたが、なかなか良いアングルが思い浮かびません。
そうこうするうちに小雨が降り始め、222Dの通過時刻に。
やって来たのは、方向転換したキハ41-2001でした。
これは折り返しを撮影しないとと、222Dを撮影した場所から反対を向いて撮影したのが上の写真。
青空が水田に写ることを期待していたのですが、雨雲が立ち込めていました(涙)。

d0144549_13453949.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
2D 2017年5月5日(金) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:村営マーケット

増結6両編成の2D「はまかぜ2号」をどこで撮影しようかと考えながら北上すると、重行地区の水田で代かきが行われていました。
たった一駅北上しただけで、田植えの前の段階なのです。
バックに新緑も入るので、折角の6両ですが、ここで2Dを。

d0144549_13492975.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
229D 2017年5月5日(金) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

2Dの後は栗地区の日原で撮影。
その後、急激に空の雲が減り、陽が射してきました。
為信俯瞰へ登り、新緑と代かき中の水田を入れ、のんびりと単行で走る229Dを。

d0144549_13522685.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
1228D 2017年5月5日(金) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

急いで山を下りて再び日原へ。
水が入る水田の片隅に、カラーなしき花が咲いていました。
2D撮影後はここで2本の普通列車を撮影したのですが、陽が射さず残念な結果でした。
しかし2度目に訪れた時は陽が射し、良い光線状態となっていました。
朝一で撮影したキハ41-2001の折り返し1228Dと絡めて。

d0144549_13564464.jpg
Canon EOS-1D X / EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
231D 2017年5月5日(金) JR播但線長谷駅にて
周辺トイレ:長谷駅

キハ41-2001の幌付き埴輪顔を狙うべく、長谷駅ホームへ。
少し逆光になり、背景の新緑が輝いていました。
準備をしていると、和田山方面行き列車の寺前発車のアナウンスが。
時計を見ると10分も早い・・・、こりゃぁ増結やな!!
前日もそうでしたが、繁忙期になると231D以降、本来充当の気動車の和田山寄りに1両増結されるのですが、その増結する気動車が入換で長谷方の本線上へ出たために、自動アナウンスが流れたのでしょう。
10分後、再び和田山方面行き寺前発車のアナウンスが流れました。
やがて為信通過の警笛が聞こえ、カーブを曲がって姿を現した231Dは、やはり増結されており、キハ41-2001の顔は拝めませんでした。
しかし、良い色が出た良し写真になりました。

d0144549_14033312.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
上:1D 下:9646D 2017年5月5日(金) JR播但線長谷⇔寺前間にて
周辺トイレ:村営マーケット
d0144549_14034843.jpg

重行地区の市川の河原に来ました。
対岸の新緑を大きく取り込み、まずは1D「はまかぜ1号」を。
6両の中間、先頭車同士が顔を突き合わせている部分を撮影しました。
1Dが長谷駅を通過するとすぐに9646D「天空の城竹田城跡号」が出てきます。
聞こえるエンジンに耳を傾けながら、顔を出したところでシャッターを切りました。
縦構図にし、市川のせせらぎを入れて。


by 95219522 | 2017-05-09 14:09 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://c561609521.exblog.jp/tb/24160401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< No.29 「里の田植えが始ま...      No.27 「好きな季節がやっ... >>