2017年 04月 25日
No.24 「春色から若葉色へ」 4月23日号vol.1
播但線沿線はすっかり新緑、若葉の色が目立つようになりました。
桜が咲いた後、夏日が観測されたほどで、季節は一気に進みました。
23日は新緑を求めて、長谷周辺をうろつきました。

d0144549_19180590.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
222D 2017年4月23日(日) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:なし

鍛治地区にやって来ました。
道路脇の梅の葉が、朝日を浴び、逆光で輝いていました。
丁度222Dが峠を下りてくる時間だったので、木の傍らから。
運よく方転したキハ41-2001がやって来ました。

d0144549_19210684.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
225D 2017年4月23日(日) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

鍛治地区の畑には麦が植えられています。
少し前まで雑草程度だった麦、今では麦らしい穂が確認できるまでに成長しています。
先ほどのキハ41-2001の折り返し225Dと絡めて。

d0144549_19234727.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
225D 2017年4月23日(日) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

225Dを追う形で北上していると、為信地区で追い越しました。
そのまま進むと、第二市川橋りょうを望むポイントで、市川の川面が煌めいているのに気付きました。
背景の山には、山桜や春紅葉が確認でき、橋りょうの袂には八重桜も見えます。
何とも美しい光景、長谷駅を出て橋りょうを渡る225Dと絡めて。

d0144549_19272166.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
227D 2017年4月23日(日) JR播但線長谷~生野間にて
周辺トイレ:なし

渕地区から川尻地区へ向かう古道から渕方面を見ると、木々の間から見える山に“春色”が残っていました。
国境の踏切を通過する227Dと絡めて。

d0144549_19310075.jpg
Canon EOS-1D X / EF70-200mm f/2.8L IS USM
226D 2017年4月23日(日) JR播但線生野~長谷間にて
周辺トイレ:なし

渕地区の市川の対岸、丁度水門がある辺りの山に、“春色”と若葉が混在していました。
最も綺麗と思う箇所をクローズアップで。

d0144549_19340517.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
229D 2017年4月23日(日) JR播但線寺前~長谷間にて
周辺トイレ:なし

再び寺前方面へ南下、大河地区へ。
畦道にたんぽぽが咲いていました。
田起こしの済んだ田んぼ、新緑が目立つ山も取り入れて。

d0144549_19362129.jpg
Canon EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L USM
1228D 2017年4月23日(日) JR播但線長谷~寺前間にて
周辺トイレ:大河地区公民館公衆トイレ

大河地区の山にも新緑が広がります。
里の蒼い麦畑、青空を大きく取り入れて、方転のキハ41-2001を。

vol.2に続きます。


by 95219522 | 2017-04-25 19:38 | 播但線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://c561609521.exblog.jp/tb/24121736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< No.25 「春色から若葉色へ...      No.23 「桜咲けど 天気は... >>